お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

出川哲朗

出川哲朗さん、番組の内視鏡検査で大腸ポリープを発見

タレントの出川哲朗(49)が24日、TBS系情報番組「それ、放っておくとヤバイです」に出演した。

健康を維持するためのアドバイスを送る内容で、番組には消化器内科や循環器科などの医師も出演。出川の大腸を内視鏡で検査したところ、ポリープがあることが分かった。

医師は「放っておくとだんだん大きくなって危険。ちょっとポリープを切って調べたところ、放っておくとガンになります」と宣告。出川は「ぜんぜん笑えない。なんで取ってくれなかったの」と真剣な表情で訴えた。今回は検査だったことを断り、医師は「5ミリを超えると心配。早めに取ったほうがいい。早期であれば完治します」と治療を勧めると、出川は「ありがとうございました」と感謝した。

番組では出川の日常を公開。睡眠中に呼吸が停止していることも紹介された。
(出川哲朗、内視鏡検査で大腸ポリープ発覚「放っておくとガンに」)

大腸ポリープを公表した有名人


大腸ポリープを公表した有名人としては、
和田アキ子さん
月亭八方さん
みのもんたさん
などがいらっしゃいます。

大腸ポリープとは


大腸ポリープとは、大腸粘膜の隆起性病変(ポコっと膨れている部分)を漠然と指しています。あくまで、肉眼的な所見の総称です(内腔への限局性突出物をさす形態学的用語であり、病理学的組成を表すものではない)。

組織学的な性状を規定しないため、良性(腺腫、過形成性ポリープ、若年性ポリープ、炎症性ポリープなど)であったり、悪性(癌腫、悪性リンパ腫など)の場合もあります。よって、良性も悪性も存在することになりますが、悪性と判明した時点で、それらは癌、肉腫(悪性リンパ腫も含む)に分類され、ポリープから除外されます。

良性非上皮性の場合は粘膜下腫瘍と称されるので、結局、良性上皮性突出物をさすことになります。ただ、それでも腫瘍性、炎症性、過誤腫性、過形成性、その他に分かれ、腫瘍性では腺腫の中に癌巣が見つかることが少なくないです。一般的には、ほとんどが良性疾患を指して用いられることが多いようです。年齢とともに腫瘍性ポリープの発生頻度は増し、40歳以上では約15〜20%といわれます。

ポリープが発見されたときの診断手順として、内視鏡や生検組織所見などから腫瘍性か非腫瘍性か、良性か悪性かを診断します。そして、次に内視鏡治療が技術的に可能かどうか、根治可能か否かを診断します。

一般に大腸ポリープに特徴的な症状はなく、腹痛や便通異常などの他疾病に伴う症状や、検診などを契機にX線検査や大腸内視鏡検査を行って発見されることが多いです。ポリープから出血することもありますが、大量出血や黒色便をきたすことは稀です。

大腸ポリープのうち腫瘍性ポリープである腺腫は、悪性化ないし癌合併の頻度が高いため、原則として治療する必要があります。また、非腫瘍性ポリープは悪性化しませんが、癌化ないし癌合併することがあり、大きくなると出血したり腸重積を起こす可能性があるため、治療の適応となることがあります。

一般的にポリープの大きさが増すと、腺腫の一部に癌を伴った腺腫内癌や、大部分が癌で一部に腺腫を伴う癌が認められるようになります。腺腫の一部に癌を合併する頻度は、絨毛腺腫で80%、腺管腺腫で10%程度といわれ、癌化傾向があると考えられています。

大きさ別には、1cm 以下では1%前後ですが、1〜2cmでは約10%、2cm以上では40%以上の癌の合併率が報告されています。

大腸ポリープの治療


大腸ポリープの治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

肝癌、肺転移の治療中に亡くなっていた−出川哲朗さんの母

タレント、出川哲朗(47)の母、出川泰子(でがわ・やすこ)さん(享年76歳)が24日に肺炎のため死去し26日、横浜市神奈川区の本覚寺で通夜が営まれた。

出川によると、泰子さんは肝臓にがんが見つかり、5月末に都内の病院に入院。がんは肺に転移した上、肺炎を併発し、20日に容体が急変したという。最期を看取り「ありがとうと意識があるときに言えなかった」と涙をぬぐい、「母ちゃんは、いるのが当たり前だったから、まいりました」と天を見上げた。

お笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの内村光良(47)ら約300人が参列した。
(出川哲朗、母通夜で涙「まいりました」)

肝癌とは


肝癌とは、肝臓に発生する悪性腫瘍の全てを指し、原発性肝癌と転移性肝癌(大腸癌や肺癌からの転移)に大別されます。

原発性肝癌には、肝細胞由来の肝細胞癌、胆管細胞由来の肝内胆管癌(胆管細胞癌)、胆管嚢胞腺癌、混合型肝癌(肝細胞癌と胆管細胞癌の混合型)、肝芽腫、未分化癌、その他に分類されます。

原発性肝腫瘍では、肝細胞癌と胆管細胞癌が95%を占め、中でも肝細胞癌が最も頻度が高くなっています。肝細胞癌は原発性肝腫瘍の中では最も頻度が高く、肝細胞癌と胆管細胞癌の比は約26:1です。

原因としてはB型肝炎ウイルス(HBs Ag陽性15%前後)およびC型肝炎ウイルス(HCV陽性75%前後)の長期にわたる持続感染が大多数を占め(肝炎ウイルス感染の関与が9割以上を占めている)、原発性肝細胞癌の9割がなんらかの肝病変を併発しています。

その他の病因としては、アルコール性肝疾患、自己免疫性肝疾患、Wilson(ウィルソン)病、ヘモクロマトーシス、Budd-Chiari(バッド-キアリ)症候群、α1アンチトリプシン欠損症、原発性胆汁性肝硬変などが挙げられます。

肝癌に特有の症状は少なく、肝炎・肝硬変などによる肝臓の障害としての症状が主なものです。通常は併存した肝硬変の症状、検査所見を示します。日本の肝癌は、肝炎ウイルスの感染にはじまることが大部分であり、日本では80〜90%に肝硬変(主として乙型)を併存しています。

早期肝癌では、特有の症状は乏しく、併存した肝病変の症状を呈します。肝炎・肝硬変のために医師の診察を受ける機会があり、肝癌が発見されるというケースが多くみられるようです。

進行すると、上腹部ないし右季肋部の疼痛と肝腫大を示します。また、黄疸、腹水による腹部膨満、浮腫などがみられます。その他、発熱や腫瘍の腹腔内破裂の際は、急激な腹水の出現と血圧低下をきたします。

また、腫瘍随伴症候群として、稀ですが低血糖や赤血球増加症、高コレステロール血症、高Ca血症(腫瘍のホルモン様物質の産生、腫瘍代謝の異常など)をきたすことがあります。

身体的所見としては、肝硬変に基づいた所見以外に、腫瘍が著しく増大すると、肝腫大、腫瘤触知、圧痛、血管雑音がみられることがあります。腫瘍による下大静脈の圧迫がもたらされると、下肢のみの浮腫や腹壁の上行性の副血行路がみられます。

肝癌の治療とは


肝癌の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

高脂血症、ピロリ菌陽性であることを告白−出川哲朗さん

お笑いタレントの出川哲朗(45)の体がとんでもないことになっていることを、自身のブログに書いている。

人間ドックに行った結果があまりにも酷かったのだ。
・中性脂肪:E
・コレステロール:E
・ガンマGTP:E
・結石発見

ここで言う「E」とは「治療が必要と判断される異常が認められます」というレベルのダメージ。さらに、出川の体内にはとんでもない数のピロリ菌がいるとのことだ。

だが、出川は「デガチャンマンは大好物のコーラとマヨネーズがやめられない正義のヒーローが、成人病だっていいじゃないか頑張れ! デガチャンマン 成人病のヒーロー! デガチャンマン」と開き直っている。

そんな出川の態度に対し、コメント欄では「そんなにやばいんですか?! 元気な出川さんが大好きなので体は大事にしてくださいっ」「俺、てっちゃんの事好きだから、お願いだから長生きして~」「いやいやいや…しっかり治しましょうよ(苦笑)俺らは病気になった出川さん見たくないですから。それに、ピロリ菌は笑い事ではないですよ。ほんとにコワいんですから。治せるものはしっかり治しましょう!」と出川のことを心配するコメントが続々と寄せられている。
(出川哲朗 体内にとんでもない数のピロリ菌がいた)

高脂血症とは


高脂血症とは、空腹時の血清中の総コレステロール濃度が 220 mg/dl以上(LDL-コレステロール濃度が 140 mg/dl以上)、中性脂肪濃度が150 mg/dl以上の状態をいいます。高脂血症は、家族性あるいは特発性に発症する原発性と、基礎疾患がありそれに随伴して発症する二次性とに分類されます。

高コレステロール血症とは、血中のコレステロール値が増加する状態を指します。空腹時の総コレステロール(TC)値が220mg/dL以上、LDLコレステロール(LDL-C)値が140mg/dL以上の場合を指します。

LDLコレステロールはいわゆる「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールは「善玉コレステロール」といわれ、前者はその値が高いと問題となり、後者は少ないことが問題となります。現在、HDLはコレステロールの逆転送にかかわると考えられており、低HDL血症は粥状動脈硬化のリスクファクターの一つとされています。

高コレステロール血症は、20歳以降に加齢に伴い徐々に増加していきます。特に女性では、更年期を機に急速に増加する傾向にあります。

総コレステロール値は、LDL、HDL、VLDL中のコレステリルエステルの総和となっています。つまり、総コレステロール値が基準範囲内であっても、LDLの値が高い(その際、HDLが少ない状態であるとも考えられる)、という状態も考えられ、注意が必要となります。

高コレステロール血症は、それ単体では自覚症状を伴いません。ですが、高HDLコレステロール血症以外の高コレステロール血症は、虚血性心疾患や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患の最も重要なリスクファクターであると考えられています。

そのため、これら疾患の予防または再発予防のために、高コレステロール血症の治療を行うことは非常に重要です。

一方、高トリグリセリド(中性脂肪)血症は、高コレステロール血症に比べると冠動脈疾患などの危険因子としての重要性は低いものとの評価がなされがちでありましたが、いくつかの大規模臨床試験の結果から、高トリグリセリド血症は明らかに冠動脈疾患の独立した危険因子であり、特に糖尿病では積極的な薬物療法により冠動脈疾患の発症・進展が予防されるとされています。

また、血清トリグリセリド値が2,000mg/dLに達すると、急性膵炎のリスクが急激に増加するため、注意が必要です。

さらに、高トリグリセリド血症では、RLP-Cに代表されるレムナント分画やsmall、dense LDLなどの動脈硬化惹起性リポ蛋白の増加、低HDLコレステロール血症、高血圧や耐糖能異常を合併し、いわゆるメタボリックシンドロームを呈することが多く、このことが冠危険因子としての高トリグリセリド血症の重要性を支持するものとなります。

高脂血症の治療


高脂血症の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧