お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症の手術、無事終了へ−エリザベス・テイラーさん

心臓弁手術のため入院しているエリザベス・テイラーが、無事に手術を終えたことをファンに報告した。

「親愛なる友人たちへ。心臓手術は完璧でした。まるで新しい心臓をもらったようです」と自身のTwitterページに書き込んでいる。また、「皆さんの温かい気持ちとお祈りに感謝します。力になったと信じています」と付け加えた。

アクセス・ハリウッドによると77歳のエリザベスは糖尿病も患っているとの報道があったが、それもTwitterで否定したとのこと。「皆さんには本当の入院理由を教えました。メディアはそれに何か付け足さなければ気がすまなかったのでしょう。わたしが糖尿病だと報じていますが、これは完全なウソです」と書き込んでいる。退院の予定などは明らかにされていない。
(エリザベス・テイラー、無事に心臓手術を終えたことをファンに報告)

僧帽弁閉鎖不全症とは


そもそも僧帽弁とは、左心房と左心室の間の左房室口に存在する弁で、血液の左心室から左心房への逆流を防止する機能があります。この僧帽弁がうまく閉じなくなるのが僧帽弁閉鎖不全症です。

僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁構造組織(弁尖、弁輪、腱索、乳頭筋など)の機能異常により、僧帽弁の閉鎖が障害され、収縮期に左室から左房に血液の逆流が生じる状態です。

病因としては非リウマチ性が多く、感染性心内膜炎、変性、虚血、外傷、先天性などがあります。心筋梗塞や拡張型心筋症では左室の形態学的変化により収縮期に僧帽弁が左室心尖部側に牽引されることにより逆流が発生します。

腱索断裂や乳頭筋断裂による急性僧帽弁閉鎖不全症では、左房と左室が急激に増加した容量負荷を代償しきれず、左房圧が急激に上昇し肺うっ血を生じます。

一方、慢性僧帽弁閉鎖不全症では左房と左室は容量負荷を代償するため、左心機能が低下するまでは症状が出にくいです(慢性の僧帽弁閉鎖不全症は、狭窄症に比べて臨床症状が明らかでない場合が多い)。進行すると、肺うっ血と低心拍出に伴う労作時息切れや易疲労感が出現します。

僧帽弁閉鎖不全症の診断とは


上記のように、症状としては肺うっ血と低心拍出に伴う労作時息切れや易疲労感が出現することもあります。聴診上は心尖部の全収縮期雑音、?音分裂、?音、相対的僧帽弁狭窄による拡張期ランブル(Carey-Coombs雑音)が聴かれ、僧帽弁逸脱では収縮期クリックを聴取されます。

心電図では、左房負荷と左室肥大の所見、時に心房性期外収縮と心房細動がみられ、胸部X線写真では左第3、4弓の突出がみられることがあります。

心エコー断層法で左房・左室拡大の程度、左室駆出率、左室の代償性肥厚の程度を評価し、ドプラー法で逆流程度の評価、逆流発生部位を確認できます。僧帽弁閉鎖不全症の診断に最も有力なものはドプラ法です。

カラードプラにより直接逆流がみられます。長軸あるいは心尖部アプローチにより鮮明に描出される。逆流ジェットの左室内への深達度によって重症度が半定量的に評価されます。僧帽弁短軸断層像も逆流ジェットの局在を知るのに必要です。

また、経食道エコー法は、僧帽弁病変や腱索断裂などを詳細に観察でき原因精査に有用です。

僧帽弁閉鎖不全症の治療とは


僧帽弁閉鎖不全症の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

僧帽弁閉鎖不全症

-------------------------------------------------------------------
今日の一問一答(2007/02/26):各論V-4「弁膜症」
僧帽弁閉鎖不全症では群擦聴取される。
-------------------------------------------------------------------
答え:○(正答率 85.7%)

解説:群擦蓮⊃桓宍淆充満音であり、心筋のコンプライアンスが低い場合に起こる。心臓弁膜症(AR、MR、VSD、ASD、PDA)、心不全などで起こる。

僧帽弁閉鎖不全症の心音所見は、
1)固定性の全収縮期雑音 pansystolic murmur
このとき呼吸性変動はなく、三尖弁閉鎖不全症のRivero-Carvallo徴候との鑑別に役立つ。

2)第1音の減弱
僧帽弁閉鎖が不完全となるため起こる。

3)第3音の亢進
第3音は、拡張早期に心室が急速に血液で充たされるために生じた低周波性過剰心音である。このため1音と2音 のほかに、もう一つ心音が加わったことによる特有な三拍子を呈する(奔馬調 gallop rhythm)。

補足:元首相の橋本龍太郎さんが、2002年2月に僧帽弁腱索断裂による「急性僧帽弁閉鎖不全症」と診断されて心臓を手術してから体力の衰えを訴えられていたそうです。それから2年後、政界を去られ、亡くなられました。…もう、3年も経つんですね。隔世の感。
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧