お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

予防接種

麻疹の予防接種:中1、高3で麻疹 予防接種 厚労省が方針

厚生労働省の予防接種に関する検討会(座長・加藤達夫国立成育医療センター総長)が9日夜開かれ、国内での麻疹の流行をなくすため「麻疹排除計画」を策定することで合意した。平成24年までの5年間をかけて、ワクチン接種により免疫保有率を95%以上に高め、患者が発生しても流行が起きない状況にすることを目指す。この日の検討会では、排除に向けた議論のたたき台が示された。
 
はしか予防にはワクチンの2回接種が重要とされるが、たたき台では昨年から始まった小学校入学までの2回接種の徹底に加え、接種の機会が1回だった世代に対し、5年間の時限措置として中学1年生と高校3年生での定期予防接種を追加する案などが示された。委員からは「追加接種の対象は十分か」などの意見が出て結論は持ち越された。検討会は、8月中に計画をまとめる方針。
(中1、高3で麻疹 予防接種 厚労省が方針)


麻疹・風疹混合ワクチンとは、従来の麻疹・風疹ワクチンを混合し、1回で接種するために使用されるワクチンです。予防接種法改正に伴い、2006年4月から接種が開始されました。麻疹(Measles)、風疹(Rubella)の頭文字をとってMRワクチンともいいます。

1988年から、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹混合ワクチン(新三種混合ワクチン、MMRワクチン)の接種が認められました。ですが、ムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎の発症率が「予想外に高く」、重度障害者を発生させ、政府に賠償責任が生じたこともあって、1993年にはMMRワクチンの接種は中止されてしまいました。

その後、2006年4月以降、新規にワクチンを接種する1歳以上2歳未満の幼児からは、麻疹・風疹混合ワクチンを接種することが可能となりました。
接種スケジュールとしては、以下のようになっています。
1回目:月齢12〜23ヶ月
2回目:小学校入学前の1年間

今回、改正の中心となっているのは、「小学校入学までの2回接種の徹底」および「接種の機会が1回だった世代に対し、5年間の時限措置として中学1年生と高校3年生での定期予防接種を追加」ということのようです。

「小学校入学までの2回接種の徹底」に関しては、以前からの接種スケジュールを踏襲した形であり、「1回接種のみの児童対象には時限措置」ということであり、今後は麻疹予防接種は徹底されていくようです。

「日本は麻疹を輸出している」などと、麻疹予防の甘さを指摘されてきましたが、こうした措置を徹底していくことで、今年のような流行は抑えられていくと考えられます。

【関連記事】
はしかが若者に感染拡大しているワケ

はしか大流行 免疫低下で感染? 3/4以上が10〜20代

カナダ修学旅行の41人足止め、はしか警戒で搭乗拒否

カナダ修学旅行中に都内の私立女子高校の女子生徒が、はしかを発症し、現地の病院に入院した問題で、検査で十分な免疫がないことがわかった41人の生徒・教員が、帰国便への搭乗を拒否されたことが1日わかった。はしかの感染を広げる恐れがあるためで、生徒らは4日ごろまで待機し、発症しないことが確認され次第、帰国できるという。

同校によると、一行は生徒・教員131人で、現地時間の先月24日から31日までの日程でカナダを訪れた。到着後に1人が、はしかで入院したため、カナダの保健当局から、他の生徒や教員もホテルで待機を命じられ、検査の結果、免疫がないことが判明した41人はワクチン接種を受けた。

一行は入院した女子生徒1人を除き、31日に帰国の途に就く予定だったが、出国検査で、1人に微熱があったため、十分な免疫のない生徒39人と教員2人の搭乗が拒否された。免疫のあった生徒らは出国した。

カナダや米国は、国内でのはしかの患者の発生がほぼゼロの「排除」地域。患者の発生は輸入例が多く、特に米国では、日本からが目立ち、「日本ははしかの輸出国」と批判されていた。

渡航先カナダで日本人の発症が報告されたのを受け、外務省は1日、30歳未満ではしかの免疫がないと思われる渡航予定者に対し、ワクチンの接種を勧める異例の渡航情報を出した。
(カナダ修学旅行の41人足止め、はしか警戒で搭乗拒否され)


小児期に予防接種が行われていますが、日本の予防接種率は低いと言われています。そのために、日本では麻疹の罹患数が多く「麻疹輸出国」として非難されているそうです。ごくまれにですが、内攻型麻疹や出血性麻疹といった重症型の麻疹を発症することもあるので、予防接種は重要とされています。

罹患したことのある人、ワクチン接種を行った人は終生免疫を獲得するとされています。しかし、ワクチン接種を行っていても十分な抗体価がつかなかった場合や、麻疹ウイルスとの接触がないまま長時間を経過することによって抗体価が低下してしまった場合、麻疹を発症することがあります。このような場合は典型的な麻疹の経過をとらず、種々の症状が軽度であったり、経過が短かったりすることが多い(修飾麻疹)です。

ワクチン接種後の抗体価の低下を防ぐため、諸外国では年長幼児〜学童期に2回目のワクチン接種を行い、抗体価の再上昇(ブースター効果)を図っています。日本においても、2006年4月以降に1回目のワクチン接種を受ける児からは、就学前の1年間に2回目の接種を実施できるように予防接種法が改正されました。

今回のケースのように、渡航前には必ずワクチン接種歴の確認や抗体価の検査が必要になりそうです。

【関連記事】
はしか検査試薬、新たに8万人分を供給へ

はしかが若者に感染拡大しているワケ

はしか大流行 免疫低下で感染? 3/4以上が10〜20代

関東南部などで流行中の麻疹の15歳以上の患者が増加し、近年最も流行の規模が大きかった平成13年に迫る勢いであることが国立感染症研究所のまとめで分かった。10−20歳代が多いのが特徴。感染研は「10代、20代は活動範囲が広く、国内外への拡散が心配」と注意を呼び掛けている。

全国の約450医療機関から報告された15歳以上の患者は、年始から先月22日までに計102人。関東が多いが、長野や宮城県も増えてきた。年齢は4分の3以上が10−20歳代だった。

患者報告は3月中旬以降急増。4月16−22日の一週間の報告は39人で、前週(14人)の3倍近くに増えた。都道府県別では東京12人、長野6人、埼玉、神奈川、新潟が各3人の順。東京では4月に入り患者の発生で、都立中野工業高など2つの高校が臨時休校にし、生徒らにワクチン接種を行った。創価大も流行で同様の措置を取った。

はしかは一度かかると免疫ができ、再び発症することはない。しかしワクチンを幼少時に1回接種しただけでは、大人になるまでに免疫が低下し、はしかにかかってしまう例も報告されている。

感染研の安井良則主任研究官は、10−20歳代の患者が多い理由について「はしかにかかったことがなくワクチンを接種していない人や、免疫が低下した人が多いためではないか」と話している。
(はしか大流行 免疫低下で感染? 3/4以上が10〜20代)


麻疹に感染しているときは、細菌による二次感染の危険性が高まってまいます。
また、合併症が起こる可能性もあります。

合併症としては、
・脳・神経系の合併症
1)亜急性硬化性全脳炎(subacute sclerosing panencephalitis、略称SSPE)
この病気は麻疹に感染後数年してから発症し、ゆっくりと進行する予後不良の脳炎であります。麻疹に罹患した人の数万人に一人が発症するといわれています。まれに予防接種でも発症することがあります。
2)ウイルス性脳炎
1000人に1人くらいの割合で発症する可能性があります。ウィルス性急性脳症は、ウイルス感染を発症してから数時間〜数日後に、意識障害、痙攣、異常行動(奇声をあげる、意味のわからない発言や行動など)、不随意運動などで発症します。徐々に神経症状が悪化してくる場合もありますが、重症の場合は突然の痙攣・意識障害であることが多いです。

・咽頭〜気道系の合併症
1)麻疹ウイルスによるもの(中耳炎、肺炎、細気管支炎、仮性クループ)
2)細菌の二次感染によるもの(中耳炎、肺炎、気管支炎、結核の悪化)

などが起こります。
とくに、脳・神経系の合併症が問題となります。できれば、麻疹の予防接種を行うほうがよさそうです。

【関連記事】
はしか流行の恐れ 15歳以上・関東中心に

結核で年間2,000人の死者…マンガ喫茶をホテル代わりは危険?
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧