教えて!gooに、「ロキソニンって…?」という相談が掲載されていました。
うちの母が足の痛みを訴え、先日医師からロキソニン錠を処方してもらい飲んでいたそうです。が、友人にそれを話したところ「あまりよくないらしいから飲まない方いいよ」って言われたらしく無知な母は飲むのをやめたそうなんです。

飲んでいた頃は足の痛みも治まっていたらしいのですが(鎮痛剤の様なので当たり前かもしれませんが・・・)、やめて何日かした頃に別の友人に足をマッサージされ、また痛み出したとのこと。ロキソニンを飲もうかどうか迷っているというのです。

念のためもう一度医師の所へ行かせ、マッサージはやめなさいと釘を打ってもらいましたが、薬のことは全くわからずに困っています。

薬剤師さんか医師の方、その他ロキソニンについて詳しく知っている方がいらっしゃいましたら、どうか助言をお願いいたします。副作用などはネットでも調べてみましたが、その他注意することなどあればお願いいたします。


ロキソニンとは


ロキソニンとは、 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の一種です。鎮痛・抗炎症作用を有するお薬です。特に、鎮痛作用の方が強くなっています。

また、この薬の作用として、経口投与されたとき、胃粘膜刺激作用の弱い未変化体(プロドラッグと呼ばれます)のまま消化管より吸収され、その後速やかにPG(プロスタグランジン)生合成抑制作用の強い活性代謝物に変換されて、効果をもちます。

この作用からもお分かりの通り、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の中でも消化管障害作用が比較的少ないと言われています。

副作用については、以下のような点にご注意下さい。続きを読む