お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症に漢方薬が効く?−東北大学の調査

神奈川県内に住む70歳代のA子さんは、半年ほど前から、部屋の片隅に「赤い服を着た少女が座っている」と度々訴えるようになった。少女に話し掛けたり、お菓子をあげたりしていたが、家族には見えない。少女はA子さんの幻視で、やがて毎日見えるようになり、家族との会話もままならなくなった。

記憶障害と共に、幻視などが起こる「レビー小体型認知症」と診断され、漢方薬の抑肝散(よくかんさん)を飲み始めた。すると1か月ほどで少女は消え、家族は「以前のような落ち着きが戻り、いろいろな話ができるようになりました」と喜んでいる。

認知症の2割を占めるレビー小体型認知症では、物忘れよりも幻視や妄想などが先行することが多い。ほうゆう病院(横浜市旭区)院長の小阪憲司さんが、約30年前に発見した病気で、一種のたんぱく質から成るレビー小体が大脳皮質にたくさん現れ、神経細胞が壊れていく。高齢の発症が多いが、40歳代で発症することもある。

このような幻視や妄想などを抑える働きが注目されているのが、漢方薬の抑肝散。子供の夜泣きや疳の虫などを抑えるために使われてきた薬だ。特に、レビー小体型で顕著な効果が報告されている。

レビー小体型の治療では、アルツハイマー型でも使われる薬「塩酸ドネペジル」(アリセプト)を服用し、記憶障害の進行を抑える。それで幻視などが消えることもあるが、消えない場合、レビー小体型では、手足の震えなどを招く恐れがある抗精神病薬は使えず、幻視などの抑制は困難だった。

小阪さんは「抑肝散を早い段階から服用することで、患者の精神的な悩みや介護者の負担を減らすことができる」と話す。東北大学の調査では、抑肝散を4週間服用したレビー小体型の患者15人のうち、12人の幻視が消失した。
(レビー小体型認知症)


レビー小体型認知症は、「第三の認知症」とも言われます。というのも、認知症の分類としてアルツハイマー病、脳血管性痴呆症に続き、3番目に多いという意味でレビー小体型認知症が挙げられているからです。

この疾患は、ほうゆう病院(横浜市旭区)院長の小阪憲司さんが、約30年前に発見しました。一種のたんぱく質から成る"レビー小体"が大脳皮質にたくさん現れ、神経細胞が壊れていきます。

レビー小体型認知症の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。
,箸討眄検垢靴じ源襪みえる。
日によって症状に変動があり、正常に思えるときと様子がおかしいときが繰返しみられる。
J發にくい、動きが遅い、手が不器用になる、など、パーキンソン症状がみられることがある。
ぅ譽咫湿体型認知症は、一度発症したら急速に病が進行する。

治療法としては、アルツハイマー型でも使われる薬「塩酸ドネペジル」(アリセプト)を服用し、記憶障害の進行を抑えるそうです。それで幻視などが消えることもありますが、消えない場合には、手足の震えなどを招く恐れがあるため、抗精神病薬は使えず、幻視などの抑制は困難だったそうです。

この漢方薬(抑肝散)の成分や幻視を抑えられる機序に関する研究により、レビー小体型認知症の治療法に対する糸口が見えてくるのではないか、と期待されます。

【関連記事】
第3の認知症−レビー小体型認知症−

認知症の専門医認定制度が来年度から 学会決定

第3の認知症−レビー小体型認知症−

本当は怖い家庭の医学で紹介されていました。

昔から花を育てることが大好きな元小学校の教師S・S(62)さん。第二の人生を静かに送る彼女にとって一番の楽しみは、かつて担任を務めたクラスの同窓会。教え子たちの元気な姿を見るのが何よりの喜びでした。しかし、彼女にはこの頃、真夜中に怖い夢を見て突然大声を出してしまう悩みがありました。所詮は夢と特に気にすることもなかったS・Sさん。ところが、それから4年、新たな異変が始まります。

最初の異変としては、以前は楽しみにしていた教え子達の同窓会に誘われても、「体調が悪い」といって、気が乗らなそうに断ってしまったことです。
さらに、以下のような症状が出てきました。
1)(実際にはいない)子供が見える。
2)再び子供が見える。
3)物(吊した自分の服)が人に見えると言い張る。
4)娘を他人と間違える。

その後、病院を訪れたS・Sさんは寝たきりとなってしまいました。


「第3の認知症」というのは、認知症の分類としてアルツハイマー病、脳血管性痴呆症に続き、3番目に多いという意味でレビー小体型認知症が挙げられていることからです。

レビー小体型認知症の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。
,箸討眄検垢靴じ源襪みえる。
日によって症状に変動があり、正常に思えるときと様子がおかしいときが繰返しみられる。
J發にくい、動きが遅い、手が不器用になる、など、パーキンソン症状がみられることがある。
ぅ譽咫湿体型認知症は、一度発症したら急速に病が進行する。

S・Sさんのケースでは、子供が見えたり、鴨居にかけてあった自分の服を見て「見知らぬ女性がいる!」と騒いだり、自分の娘を「自分の教え子」と間違えてしまうといったことが症状として表れました。さらに、症状のムラがあり、幻視がでるときとでないときがありました。

診断としては、上記のような症状の問診や、脳血流検査でアルツハイマー病に似た特徴(頭頂葉・側頭葉の血流低下)に加え、視覚に関連の深い後頭葉にも血流低下が手がかりとなります。

こうした症状がみられた場合、レビー小体型認知症を疑って、お近くの病院を訪れてはいかがでしょうか。早期発見により、投薬で進行を遅らせることが可能とのことです。

【関連記事】
認知症の専門医認定制度が来年度から 学会決定

「すべてを忘れていく…恐怖の日々」 若年性アルツハイマー病
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧