お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

メラノーマ

しずちゃんトレーナー・梅津正彦さん、悪性黒色腫で死去

末期がんと闘病しながら、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の“しずちゃん”こと山崎静代(34)=よしもとクリエイティブエージェンシー=の専属ボクシングトレーナーを務めていた梅津正彦氏が23日午前1時ごろ、悪性黒色腫のため入院先の東京・中央区内の病院で死去した。44歳だった。南海キャンディーズ・しずちゃん ボクシングドキュメタリー~ロンドンへの挑戦~(仮) [DVD]

山崎の所属事務所によれば、しずちゃんは臨終に立ち会い、恩師の最期を見取ったという。

梅津氏は08年からしずちゃんを指導。映画のアクションディレクターとしても北野武監督作品の映画「アウトレイジ」や、11年公開の「あしたのジョー」での山下智久(矢吹丈役)、伊勢谷友介(力石徹役)に本格指導を施した。

12年1月に太ももに進行性の皮膚がんが発覚。闘病生活中も、しずちゃんが日本代表として初出場した12年5月の世界選手権(中国)に駆けつけるなど情熱を注ぎ込んだ。今月7日には講演会にも出席し、14日の名古屋でのプロボクシング興行には車椅子で現れた。4月のアマチュアボクシングの興行では「3か月半の余命と言われてるが、山崎のためにも12月の全日本選手権まで頑張りたい」と意欲を示していたが、願いはかなわなかった。
(【BOX】しずちゃんトレーナー・梅津正彦さん、悪性黒色腫で死去)

悪性黒色腫(メラノーマ)とは


皮膚悪性腫瘍は、悪性黒色腫(メラノーマ)と非黒色腫性とに大別されます。
悪性黒色腫(メラノーマ)とは、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが癌化によって生じる悪性腫瘍です。多くは黒褐色の病変として皮膚に生じてきます。ホクロと似た形状であるため、放置や診断において見逃されるケースもあります。

メラノーマ(悪性黒色腫 malignant melanoma)は、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが癌化によって生じる悪性腫瘍です。日本では、足底(足の裏)や手足の爪部などの四肢末端部が好発部位であるといわれています。

年間1,500人〜2,000人が発症し、転移すると90%が5年以内に死に至るといわれており、悪性度の高い腫瘍です。世界的に増加傾向が著しいがんの1つであるともいわれ、その原因の1つに、オゾン層破壊による過度の紫外線照射が挙げられています。

頻度としては、世界的に増加傾向が著しいがんの1つであるといわれています。その誘因の1つに、過度の紫外線照射が挙げられています。ちなみに、皮膚以外にも口腔・鼻腔粘膜、脈絡膜、脳軟膜からも発生します。

病型は、悪性黒子型、表在拡大型、結節型、末端黒子型の4型があり、粘膜型を区別することもあります。日本人では掌蹠、爪甲部の末端黒子型が40%を占めていますが、最近体幹や下腿に発症する表在拡大型が増加傾向にあります(白人では体幹や四肢に好発し、表在拡大型が大多数を占める)。

メラノーマの治療


メラノーマの治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

悪性黒色腫を心配して受診−シンディ・クロフォードさん

40代、いや、30代であっても何気なく鏡を見ていて、シミ、シワ、白髪などを発見するのは気分が良いものではない。だが、それが健康上の大きな問題になるような異変であれば、決して放っておくわけには行かない。90年代のトップ・モデルであったシンディ・クロフォード(43)も、今ちょっとした悩みを抱えているようだ。

クロフォードと言えば、左の口元にあるホクロがなんともセクシー。トレード・マークでもあったのだが、現在彼女はそのホクロについて、ガン化しているのではないかと心配で仕方がないそうだ。

シンディは「鏡を見ていて感じるの。ここ数年で、少しずつホクロの様相が変わって来ているみたい」と語り、かかりつけの皮膚科医師のもとで、ガン化していないか定期的なチェックをすることになったのだそうだ。

「こういう事はあまり他人に知られたくないし、話したいテーマではなかったわ。でも知られてしまった以上お話しないとね。とにかく体中のホクロを毎年一回調べてもらうことになったわ。当然のことなのよ。私たちの誰もが、皮膚がんには無関心ではいられないはずよ。」

リッチな実業家の夫を持ち、とにかく“リゾート地での避暑”ざんまいの生活を続けている彼女。白人の肌は弱いはずだが、それを強い日差しにさらし、普段も小麦色の肌を愛している。
(【イタすぎるセレブ達】シンディ・クロフォード、ほくろのガン化を心配。)

悪性黒色腫とは


悪性黒色腫(メラノーマ)とは、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが癌化によって生じる悪性腫瘍です。多くは黒褐色の病変として皮膚に生じてきます。ホクロと似た形状であるため、放置や診断において見逃されるケースもあります。

発生様式としては、正常メラノサイトが直接癌化する場合と、既存の異型母斑(dysplastic nevus)、色素細胞性母斑が癌化する場合と、2つの過程を経て生ずる可能性があります。早期より血行性リンパ行性転移を起こし、極めて予後の悪い癌です。

国内で年間1,500人〜2,000人が発症し、転移すると90%が5年以内に死に至るといわれており、転移を生じやすく、きわめて悪性度の高い腫瘍であることが分かるかと思われます。発生頻度は人種差が大きく、人口10万に対して白人10〜20、日本人1〜2、黒人1以下と、かなりの開きがあります。

頻度としては、世界的に増加傾向が著しいがんの1つであるといわれています。その誘因の1つに、過度の紫外線照射が挙げられています。ちなみに、皮膚以外にも口腔・鼻腔粘膜、脈絡膜、脳軟膜からも発生します。

病型は、悪性黒子型、表在拡大型、結節型、末端黒子型の4型があり、粘膜型を区別することもあります。日本人では掌蹠、爪甲部の末端黒子型が40%を占めていますが、最近体幹や下腿に発症する表在拡大型が増加傾向にあります(白人では体幹や四肢に好発し、表在拡大型が大多数を占める)。

悪性黒色腫の診断


診断で重要なのは、何といっても視診が重要です。黒褐色の病変をみた場合は、メラノーマを考える必要があります。一般的に、生検は禁忌であるといわれています。というのも、生検は腫瘍の播種を招くおそれがあるといわれているからです。

ですが、2週間居ないに拡大切除するなら問題ない、という意見が有力であり、疑わしい症例は最終的に治療を行う施設に紹介し、そこで生検を行うことが望ましい(ただ、生検を行う場合には全摘生検が望ましい)と考えられます。

先天性や後天性色素細胞母斑が発生母地の場合、その大きさ、形、色調が変化したり、一部が潰瘍や腫瘤状になれば悪性化を考慮します。また、中高齢者に発症した色素斑が非対称性、辺縁や濃淡が不整で6mm以上のものには注意を要します。

「メラノーマ(悪性黒色腫)を疑わせる所見」の特徴の覚え方として「ABCDE」というものが有名であると思われます。これは、
A:asymmetry 非対称性
B:borderline irregularity 辺縁が不規則
C:color variegation 色調が不規則
D:diameter enklargment 直径6mm以上
E:Elevation of surface 表面隆起

というもので、それぞれの項目の頭文字を集めて「ABCDE」と覚えたりします。

ダーモスコピーを用いて、皮膚病変を拡大かつ表層を透見して観察する検査もあります。進行例では肉眼的診断が容易であること、および真皮浸潤部のダーモスコピー所見としては無構造色素沈着、白色調ベールがみられる程度であることから、有用性は少ないですが、一方で肉眼的診断が困難な場合がある早期病変においてはいくつかの特徴的所見がみられ、有用性が高いです。

掌蹠の悪性黒色腫早期病変においては、皮丘部優位の平行な帯状色素沈着(皮丘平行パターン)で、かつ不規則な色素沈着が大きな特徴です。

悪性黒色腫の治療


悪性黒色腫の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

本当は怖い爪の筋−メラノーマ

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で取り上げられていた内容です。

広告会社の営業部長、Y・S(56)さんは、宴会の余興にと始めた手品が今では生き甲斐に。日頃から爪の手入れに余念がありませんでしたが、ある日、足の親指の爪に細くて黒い筋のようなものができていることに気付きます。1年後、爪の筋が黒く太くなってきていることを発見したY・Sさん。さらに1年が過ぎた頃、身体が異常にだるいなどの異変を感じ始めました。

症状としては、以下のようなものがありました。
1)爪に細く黒い筋
2)爪の筋がさらに黒く太くなる
3)異常にだるい
4)爪全体が黒くなる

こうした症状があったにも関わらず、放置してしまったY・Sさん。結果、病院を受診してメラノーマと診断される時にはすでに全身に癌転移がみられ、もはや手の施しようがない状態になってしまいました。


メラノーマ(悪性黒色腫 malignant melanoma)は、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが癌化によって生じる悪性腫瘍です。多くは黒褐色の病変として皮膚に生じてきます。

放送では、国内で年間1,500人から2,000人が発症し、転移すると90%が5年以内に死に至るといわれている、と言っていました。転移を生じやすく、きわめて悪性度の高い腫瘍であることが分かるかと思われます。

国内では、足の裏と手足の爪におおいそうです(放送では、最もできやすいのが足の親指と言っていました)。原因ははっきりとわかっていませんが、足の爪にできる場合は、何らかの「刺激」がその一因ではないかと考えられています。一般的には、母斑細胞母斑や青色母斑、悪性黒子、外傷や切除、日光や紫外線、火傷の痕などが原因と考えられています。

メラノーマの早期発見の鍵は「うす黒い筋」だそうです。
ただ、爪に黒い筋ができるのはメラノーマに限ったことではありません。ですが、打撲などでも黒い筋となって残ることがあります。

では、どのように見分ければよいのかといえば、単なる出血による黒い筋は、爪が伸びるに従って移動し、しばらくすると消えてしまいます。ところが、メラノーマの場合は、ガン細胞が増殖し、黒い色素が多量に作られて爪に取り込まれるため、長さが伸び、幅も広くなるそうです。

治療は、早期発見、早期外科的切除が大原則で、他の治療法(転移後などで)はあまり効果がありません。もし思い当たる症状がありましたら、皮膚科を受診されてはいかがでしょうか。

【関連記事】
本当は怖い立ちくらみ−胃癌

本当は怖い抜け毛−バセドウ病
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧