2001年に凍結しておいた受精卵で2人目を妊娠していると今年8月に発表したセリーヌ・ディオンが、現在、お腹に赤ちゃんはいないと家族関係者がインタビューで語った。

WENNによると、「セリーヌとレネ(アンジェリル)は赤ちゃんを作ろうとがんばっていますが、現在は妊娠していません」と家族関係者がイン・タッチ誌に語ったという。セリーヌの妊娠はスポークスマンによって正式に発表されたものだったが、今回の報道に対してはコメントを出していない。セリーヌは体外受精で2001年に息子のレネ・チャールズくんを出産している。

セリーヌの夫レネもジャーナル・ド・モントリオール紙に、妻が妊娠していないことを語っている。それによると、受精卵が着床したと思っていたが、残念ながら成功しなかったとコメント。「数日後にダメだったことを知り、二人ともとてもショックを受けました」と語り、現在も体外受精での妊娠を試みていると言っている。
(流産?2人目を妊娠したと発表したセリーヌ・ディオン、現在は妊娠していないと家族が明かす)

体外受精とは


体外受精(IVF;In Vitro Fertilization)とは、不妊治療の一つで、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法です。受精し、分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精・胚移植(IVF-ET)といいます。

一方、人工授精とは、排卵日に合わせて女性の体内に精子を注入する治療です。精漿成分や病原体の除去や、運動良好精子の濃縮を行い注入することになります。

体外受精の流れ


体外受精の流れとしては、卵子を採取し(採卵)、体外で精子と受精させ(媒精、顕微授精)、培養した胚を子宮腔に戻します(胚移植)。

具体的には、まず複数の成熟卵子を採取するため、内因性ゴナドトロピンをGnRHアゴニストで抑制しつつFSH/hMG製剤にて卵胞発育を促します(スプレキュア点鼻液や、リュープリンなど)。主席卵胞径が18mmに達したら、FSH/hMG製剤を終了し、LHサージの代用となるhCG製剤を投与して卵成熟を促します。

hCG投与の34〜36時間後に、採卵を行います。局所麻酔または静脈麻酔のもと経腟超音波ガイド下に卵胞を穿刺し、卵胞液とともに卵子を吸引します。

卵子を2〜4時間培養した後、最終運動精子濃度が10万/mL程度になるよう精子浮遊液を加えて媒精します。顕微授精では、第2減数分裂中期に達した成熟卵に対してICSI(卵細胞質内精子注入法)を行います。

ICSI(卵細胞質内精子注入法)とは、精子を不動化し、細いガラス管に捕らえてホールディングピペットで把持した卵の細胞質内に1個の精子を注入する方法です。他の顕微授精法に比較し、この方法は受精を得る確率が高く、広く用いられるようなっています。

さらに、以下のように続きます。続きを読む