劇団新派の舞台などで活躍し、映画「男はつらいよ」シリーズの初代マドンナを務めた女優の光本幸子(みつもと・さちこ、本名深谷幸子=ふかや・さちこ)さんが22日午後6時10分、食道がんのため東京都台東区の病院で死去した。69歳。いつか来るさよなら [DVD]

光本さんは昨年12月15日に都内の映画館「銀座シネパトス」で娯楽映画研究家・佐藤利明氏(49)とトークショーに出演。初代マドンナということで「男は‐」特集の初日にゲスト参加し、これが最後の公の場だった。佐藤氏は「笑顔で撮影当時の思い出を楽しんで語っていらした。昨年は11月の葛飾など計5回も光本さんとご一緒にイベントをさせていただいた。普通にお元気でいらしたのに」と悼んだ。

寺男の源公役で第1作からレギュラー出演し、デイリースポーツでコラム連載中の俳優・佐藤蛾次郎(68)は「昨年11月24日に東京・葛飾で行われたトークショーで佐藤利明さんを交えて3人で集まった。光本さんは源公が仕えた“御前様”の娘役だが、実は僕とは映画の撮影で1回も絡んでないんですよ」と、当時を振り返った。

蛾次郎は「久しぶりにお会いして、光本さんは『今度、利明さんやシネパトスの支配人さんら、みんなでガジさんの店に飲みに行くわ』と言ってくださった。病気の“びょ”の字も感じないほどお元気でしたが、今にして思うと『首のあたりが痛いのよ』と言われていたことが気になった。ショックです」と、再会を約束した矢先の突然の死に衝撃を隠せなかった。
(佐藤蛾次郎、光本さん急死にショック「首のあたりが痛い、と…」)

食道癌とは


食道癌とは、食道に発生した上皮性悪性腫瘍を指します。好発年齢は60歳代であり、発症のリスクとなるのは、喫煙や飲酒があり、特に両者の相乗作用との関係がいわれ、1日20本以上喫煙し3合以上飲酒する群が他の群と比べ、食道癌の発生に有意な差のあることが指摘されています。また、食道アカラシアや腐食性食道狭窄、Barrett食道などに癌発生頻度が高いと指摘されています。

色素内視鏡や超音波内視鏡検査の普及に伴い、早期食道癌の発見される機会が著しく増加したため、早期食道癌発見の機会があがっています。そうした症例では、内視鏡的粘膜切除術(endoscopic mucosal resection:EMR)が行われることも増えてきました。

症状としては、早期癌では食物がしみたり、食べ物の通過障害感、胸骨後部異常感などの軽度の食道症状が起こりえます。進行癌となると、狭窄が高度になり、嚥下障害が強くなってきて、悪心・嘔吐がみられることもあります。嘔吐は、初期には食物のみですが、狭窄が進むと唾液や粘液までも吐出してきます。

このように表在癌の症例では、症状を認めないのがおよそ半数程度でありますが、一方、進行癌では愁訴がないのはわずか5%程度であり、狭窄感、嚥下障害を有する症例が半数を占めます。

食道には漿膜がないため、周囲臓器への浸潤が起こりやすく、胸痛や背痛がみられたり、気道との間の瘻孔形成により激しい咳が起こることもあります。また、反回神経麻痺による嗄声などがみられることもあります。

食道癌の早期発見や存在診断は、消化管造影検査および内視鏡検査が主に行われています。特に、早期発見には、内視鏡検査(粘膜癌の診断や1cm 以下の微小癌の発見に大きな役割を果たしている)が主に行われています。

食道癌の診断は内視鏡検査が先行され、次いで精密検査としてX線造影検査が選択される傾向があるようです。内視鏡検査は病変の指摘が短時間で容易にでき、X線造影検査は病巣部の正面像・側面像から病巣の深達度、内視鏡所見では描出しにくい粘膜下の病変の広がりなどが分かるからです。

その他、超音波検査、CT検査、MRI検査、超音波内視鏡検査なども行われます。これらにより、臨床の現場においては食道癌の周囲臓器浸潤、リンパ節転移診断、他臓器への転移診断などが主な役割となっています。また、近年では拡大内視鏡検査やFDG-PET検査の有用性も認められつつあり、食道癌の診断に用いられつつあります。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む