お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

体外受精

運命を分けた双子出産−自分の子と他人の子を妊娠した女性

ザ!世界仰天ニュースで取り上げられていた内容です。

1998年、アメリカ・ニューヨーク州。マンハッタンにある不妊治療クリニックを訪れていた一組の夫婦。妻ドナ・ファザーノと夫のリチャード。2人とも子宝に恵まれず、ここ数年、このクリニックで治療を受けていた。二人の治療にあたっていたのは、リリアン・ナッシュ医師。医師の薦めで体外受精に挑戦することになった。3日後の4月24日、受精卵がドナの体内に戻された。1ヵ月後、無事妊娠。

しかし妊娠して、しばらくたってからドナの元に一本の電話が…電話は不妊治療のナッシュ医師からだった。別の夫婦の受精卵を移植したようで別の夫婦の受精卵が育っている可能性があるという内容だった。

ドナの卵子は別室に運ばれ、夫の精子と受精させた。担当はバイオ師のマイケル・オバサジュ。受精卵を培養器に入れ、3日間にわたって様子が見守られた後、受精卵をドナに戻す日にオバサジュは、受精卵を妊娠しやすい物と妊娠しにくい物に分けたのだが、この時、実は別の夫婦の受精卵の選別も行われていたのだ。

手術室で待つドナに戻すため妊娠しやすい受精卵だけを抽出していたのだが、妊娠する確率を上げるため、勝手に捨てるはずだった妊娠しにくい受精卵も混ぜようとしていた。そのとき、あろう事か別の夫婦の、妊娠しにくい受精卵を間違って混ぜてしまった。

結果、ドナには自分の受精卵と別の夫婦の妊娠しにくい受精卵が子宮に戻されてしまった。その後、オバサジュは自分の犯したミスに気付いたが、黙っていてもバレないだろうと判断して、誰にも伝えなかった。ところが、1ヵ月後…妊娠していることを知ったオバサジュは、これ以上は隠しておけないとナッシュ医師に打ち明けたのだった。

検査をしたところ、ドナは双子を妊娠していた。さらにDNA検査を行ったところ、1人はドナ夫婦の子供であったが、もう1人はDNAが一致していなかった。中絶か、それともこのまま2人を産むのか、ドナは苦悩した。結果、ドナは二人とも産むことを選択した。

1999年3月、ドナは双子を産んだ。二人とも自分の子供として愛した。だが、平温で幸せな日々は長く続かなかった。出産した2か月後に、双子の一方、ジョセフの「生物学的な母親」であるデボラが、ファザーノ家に連絡してきた。実は、ナッシュ医師は双方に、起こった医療ミスを打ち明けていた。しかも、生物学的にはデボラの子供(ジョセフ)である受精卵が育っていた、ということも伝えてあった。子供が欲しいという一心で、デボラたちは探偵を雇い、ドナたちが自分たちの子供を妊娠、出産していたことを突き止めた。

かかってくる電話に、ドナは拒否し続けた。そして、ついには裁判へと発展。ドナたちが住むニューヨーク州では、遺伝学的なつながりを親子として認定する、強い理由とするため、ドナたちは劣勢と判断。

「この子(遺伝的につながりがない)が、もし成長して自分のが実の子ではない、と知ったらどう考える?この子は、どこにいるべきなんだろう」という夫の諭しに、月に一度および夏休みは一週間会える、という面会権と引き替えに、子供を引き渡すことに応じた。

裁判での合意をみた後、ついにその日はやってきた。双方の弁護士立ち会いの下、子供が受け渡される日が来た。ドナは、子供を離すことができなかった。自分が産み、その日まで『我が子』であった子供と引き離される。その辛さは、まさに身を切られるような思い。止めどなく流れる涙を抑えることができなかった。

その後ジョセフはアキールと改名、幸せに暮らし始めた。しかしロジャーズ夫婦がファザーノ家を訪れ、アキールと面会した際、デボラはドナがアキールという名を無視してジョセフと呼ぶ事に深く傷ついたと主張し、後に面会権を却下する訴えを起こし面会権を失った。両夫婦ともクリニックから多額の示談金を受け取ったが、双方の家族に悲しい記憶を残した。


生殖医療における体外受精(In Vitro Fertilization:IVF)とは、不妊治療の一つで、通常は体内で行われる受精を体の外(シャーレ上)で行う方法です。受精し、分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精・胚移植(IVF-ET)といいます。

自然での人間の周期あたり妊娠率は、平均15%前後とされていますが、IVF-ETの場合、25%程度まで引き上げることができます。卵管閉塞などの器質的原因や、タイミング法・人工授精を試したが、妊娠に至らなかった場合に用いられます。

手順としては、採卵と採精をして、採卵から1〜3時間後にシャーレの中で調整済みの精子を振りかけて受精を行います。受精した卵は分割をし、翌日には受精卵として確認できます。

体外受精が成功するかどうかの1つの鍵は、どれだけ質の良い受精卵を選別することです。色がきれいで、透明感があり、形が良く、はりがあって、傷がない受精卵が着床率が良いそうです。上記のニュースでも、「妊娠しやすい受精卵、しにくい受精卵」と分けていました(ですが、「妊娠しにくい受精卵」を戻したにもかかわらず、妊娠していました)。

国内でも、すでにこの方法で約6万人が生まれたと言われています。こうした医療ミスが、もしかしたら起こってしまって可能性は捨てきれないのではないでしょうか(しかも、ほぼ日本人しか受診してないでしょうから発覚しにくい)。

もし起こってしまったとしたら、非常に痛ましい傷跡を残すことになってしまう、というニュースでした。ご両親の「子供が欲しい」という人一倍の切なる願いが、傷つけられないことを願います。

【関連記事】
三つ子を2回連続で出産した女性

奇跡の赤ちゃん誕生−「卵子若返り術」で3人の遺伝子をもつ赤ちゃん

ミスター・パーフェクトの謎−精子バンクの問題点

ミスター・パーフェクトの謎−精子バンクの問題点

ザ!世界仰天ニュースで取り上げられていた内容です。

1982年、高校の同級生だった二人が結婚。二人はすぐにでも子供が欲しかったが出来ず、病院で診断を受けた結果、男性が精子を作れない体になっている事が判明。一度は養子をもらうことも考えたが…やはりどうしても踏み切れなかった。ついに夫は、苦渋の決断の後、意を決して、妻の卵子に精子バンクから提供された他の男性の精子を人工的に受精させる方法を提案した。

保存されている精子は、身長が高く、高学歴であるなど厳しい条件があった。条件を満たした男性から集めた精子は液体窒素の容器に入れられ、マイナス196度で冷凍保存。精子提供者の情報はリスト化され、バンクを訪れた人は、その中から精子を選ぶことができる。実際の精子ドナーリストに項目別に載っている情報は「民族」「血液型」「髪や目、肌の色」さらに、学業芸術、スポーツ、趣味など項目は多岐にわたる。

選ばれた精子は解凍の後、この精子注入用カテーテルを使って女性の子宮の中へ。こうして、卵子に受精し着床、妊娠となる。提供者とは直接会えず、リストのみで選ぶ。子供が幸せになるようにと提供者の中から妻が選んだのは183cm、金髪で目はブルー。大学では東洋哲学も学んでいる。そして、誰もが認める男前。

数あるドナーの中でも、ひときわ目をひくプロフィールで「ミスターパーフェクト」と呼ばれていた「ドナーNo.150」。ただし、両親が知っているのは番号だけ。

結果、妊娠・出産して生まれた子供はダニエラと名付けられた。彼女が13歳の誕生日を迎えたとき、両親は事実を告げた。最初はふさぎ込んでいたものの、ダニエラは理解を示し、「本当の父親に会ってみたい」と言い出すようになった。

ダニエラは、ネットで検索をかけるが、欲しい情報は得られなかった。そのうち、ダニエラは、コロラド州に住むライアンという女性が作っている『ドナー・シブリング・レジストリー(ドナー兄弟記録)』というサイトを発見。ダニエラはすぐにライアンに連絡を取り、1か月後、二人は会った。

まだ見ぬ父、『Mr.パーフェクト』を通じて巡り合った二人の姉妹。さらに、ペンシルバニア州に住む女性ジョエレンもMr.パーフェクトの娘である事が判り、同じ父親を持つ3人の少女は互いにメールと電話で連絡を取り合り、ついにダニエラとジョエレンが、ニューヨークタイムズ紙の取材を受け『ドナー番号150番のお父さん名乗り出て!』という記事が掲載された。

その記事を読んだジェフリーは驚いた。実は、彼こそが「Mr.パーフェクト」だった。50歳になったジェフリーは、未だに独身。もちろん子供もいない。

実は30年前、大学生だった彼は、知り合いに紹介され、軽い気持ちでカリフォルニア精子バンクでドナーの検査を受けた。ジェフリーの目的は謝礼金。一回につき50ドルこれにジェフリーは味をしめ月400ドルも稼いだ。そんな生活を8年も続けてしまった。名乗り出るには、後ろめたいことが数々あった。今の彼も当時の彼も、みんなが期待する「ミスターパーフェクト」とは遠い生活をしている男性だった。

美貌のため、モデルとしてスカウトされたこともあった。俳優を目指し、ハリウッドデビューを目指していたが、実際もらえたのは、端役や細々としたモデルの仕事ばかりだった。結局、定職にも就かず、ストリッパーをやっていた時期もあった。

だが、ジェフリーは決心し、新聞に載っていたライアンのサイトにアクセス。そしてダニエラにメールで正直に全部書いた。実は、彼の両親も離婚し、「父親に会ってみたい」とこっそり見に行ったことがあった。

結果、彼らは出会った。二人をみれば、一目瞭然。ジェフリーの多くの面影が、ダニエラに残されていた。「会えて良かった」と、ダニエラは隣の実父を見ながらインタビューに答えた。


現在もアメリカには、20以上の精子バンクがあるそうです。同様のケースが多くあったとしても不思議ではないでしょう。

以前、飯島愛さんが引退間際に「精子バンクでシングルマザーになることも考えた」と言っていたことが思い出されました。実際は諦めたそうですが、「パートナーはいらないが、子供は欲しい」という女性にとっては、強い味方になるのではないでしょうか。

国内にも実は精子バンクはあり、番組内で取り上げられていた病院では、以下のようなドナーとしての条件がありました。
・20〜23歳の男性
・医学生もしくは医学に理解がある。
・身長170cm以上
・感染症(ウィルス性肝炎、STD含む)に罹患していない。
・遺伝的な疾患をもっていない。
・運動部に所属していること。

といった条件がありました(もちろん、他の病院や施設では異なるのでしょうが)。運動部に所属していること、という条件があるのが面白いですね。たしかに、学校と家を往復するだけの、半引き籠もりな大学生は除外できるという点は大きいかもしれません。

ですが、提供する人はどんなことを考えてドナーとなるのでしょうか?本当に、自分の遺伝子を受け継いだ子供ができる可能性がある、認識しているのでしょうか。どうも、バイト感覚、という希薄な意識で提供している人が多いような気がしてなりません。

結果、生まれてきた子供にとって、どんな人であっても実の父親となってしまうわけです。子供が事実を知ったとき、どんな苦悩に満ちた状況に陥るのか、想像するに難くありません。

「子供が欲しい」という、シングルマザー志願者や不妊症に悩むカップルの気持ちは理解できますが、一方で安易にこうした施設利用を勧めたりするのは賛成しかねます(子供に打ち明けるか否かは別として)。

そして、施設で絶賛されていた「Mr.パーフェクト」が、実は(書類上の)評判とはまるっきり異なる人間だった、というのも興味深い。やはり、他人が簡単に人を評価することなんかできない、ということなんでしょうね(それにしても、実にいい加減なのには呆れた)。「この物件は良いですよ」と何度も勧める不動産屋の裏には、何かありそうだと思った方がいいということなんでしょうか。

国内では、アメリカほど大きな施設や知名度は高くないようですが、今後の不妊治療の行く末として、危惧される点ではあります。多くの倫理的問題を、しっかりと考えていただきたいと思います。

【関連記事】
不妊と「すりこみ遺伝子」の関連を調査−東北大

不妊で結婚を反対された女性、赤ちゃんを誘拐

友人の卵子を体外受精へ−西日本で不妊治療団体が容認

体外受精の問題点とは:根津医師、夫婦外の体外受精160組実施を公表

諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘院長は16日、平成8年から19年までの11年間に、不妊に悩む夫婦が第三者から卵子や精子の提供を受ける「非配偶者間体外受精」を160組に実施、このうち84人が出産、124人の子供が誕生したことを明らかにした。非配偶者間の体外受精を熱望する現場の声を公表することで、国に実施を可能とする態勢の整備を促したい考えだ。

根津院長によると、非配偶者間体外受精を実施した160組のうち、妻が早い時期に月経が止まる「早発閉経」などのために、第三者から卵子の提供を受けた夫婦は111組。このうち40人が出産し、4人が現在、妊娠中。40人のうち3人は、同様の方法で2回、出産し、生まれた子供は双子10組を含め、53人に上る。卵子提供者は、妻の姉妹87人(うち義姉3人)、いとこなどの親類12人、友人12人。

また、夫が無精子症などのために第三者から精子の提供を受けたのは49組。このうち、44人が出産、1人が現在、妊娠中。44人のうち14人は同じ方法で2回出産し、生まれた子どもは三つ子1組、双子11組を含め、71人となっている。精子提供者は夫の父が24人、兄弟23人(うち義兄1人)、友人・知人2人となった。

根津院長によると、現在も非配偶者間体外受精を希望する夫婦は多いという。しかし、日本産科婦人科学会は非配偶者間体外受精を認めていない。また、厚生労働省は平成15年の報告書で、非配偶者間体外受精を容認するとしたものの、兄弟姉妹からの卵子、精子の提供は当面は認めないとしている。この問題をめぐっては現在、厚労省と法務省の要請で日本学術会議が、生殖医療のあり方を審議している。

根津院長は「不妊に悩む夫婦の痛みや希望に耳を傾け、また、そうした夫婦に接している現場の医師の声を聞いたうえで、国は早期に、非配偶者間体外受精実施可能な体制を整えてほしい」と述べた。
(根津医師、夫婦外の体外受精160組実施を公表)


生殖医療における体外受精(IVFと略されます。In Vitro Fertilizationのことです)とは不妊治療の一つで、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法です。受精し、分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精・胚移植(IVF-ET)といいます。

体外受精の中で、特に胚移植法の適応となるのは、以下の場合です。
1.絶対的適応
 1)両側卵管の器質的障害
 2)精子過少症:500万〜2,000万/ml

2.相対的適応
 1)両側卵管の機能障害:薬物療法、卵管形成術の奏功しないもの
 2)精子異常:2,000万〜4,000万/ml、数回のAIH(人工授精)で妊娠しないもの
 3)子宮内膜症:薬物療法、手術療法の奏功しないもの
 4)頸管因子による不妊
 5)原因不明不妊:抗卵・抗精子抗体を含む。
  不妊期間が3年以上で数年間の積極的治療にても妊娠しないもの

こうしたことで不妊に悩む方々に対して、不妊治療の一つとして、胚移植は行われます。

妊娠率は15〜30%と、けして高いとはいえないのではないでしょうか。ですが、その確率にかけたい、という強い希望をもって治療なさるようです。

ですが、体外受精-胚移植には問題もあり、多胎妊娠(これは現在、日本産婦人科学会では、移植する胚を2〜3個以内に制限するように定めています)や卵巣過剰刺激症候群(OHSSと呼ばれ、無排卵症に対して排卵誘発や体外受精−胚移植などを行うことで発症するもので、卵巣肥大や腹水が起こってしまいます)、子宮外妊娠などが起こってしまう可能性があります。

こうした医学的な問題の他に、倫理的な問題や民法が絡んでくる(戸籍や相続といった問題)わけです。こうした法の絡む事柄の調節や整備を行う前に、夫婦間以外の体外受精を施行することは、早計ではないか、と思わざるを得ません。

問題が起こってから対処する、といったことにも限界があると思われます。不妊で悩む夫婦やカップルは多いと思われますが、子供の将来の問題や親族との問題なども加味して、よく議論してから治療に向かっていただきたいと思います。

【関連記事】
体外受精はリスク大 胎盤早期剥離、自然妊娠の5倍

体外受精は自然妊娠より高率の妊娠異常を伴うとの調査結果

血液中に男女の性染色体混在、不妊治療出産の双子8組

友人・姉妹からの卵子提供が正式に認められる

全国の不妊クリニックでつくる「日本生殖補助医療標準化機関」(JISART)は4日、友人や姉妹から提供を受けた卵子を夫の精子と体外受精させ、妻の子宮に戻す治療を、正式に認めたと発表した。今後、厚生労働省と日本学術会議、日本産科婦人科学会に承認を申請し、6カ月以内に回答がない場合、実施するという。

治療は、機関の倫理委員会が3月、認める答申を出していた。今回の決定が、学会などで否決された場合、再度、機関の理事会などで論議するという。
(友人・姉妹からの卵子提供を正式に認める JISART)


2007年4月30日に、西日本の不妊クリニックが、友人から提供を受けた卵子を使う不妊治療を計画していて、その際に、日本産科婦人科学会が会告(指針)では禁じている方法ですが、この施設を含む20の不妊治療施設で作る「日本生殖補助医療標準化機関」の倫理委員会が、実施を認めたといいます。この頃から、こういった方法なら卵子提供を認めるという方針だったことが伺えます。

同様の不妊治療では、1998年に諏訪マタニティークリニック(長野県)の根津八紘院長が、妹から卵子提供を受けた体外受精の実施を公表し、同学会は、指針に違反したとして根津院長を除名処分にしたことからすると、大分、進歩的な判断であると思われます。

不妊で悩む多くの夫婦やカップルにこうした方針がとられ、救われていくことを考えれば歓迎すべきことかもしれませんが、それだけでなく代理出産といった問題もまだ残っています。

ガイドライン作りや戸籍に絡んだ法的整備の問題なども、これから解決されることが望まれます。

【関連記事】
友人の卵子を体外受精へ−西日本で不妊治療団体が容認

「代理出産、30〜40代女性7、8人が応募」と根津院長
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧