お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

人体冷凍保存

マイナス196度のスーパースター「テッド・ウィリアムズ」

ザ!世界仰天ニュースで取り上げられていた内容です。

2002年7月。アメリカ・フロリダ州のある大豪邸で母の違う3人の子供達に見守られながら、一人のスーパースターが息を引き取った。享年83。彼の名は…テッド・ウィリアムズ。元メジャーリーガー。現在、松坂大輔投手と岡島秀樹投手が所属するボストン・レッドソックスで、1950年代に「打撃の神」と呼ばれ、不動の4番として活躍したスーパースター。獲得したタイトルは数知れず、中でも1941年、打率4割6厘という驚異の数字をたたき出したが、以後、メジャーリーグでは打率4割をマークしたものはいない。そんな国民的英雄だった彼の死後、長男であるジョンが、テッドの葬儀も行わず、埋葬もせずに死亡時の状態を保ち、保管すると宣言したのだ。

実はテッドが亡くなった日、腐敗処理をしたテッドの遺体はアリゾナ州・スコッツデールにある「アルコー延命財団」に運ばれ、全身を冷凍された。人体冷凍保存。クローン技術が進歩し人が再生できるその時まで故人や遺族の遺志により遺体を専用装置で冷凍保管しておけるシステムを利用しようというのだった。ジョンは父テッドの遺志によるものだと主張したが、この行動に関してマスコミは冷たかった。テッドの最初の妻との娘である長女ボビージョーはジョンに猛反対、通常の埋葬を主張した。

2002年9月、ボビージョーはジョンを訴えた。1997年に書かれた遺言書には、火葬しフロリダの海に遺灰を撒いて欲しいと本人の署名入りで実在していた。これに対しジョンは2000年11月2日に冷凍保存の同意書にサイン、そして判決は、2000年に作成された文書の有効性を示唆し冷凍保存を認める形となった。しかしボビーは再審を要求。再審では2000年にはテッドは昏睡状態であり、その意識が朦朧とした中でジョンはサインをさせていたという疑惑が浮かび上がった。更にテッドは生前、病床でジョンにはもう援助はしないと話していたこと、多額の借金に負われたジョンは事実、銀行2社から督促状を受け法的処置を取られていたことなどから、遺産が自分の手元に渡るかどうか分からない状況で、テッドのDNAを売ることを考えたのでは…とジョンを非難した。

結局、故・テッド・ウィリアムズの遺体の処理について、頭部は人体冷凍保存状態を維持し胴体部を遺族の元に返還火葬する決定の判決が下された。この裁判の焦点となった、冷凍保存の同意書。筆跡鑑定の結果は、本物であると認定され、有効性を認められた。一方で、ボビージョーが提出した遺言書の効力も無視できないとし、冷凍保存が頭部だけでも可能、というアルコー財団の提案を受けて切り離すことに…。両者がある程度納得しあう判決、ということになった。さらに父のDNAを売るのが目的という、ジョンの疑惑については証拠不十分とされた。こうして頭部をアルコー財団に残したまま胴体だけ火葬され遺灰は海に撒かれた。

生まれ変わってもテッドの息子でありたいと願うジョンは再生を決意。しかしそのジョンも急性白血病で余命宣告を受け、冷凍保存を求め生涯を閉じた。現在アルコー財団にはウィリアムズ親子を始め、多くの肉体が、今日も静かに眠っている。


「故人の生前における意志を尊重する」と言えば聞こえはいいですが、そこには多くの問題点を含んでいるということを考えさせられる話題でした。そもそも、しっかりとした「故人の意志」というものを吟味していないことが非常に大きな問題点であると思われます。

「死にゆく患者の意志」というのは、非常に難しい問題だと思われます。安楽死(延命拒否など、消極的安楽死を含む)などにおいても、どのような状態で残された意志なのか、本当の意志なのか、といったことが吟味すべきこととして挙げられます。

「これ以上、家族に迷惑をかけられない」と考え、延命を拒否した場合、はたしてそれは"本当の患者の意志"なのか、疑問が残ります。他にも、痛みから逃れたい一心で延命拒否を口にしているような場合や、意識レベルが下がってきていて正常な判断が下せないような状態にある場合もあるかもしれません。

ウィリアムズ親子の件でも、同様なことが言えるかも知れません。果たして、彼自身に冷凍保存のことはしっかりと説明され、テッド・ウィリアムズはそれに同意したのでしょうか。裁判では、その部分にしっかりとした答えは出ていなかったようです。

延命を望む意志があるように、「静かに眠りたい。安らかに葬って欲しい」という希望もあるでしょう。現にテッド・ウィリアムズは遺書で、火葬の後、海に散骨して欲しいと望んだようです。頭部を切り離して、保存して欲しいと、彼は望んだのでしょうか?

どうも、私は生きる者のエゴを押しつけ、冷凍保存したとしか思えません。もし蘇生技術が進歩し、見事よみがえらせることができたなら、第一声で彼は、息子に何と言うのでしょうか。気になるところです。

【関連記事】
生き返る謎の施設−人体冷凍保存「クライオニクス」

手術で身長を伸ばす方法−イリザロフ法−

網膜芽細胞腫で着床前遺伝子診断を受けた夫婦

恐怖の家系 死の遺伝子−スキルス胃癌

生き返る謎の施設−人体冷凍保存「クライオニクス」

ザ!世界仰天ニュースで取り上げられていた内容です。

1987年アメリカ・カリフォルニア州リバーサイドにある病院で騒動が起きていた。ソール・ケントは医師の制止を振り切って一人の女性患者を車に乗せた。連れ出した患者は83歳の母親ドーラ。重い脳疾患で入院中に肺炎をこじらせ危篤状態だった。息子は母を連れ、ある場所へ急いでいた。目的場所は当時カリフォルニア州にあったアルコー延命財団とよばれる施設だった。やがて運ばれてから5時間後…ドーラは呼吸も脳波も停止。ソールが静かに最後の別れを告げた後、人体冷凍保存のための処置が行われた。「クライオニクス」つまりそれは死亡させた人をそのまま、冷凍保存しクローン技術などが発達した未来に蘇らせることを目的としていた。

アメリカでは、1960年代に研究が始まり76年、最初に冷凍保存を確立させたのがこのアルコー延命財団。現在、ここに保存されている遺体は40体ほど、このタンクのような装置に腐敗しないよう液体窒素と共に納められている。更に死んだら冷凍してほしいと登録している蘇生希望者は世界中に800人もいるという。
実は彼自身も冷凍保存の研究者であった。最愛の母を最も良い状態で冷凍保存したいというソールの願いにより、ドーラは絶命後すぐに首を切断され頭部のみ冷凍保存された。

しかしこれが事件へと発展する。ソールは胴体部分を火葬する手続きをとるため公衆衛生局へ。医師の死亡診断書を求められるも強引に病院からドーラを連れ出したため、医師は立会っていなかった。このことで埋葬や火葬の許可が下りなかった。そしてこの事が衛生局から検視局に通達され、レイ・カリロ検事がアルコー財団へ赴き、死亡証明を調査し始めた。データだけでは死亡証明にはならず、胴体部分による検死解剖が行われた。その結果、体内から微量のバルビーツール酸系の睡眠薬が摘出された。

生きているうちにこの薬品を打たれた可能性が高く、死に至る可能性もある薬だった。殺人事件の可能性が出てきた以上、頭部を調べる必要性が出てきた。カリロ検事はアルコーに頭部の検死の要請をした。しかしアルコー側は故人の遺志を無視することは出来ないと拒否。ソールも同じ意見だった。そしてカリロ検事は、ドーラの死亡隠蔽および殺人未遂容疑で強制捜査へと踏み切った。ソールとアルコー側の意見も無視し、遂にはSWATまで出動。しかし肝心のドーラの首は見つからなかった。そしてアルコー側は検察、警察を訴えに出た。罪状は人権侵害。そして裁判結果により、検察と警察は団体への捜査を禁じられた。


人体冷凍保存(Cryonics)とは、未来の医療技術で蘇生できることを期待して、人の遺体を約-196℃の液体窒素下で冷凍保存することで、現在の医療技術では治療不可能な病気や怪我でも、それが可能になったころ蘇生させ治療しようという考え方のもとに用いられる技術です。

上記でも登場しているアルコー・ライフ・エクステンション財団は実在し、体全体の保存では15万ドルで半永久的な冷凍保存を請け負っています。

私がこの技術について始めて知ったのは、アメリカ横断ウルトラクイズの第13回(1989年)大会で、この「冷凍人間保存の会員権」優勝賞品として登場したことを鮮烈に覚えています。その当時は、何となく漠然とこの技術が近い将来に実現化する(解凍して、蘇る)ことを信じていました。

17年経った現在ですが、今もあまり変わっていないようです。実際には、人体に含まれる水分が冷凍されることで膨張し細胞膜等を破壊してしまう等の問題があり、単に遺体を冷凍しただけでは、解凍したとしてもその人体を蘇生させることは困難であるとされています。

そのため「水分を事前に何らかの方法で不凍液などに置換し、冷凍時における細胞膜の破壊を防ぐ」「解凍後にナノテクノロジーの応用で細胞膜を補修する」等の解決策が検討されていますが、現在のところ実用化に至っているものはありません。

たとえ実用化されたとして、私だったら保存してもらいたいかと考えると…どうでしょうか。将来、そんな価値ある人間になっているかどうか…。1989年当時だったら、即決で「やってもらいたい!」と言うと思いますが、もはや子供ではなくなってしまったのだな、としみじみ思いました。

【関連記事】
手術で身長を伸ばす方法−イリザロフ法−

網膜芽細胞腫で着床前遺伝子診断を受けた夫婦

恐怖の家系 死の遺伝子−スキルス胃癌

「人の顔を覚えられない」…相貌失認とは
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧