28歳のころだから、12年前です。ご飯を食べていて、いきなりふらっとした。頭痛とか呼吸困難とかが、2、3時間おきに。1カ月で4つの病院を回りました。耳鼻科、整形外科、脳神経外科、内科。でも、何にもない。

「大丈夫だ」と思うんですけど、舞台に出ると「また来るんちゃうか」と思う。怖くてお酒を飲む。酒を飲むと忘れるんですよ。ただ、次の日に尋常じゃないくらい(発作が)来る。で、またお酒飲んで。もう悪循環。最後に、精神的なもんかなと思って病院に行ったら、そこで「パニック障害や」と言われました。

きっかけがなんだったかは分からないけど、今考えると人間関係とかかな。芸人には段階がある。ちょっと上の先輩とからんで、その先輩が仲介になってそのまた上の先輩とからんで、って。でも、ぼくらの場合はデビューして、いきなり上の先輩にからんでしまった。「何をしゃべっていいか分からん」みたいな悩みは持ってましたね。ずっと緊張してて、それがストレスやったと思います。

息が苦しいし、電車に乗られへんし、車も、エレベーターも、なんでもかんでも怖くなる。いつ息吸っていいか分からん。一番困ったのは髪を切るとき。(美容師に)何回も止めてもらって、トイレに行くふりをした。仕事も、現場に行くまで時間がかかる。収録中もすぐ止めてもらう。

当時はそんな病気誰も知らんから、「サボってる」と思われてたでしょうね。外傷もなければ、血液検査もレントゲンも悪いところはない。でも病名が分かって、ちょっと落ち着きました。それに、病院の先生が面白かった。「それでいいんですよ。芸人さんはみな病気や。普通の神経の人はいない」って。

確かに、人に頭どつかれて喜ぶ仕事って、普通の人にはできへん。上司の頭をはたいて、お客さんが笑う。笑えば笑うほどほめられる。そんな仕事ないですよ。でも、病気になったいうことは、ぼくは芸人に向いてないんかな(笑い)。

そのうち毎回飲む薬も忘れてしまった。あるとき、「薬取りにいかな」と急いで病院に行ったら、先生が「もう来なくていいです。普通に来られたじゃないですか」って。電車に乗れないことも忘れてしまってた。薬を飲んでたのは、1年くらいでしょうか。

この病気って、まじめな人がなるんじゃないかな。ぼくも当時は、くそまじめやった。お笑いの世界や、「いじられる」ということをなんも知らんかったんです。

「お前、アホやな」と言われると、「アホなんや」と思ってしまう。「兄貴やのに、ちっさいな。親違うんちゃう?」と言われると、「違うんかな?」とほんまに悩んでましたからね。向こうはいじってくれてるわけや。それをいじめられてると思ってた。いじられてなんぼ。すごいチャンスをもらってたのにね。

症状がなくなったころには仕事も楽しめるようになってた。よくも悪くもええかげんになって。一度、どうでもええと思ったら人間は強いです。できんかったらできん、苦しかったら苦しい、とさらけ出した方が楽です。まずは打ち明けることじゃないですかね、自分の病気を。

ぼくも病気を打ち明けて、先輩と仲良くなれた。仕事もやりやすくなった。「なんかお前、訳の分からん病気らしいな」とネタになって。「パニック」いうあだ名まで付けられて。みんなゲラゲラ笑ってて、そのうちに治ってた。

今思うと、あれはなんやったんやと思う。たまに息とめてみたりするけど、もうならへん。なってくれたらええのに、と思いますけど、全然なれへんわ(笑)。
(芸人さんはみな病気や 「中川家」中川剛さん)

パニック障害/パニック発作とは


パニック障害とは、パニック発作が特別の原因なしに、突然出現する(予知できずに起こり、反復性)障害と言うことができると思われます。

一般人口における生涯有病率は、0.9%程度であるといわれ、患者さんの約7割は発作で救急外来を受診しています。男女ともに起きますが、女性の罹患率が2倍程度高いといわれます。好発年齢は、20〜40歳であるとのことです。

パニック発作の症状では、動悸・頻脈、息苦しさ・過呼吸、死の恐怖が最も多く、そのほか悪心、めまい感、手足のしびれ、冷汗、気が狂う恐怖なども起こりえます。大きく分けて、突然の強い不安感(死ぬのではないか、気が狂ってしまうのではないかという恐怖)と自律神経症状(動悸、頻脈、呼吸困難、発汗、息切れ、胸腹部不快など)が起こる、と考えられます。

こうした発作は反復性に生じ、慢性に経過していきます。症状の再発を恐れる「予期不安」を伴うことが多く、さらに発展して広場恐怖に至ることも多いです。

広場恐怖とは、助けが容易に得られない場所にいることへの恐怖です。1人で戸外や混雑の中にいたり、バスや電車で移動しているときに起こることが多いようです。このような状況を回避するため、1人では外出をしなくなったり、重度になると家にこもりっきりになってしまうこともあります。

1回の発作は通常数分〜30分、長くとも1時間以内に自然に消失します。発作が反復するうちに予期不安が形成されます。

パニック発作の治療


治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む