お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

動脈硬化

血圧の上下の差が大きい方、心筋梗塞や脳卒中にご注意

yomiDrの医療相談室に、「血圧の上下の差が100近く」が掲載されていました。
高血圧の薬を飲んでいます。上が160台の時は、下が70台といった状態で、上下の差が100近くあります。主治医は問題がないと言いますが、不整脈の持病もあり、不安です。(80歳女性)

この相談に対し、東京医大八王子 医療センター病院長である高沢謙二先生は、以下のようにお答えになっています。
心臓は、収縮と拡張を繰り返して血液を送り出しています。直径30〜40ミリの大動脈から段階を経て毛細血管に到達し、血液とともに酸素と栄養が体の隅々まで運ばれます。

一般的に血圧の測定値は、心臓が収縮して、血液を送り出した時の圧力(上の血圧)と、血液が戻り心臓が拡張する時の圧力(下の血圧)を指します。

加齢などにより動脈硬化が進むと、上の血圧が高いのに、下の血圧が下がる状態になります。これは、心臓に近く太い血管の動脈硬化が進行していることを意味しており、家庭で測る血圧の基準値(上が135以下、下が85以下)よりも低いからといって、安心はできません。

60歳代以降の場合は最近、血管全体にかかる圧力を示す「平均血圧」と、心臓が血液を送り出す拍動の大きさである「脈圧」の考え方が重要視されています。

平均血圧は、「下の血圧+(上の血圧―下の血圧)÷3」、脈圧は「上の血圧―下の血圧」の計算式で大まかに求めることが可能です。目標値は、平均血圧が90以下、脈圧が60以下です。 ご質問者は、平均血圧が100前後、脈圧が90以上であり、いずれも目標値を上回っています。心筋梗塞や脳卒中を起こす危険性が高い状態です。

上の血圧を130〜140に抑えることが理想ですが、まずは140〜150を目指してください。生活習慣の改善だけでなく、降圧薬の増量や薬剤の変更を主治医に相談した方が良いでしょう。
続きを読む

頸動脈エコーと血管造影検査で異なる診断された67歳男性

読売新聞の医療相談室で、以下のような相談がなされていました。
首を通る頸動脈の超音波検査(頸動脈エコー)を受けたところ、「頸動脈分岐部に厚さ2・5个離廛蕁璽があり、一部に潰瘍形成が疑われる。46%狭さくもしている」と言われました。しかし、その後、血管造影検査を受けると「異常なし」と言われ、混乱しています。総コレステロールは254、LDLコレステロール164、HDLコレステロール69、中性脂肪83(単位はいずれも咫dl)です。再検査や治療を受ける必要はありますか。(67歳男性)

この相談に対し、北光記念クリニック所長である佐久間一郎先生は以下のようにお答えになっています。
首の超音波検査(頸動脈エコー)では、頸動脈壁の厚み(肥厚)やプラーク形成(血管の壁内にコレステロールの塊がたまること)を見つけることができます。

頸動脈分岐部とは、「総頸動脈」と呼ばれる血管が首の上部辺りで「内頸動脈」と「外頸動脈」に分かれる部分です。いちばんプラークができやすいところで、そこが破れるか、プラークの一部に穴が開く「潰瘍」ができると、血栓(血の塊)ができ、剥離して脳内に流れると脳梗塞になります。

また、プラークが大きくなり、頸動脈が詰まってしまうことがあります。血管の狭さく率が60%以上あり、潰瘍ができるなどすると危険な状態で、脳外科で血管にこびりついたプラークを削り取る手術を行います。

狭さく率は、頸動脈エコーで分かります。血管壁は3層構造になっていて、頸動脈エコーでは、それぞれの様子まで調べることができます。

一方、血管造影検査は、頸動脈エコーでは調べられない頭骨内の血管の狭さく状態も把握できますが、血液が流れている内腔部分だけを調べています。このため、狭さく部前後の血管壁も肥厚していれば、狭さく率は実際より低く出てしまうのです。

動脈硬化とは、広義では「血管壁の肥厚・硬化・再構築・機能低下を伴う動脈病変の総称」をいいます。これらの血管の変性を指しているわけです。

粥状硬化、中膜硬化、細動脈硬化の3者を含み、これらの3つのうち、臨床的に最も重要な粥状硬化を狭義で動脈硬化と呼びます。この場合の動脈硬化は「血管内膜における細胞増殖、脂質の沈着、結合組織の蓄積をきたした巣状の病変」といえます。

動脈硬化の最大の危険因子は年齢であり、加齢とともに有病率は増加します。特に、45歳以上の男性、閉経後の女性は動脈硬化予備軍となります。他の危険因子としては、高コレステロール血症( > 220mg/dl)、高血圧(≧ 140/≧ 90mmHg)、喫煙習慣、耐糖能異常(糖尿病)、肥満〔肥満指数(BMI)≧ 25kg/m2〕、低HDL血症( < 35mg/dl)、運動不足、家族歴が挙げられます。これら危険因子が多くなればなるほど有病率は加速度的に増加します。

一方、60mg/dl 以上の高HDL血症はいわゆる逆危険因子とされており、動脈硬化になりにくいと考えられます。

こうした動脈硬化を評価するために、上記のような検査があります。今回の相談者はどうしたらいいのか、佐久間先生は以下のようにお答えになっています。続きを読む

「平均血圧」の上昇で分かる動脈硬化

「平均血圧」とは、心臓から遠い場所にある細い血管(末梢血管)での血液の圧力を示すもの。「動脈硬化は、最初に細い血管に現われ、次第に太い血管へと進む」(高沢教授)ため、「平均血圧」の上昇は、動脈硬化の始まりを知る指針になる。正確な「平均血圧」は、特別な医療機器を使わなければ測定できないが、単純化した計算式でおおよその値を求めることができる。

計算式は、「下の血圧+(上の血圧−下の血圧)÷3」。例えば、上の血圧が120mmHgで下の血圧が70mmHgの場合、「70+(120−70)÷3」となり、「平均血圧」は約87。上の血圧が145mmHg、下の血圧が80mmHgの場合は、「80+(145−80)÷3」で約102。

「平均血圧は90未満が理想。90以上は、末梢部分の細い血管に動脈硬化の傾向がある」(同教授)。一見、問題はなさそうな「145/80」の血圧でも、「平均血圧」を知れば、心臓から遠い血管での動脈硬化の始まりの有無がわかるのだ。
(下げよう!悪玉血圧 動脈硬化を防ぐ新常識)


動脈硬化とは、動脈が肥厚し硬化した状態です。これによって引き起こされる様々な病態を動脈硬化症といいます。

動脈硬化の種類にはアテローム性粥状動脈硬化、細動脈硬化、中膜硬化などのタイプがあります。多くは、アテローム性動脈硬化を指します。アテローム動脈硬化症は、高脂血症や糖尿病、高血圧、喫煙などの危険因子により生じると考えられ、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素や栄養が重要組織に到達できなくなる結果、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となってしまいます。

メタボリックシンドロームは、この動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となります。そのための脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となります。

アテローム性動脈硬化では、血管の内腔にプラークが形成され、血液を流れにくくしてしまったり、突然プラークが破れて血管内で血液が固まり(血栓)、動脈の内腔(血液の流れるところ)を塞いだりしてしまいます。結果、心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳梗塞が起こしてしまいます。

また、動脈硬化は老化や運動不足などで進んでいってしまいます。簡単な式で平均血圧を求めることが、生活を改めようという契機になれば、と思われます。

【関連記事】
ダイエット効果表示のサプリに初の品質基準

ウォーキングするだけでポイントが貯まる?「健康マイレージ」
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧