サリー大学とブリストル大学による研究によると、妊娠中のヨウ素欠乏は、赤ちゃんの精神発達に悪影響を及ぼすかもしれない、とのことです(Effect of inadequate iodine status in UK pregnant women on cognitive outcomes in their children: results from the Avon Longitudinal Study of Parents and Children (ALSPAC))。

ヨウ素は、乳製品や魚介類を中心に摂取でき、甲状腺から分泌されるホルモンを作るために重要です。この甲状腺ホルモンは、胎児の脳の発達に直接的な効果を持っているといわれています。
続きを読む