お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

内視鏡

大腸ポリープを内視鏡下に8個摘出していた−和田アキ子さん

歌手、和田アキ子(59)が、今月1日に大腸ポリープの切除手術を受けていたことが13日、分かった。自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・0)で明かした。

番組内でアッコは「実は大腸ポリープの手術をしまして、8個取ったんです。8個も!」と告白。1回の手術ではうまくいかず、2回受けたといい、「本当に大変だった」と振り返った。

特に食事制限は厳しく、当日の2食目に出されたレトルトのおかゆは「米が10粒しかなくて、数えましたよ!腹が立って」と苦笑い。

2週間のアルコールや運動が禁止され、3日間の入院を促されたが、「勘弁してください」と断り、芸能界きってのタフネスぶりを見せつけた。アッコは07、08年にも大腸ポリープの切除手術を受けている。
(和田アキ子、大腸ポリープ8個切除していた)

和田アキ子さんは、2007年4月に3個、2008年11月に7個、大腸ポリープを摘出されているそうです。いずれも、非腫瘍性のポリープだったそうです。

大腸ポリープとは


大腸ポリープとは、大腸粘膜の限局性の隆起性病変を漠然と指しています。あくまで、肉眼的な限局性隆起の総称です(内腔への限局性突出物をさす形態学的用語であり、病理学的組成を表すものではない)。

組織学的な性状を規定しないため、良性(腺腫、過形成性ポリープ、若年性ポリープ、炎症性ポリープなど)であったり、悪性(癌腫、悪性リンパ腫など)の場合もあります。

ポリープが多数存在する状態をポリポーシスといいます。ポリポーシスには、組織学的に性質の異なる種々の疾患が含まれています。

疾患によってポリープの数も全く異なっています。例えば、数十個の腺腫が大腸に存在する場合、多発性腺腫と呼び、孤立性腺腫と大腸腺腫症の間に位置づけられており、通常ポリポーシスの範疇のなかには含まれません。

大腸ポリポーシスは、遺伝性と非遺伝性に分けられます。遺伝性のものとしては大腸腺腫症、若年性ポリポーシス、ポイツ-ジェガース症候群、カウデン病(全消化管に過誤腫性と過形成性変化が混在するびまん性のポリープがあり、随伴病変として顔面四肢末端の多発性丘疹、口腔内粘膜の乳頭腫、乳腺・甲状腺・卵巣の腫瘍、および血管腫がある)などがあります。

非遺伝性のものには、炎症性ポリポーシス、良性リンパ濾胞性ポリポーシス、化生性あるいは過形成ポリポーシス、およびクロンカイト-カナダ症候群(腺管の嚢胞状拡張と粘液貯留のみられるポリープが胃・小腸・大腸にびまん性あるいは散在性に発生し、随伴病変としては全身のびまん性色素沈着、脱毛、爪甲の萎縮ないし脱落のみられる疾患)などがあります。

ポリープには、良性も悪性も存在することになりますが、悪性と判明した時点で、それらは癌、肉腫(悪性リンパ腫も含む)に分類され、ポリープから除外されます。

また、良性非上皮性の場合は粘膜下腫瘍と称されるので、結局、良性上皮性突出物をさすことになります。ただ、それでも腫瘍性、炎症性、過誤腫性、過形成性、その他に分かれ、腫瘍性では腺腫の中に癌巣が見つかることが少なくないです。

一般的には、ほとんどが良性疾患を指して用いられることが多いようです。年齢とともに腫瘍性ポリープの発生頻度は増し、40歳以上では約15〜20%といわれます。

ポリープが発見されたときの診断手順として、内視鏡や生検組織所見などから腫瘍性か非腫瘍性か、良性か悪性かを診断します。そして、次に内視鏡治療が技術的に可能かどうか、根治可能か否かを診断します。

一般に大腸ポリープに特徴的な症状はなく、腹痛や便通異常などの他疾病に伴う症状や、検診などを契機にX線検査や大腸内視鏡検査を行って発見されることが多いです。ポリープから出血することもありますが、大量出血や黒色便をきたすことは稀です。

大腸ポリープのうち腫瘍性ポリープである腺腫は、悪性化ないし癌合併の頻度が高いため、原則として治療する必要があります。また、非腫瘍性ポリープは悪性化しませんが、癌化ないし癌合併することがあり、大きくなると出血したり腸重積を起こす可能性があるため、治療の適応となることがあります。

一般的にポリープの大きさが増すと、腺腫の一部に癌を伴った腺腫内癌や、大部分が癌で一部に腺腫を伴う癌が認められるようになります。腺腫の一部に癌を合併する頻度は、絨毛腺腫で80%、腺管腺腫で10%程度といわれ、癌化傾向があると考えられています。

大きさ別には、1cm 以下では1%前後ですが、1〜2cmでは約10%、2cm以上では40%以上の癌の合併率が報告されています。

大腸ポリープの治療


大腸ポリープの治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

「もう苦しまないで済む」−カプセル内視鏡が発売

スズケンは30日、プラスチック製のカプセル剤に小型カメラを内蔵した「カプセル内視鏡」を発売する。小腸疾患の診断用で、口や鼻から管を通す従来の診断法に比べて苦痛が少なく、撮影も簡単という。カプセル内視鏡は海外ではすでに使用されているが、国内販売は初めて。
 
カプセル内のカメラが撮影、無線で画像データを送信する。システムはカプセルのほか、画像データの読み取り機と、画像を映し出す専用端末で構成される。システムはイスラエルのギブン・イメージング社の製品で、スズケンが国内の販売総代理店として独占販売する。システムの定価は743万円(税別)。
(スズケン、国内初の「カプセル内視鏡」発売へ)


以前から、オリンパスなどが開発中であると発表されていましたが、とうとう発売に漕ぎ着けたようです。

CCDセンサーと超小型レンズを搭載したカプセルと無線送信機構(ベストのような物で体に着けておく)で、飲み込んだ患者の消化器内部の様子を外部モニターで観察できます。胃や腸のぜん動で体内を進み、8時間後には体外に排出されます。

従来の内視鏡は広く普及してますが、チューブを飲み込む際におう吐を抑えたり、のどの痛みを抑えるための表面麻酔が必要など、患者の負担も大きいです。カプセル型なら錠剤と同じように飲み込めば済みます。

ただ、チューブ型内視鏡は、さまざまな処置具を装着することで止血やポリープ切除などを観察しながら同時に行えるメリットがあります。さらに、カプセル型は外部からコントロールできず、観察範囲が限られてしまう問題もあるそうです。

一長一短はありますが、今後の普及が待たれます。

【関連記事】
呼吸器感染症を10分で診断できる簡易検査キット登場

唾液で病気が分かってしまう時代が来る?
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧