お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

加藤浩次

右足首骨折で入院、術後に退院−加藤浩次さん

よしもとクリエイティブ・エージェンシーは3日、右足首の骨折で療養していたタレントの極楽とんぼ・加藤浩次さん(41)が、5日から活動を再開すると発表した。

加藤さんは先月28日、休日にフットサルをしていて負傷。手術のため入院していたが、3日退院したという。
([活動再開]骨折の極楽とんぼ・加藤浩次さん 5日から)

足関節骨折


足関節の骨折には、下腿側に生じるものに、果部骨折と脛骨下端関節面の骨折があり、距骨側(かかとの側)では体部骨折と距骨滑車骨軟骨損傷があります。

足関節骨折とは通常、下腿側の骨折をいいます。果部骨折は足関節に加わった回旋力、内転または外転力により生じ、脛骨下端部骨折は、脛骨長軸方向に働く軸圧外力によって関節荷重面が破壊されて生じます。果部骨折は果の数に応じて単果・両果・三果骨折に分けられます。

下腿は直達外力を受けやすく、またスキーなどによる介達外力による受傷も多く、四肢長管骨骨折のなかで脛骨骨幹部骨折は最も頻度が高いです。

さらに、脛骨はほぼ全長が皮下にあるため開放骨折(骨折部が周囲の軟部組織の創を通じて外界と交通している骨折)も多いです。脛骨の骨折は、青壮年者に好発することが多いです。そのため、機能回復と早期の社会復帰を目ざして、最も効率的で経済的負担を少なくし、侵襲の少ない治療法を選択する必要があります。

原因としては、交通事故などによる直達外力が多く、強大な外力が加わり、開放骨折や多発外傷となることも稀ではありません。この場合、横骨折や粉砕骨折の形態をとることが多いです。またスポーツ中や転倒などで足部が固定された状態で介達外力が働くと、螺旋骨折や斜骨折を生じることもあります。

踝(くるぶし)は「外果」と呼ばれ、内くるぶしとともに、足関節の安定性を獲得しています。内外側の半径が異なるためにスベリ運動とコロガリ運動の両者が行われています。

足関節骨折の治療


足関節骨折の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

ナイナイ岡村さんと同じく外痔核になった−加藤浩次さん

2010年01月08日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて加藤が、昨年度にナイナイ・岡村隆史が患った『外痔核(いわゆるイボ痔)』になったと語っていた。「俺さ、岡村のことを『なに痔になんかなってるんだよ』とかって言ってたじゃん。年末に仕事できないって岡村が言っててさ。『痔が爆発した』って」

「年末の31日に、飲み明かして帰って、2時くらいに寝たんだよ。それで午前11時くらいに起きたの。そうしたら、ケツが痛くてよ。それで肛門を触ったら、ボッコリと出てるの。痔だよね」

「ウォシュレットも痛くてな。洗った後は、トイレットペーパーで拭かずに、乾燥させてたんだよ。そういう生活をしてた。でも、昨日あたりに引っ込んで来たんだよな。引っ込んだり出たりするもんみたいなんだ。また、体調悪くなったりしたら、出てくるのかも知れない。消滅はしてないんだろうな。格納されている状態よ」

「俺も、完全な痔持ちになったってことだよな。元旦からだよ。ボッコリ出ててさ。あれ、結構デカく出るのな。小指の頭くらい出てた。それくらい出るの。押すと痛いんだよ。風呂場で押していると入るんだけど、立つと出てくる。雪山のオコジョみたいな感じ」

「イヤだなって思うな。自分で、なってみないと分からないもんだよ。岡村に悪いことしたと思って。これが爆発したりしたら、痛いに決まってるよな。それなのに触ろうとしたりとか、悪いことしたなぁ。分かりもしないのに、『大したことないんだろ』とかって言うのは、止めようと思ったよ」と語っていた。
(加藤浩次 「ナイナイ岡村と同じ痔になる」)

外痔核とは


痔には、痔核(いわゆるイボ痔)、裂肛(キレ痔)、痔瘻(穴痔)があります。痔核は、歯状線(肛門縁から約2cmの部位に認められる、鋸歯状の起伏のある境界線)より上方の上直腸静脈叢に発生したものを内痔核、歯状線より下方の下直腸静脈叢に発生したものを外痔核といいます。

加藤さんのケースでは、外痔核だったようです。ちなみに痔核(イボ痔)とは、肛門管の静脈叢が静脈瘤状に膨らんだ状態をいいます。肛門病変の約60%を占め、最も頻度の高い疾患であるといわれています。男性にやや多いですが、女性では妊娠に続発するものが多いといわれています。

原因としては、肛門管に分布する上・下直腸静脈叢のうっ血によって起こるといわれています。どうしてこうしたことが起こるのかと言えば、排便時の怒責、便秘や妊娠などの腹圧、門脈亢進をきたす肝硬変など背景にあると言われています。

内痔核の初期は出血のみで自覚症状に乏しいですが、進行すると排便時などに肛門外に脱出するようになり自覚されることが多いです。一般に痔核は疼痛症状を伴いませんが、血栓を形成した血栓性外痔核や内痔核が脱出嵌頓した嵌頓痔核は急性の腫脹とともに疼痛を伴います。

外痔核は、肛門の周りの皮下静脈叢が拡張して静脈瘤となったもので、肛門のやや内部から外方に肛門上皮あるいは皮膚によって覆われた塊としてみられます。

外痔核自体はさほど苦痛を生じませんが、症状がみられれば、保存療法、切除術が必要となります。年齢とともに徐々に大きくなって、歩行、力み、しゃがみなどで膨らんでいきます。

時に、血栓を形成して血栓性外痔核となり、急に腫れて周囲に浮腫を伴い疼痛を来すこともあります。単発で起こる場合も多いですが、複数の場合もあります。

下痢、便秘による怒責時に突然、肛門縁に腫瘤を形成し、大きさは小豆大から拇指頭大のものが多いですが、小血栓が多発することもあります。暗赤色の腫瘤が皮下に透見され、疼痛は2〜3日で徐々に軽快します。自壊して少量の出血をみることもあります。

外痔核の治療


治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧