お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

健康診断

社員の健康も会社が管理する時代?

資生堂は全社員を対象にした健康管理プログラムを今期中に導入する。禁煙を希望する社員には会社が費用を負担してセミナーを開催するほか、ガイドブックを提供する。5月31日の世界禁煙デーには、喫煙所を含めて全事業所を終日禁煙とする。
 
厚生労働省が提唱する健康運動「健康日本21」に沿い、病気の早期発見だけでなく、病気にならない体作りに重点を置いたのが特徴。健康診断のデータをもとに生活習慣病にかかりやすい社員を選び出し、食事、睡眠、運動などの改善を指導する。そのほか男性社員を対象に女性の疾病、健康についての講座も開く。
(資生堂、社員の禁煙支援・健康管理プログラムを導入)


厚生労働省は「健康日本21」の中で、喫煙によって国民医療費の5%が超過医療費としてかさむことや、煙草関連疾患による労働力損失を含め、「社会全体では少なくとも4兆円以上の損失がある」としています。

通常、喫煙による経済的損失とは以下の事項を含みます。
・喫煙による過剰医療費
・労働者の病欠増加による生産性低下
・喫煙で死亡した人の扶養者への年金支給前倒し
・吸殻の火の不始末による火事
・喫煙許可により余計にかかる設備・維持・清掃費

会社からしてみれば、「社員が健康に働いてくれる」「福祉的な面に力を入れることでの企業イメージアップ」という観点から、今後はこうした会社が増えていくのではないでしょうか。メタボリックシンドローム対策に力を入れている企業も多いと、最近はテレビなどで見聞する機会も増えてきました。

"化粧品"などで有名な企業なだけに、「男性社員を対象に女性の疾病、健康についての講座も開く」というのも、興味深いです。こうした講座を経ることで、よりよい製品開発にも繋がるのではないでしょうか。面白い取り組みだと思います。

【関連記事】
「旅行しながら禁煙」JTBが禁煙ツアーを企画

ADHD発症児の母、喫煙率一般の2倍

健康診断もネットで済ます時代?「ヘルスバンク」が人気

ネットで健診を受けられる「e-ヘルスバンク」というサービスが人気となっているのだとか。ネットに接続できる環境があれば自宅や会社など場所を選ばず手軽に健康状態がチェックできるため、現代人に最適のサービスなのかもしれない。

「e-ヘルスバンク」は「座骨が痛みますか。」や「手足の筋肉が痛みますか。」など、男性212問、女性232問の問診項目に回答するだけで、消化器、循環器、呼吸器など9系統33項目についての診断結果がすぐに出されるというもの。この診断結果は、ちゃんとした検診・検査による結果と比べて89.3%という高い診断確率を誇っているのだ。

利用方法は、運営する日本ヘルスバンクや代理店でプリペイドカードの「e-ヘルスバンク・カード」を購入し、発行されたIDとパスワードを入力するだけ。パソコンだけでなく、携帯電話や地上波デジタル放送テレビのポータルサービス「アクトビラ(acTVila)」でも健診が受けられるのだ。プリペイドカードの料金は1050円で、この1枚で年4回まで受診することができるのだ。

結果が悪ければ精密検査を受けるなど、とりあえずの健康チェックに最適な健診。現在、代理店がある32都道府県で受診可能。受け取った人が「e-ヘルスバンク」での健診が受けられる「健康名刺」や「健康年賀状」なども発売されているので、気になる人は日本ヘルスバンクの公式サイトをチェックなのだ。
(ネット健診の「e-ヘルスバンク」が人気、1050円で年4回受診可能)


詳細な問診で、スクリーニング検査を行う、という仕組みのようです。
下手をすると、お医者さんが忙しく問診するよりも、検出率は高いかも知れませんね。

年4回、1,050円で調べられるのなら、お得のような気もします。「健康には気をつけたいけど、時間がなくて…」という人や「メンドクサイ」という私のような人間にはありがたい存在です。

こうしたネットや、検体キットの郵送で健康診断できるシステムは結構まえからありまして、特にSTD(性感染症)のような場合は「恥ずかしいけど…心配」といって泌尿器科などに行くのが躊躇われるときにも有用です。

今後は、単に尿やほんの数滴の血液で検査できるような時代になり、健康診断も簡単に自宅で行える時代になるのでしょうか。

【関連記事】
唾液で病気が分かってしまう時代が来る?
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧