俳優の北村総一朗(78)が前立腺がん治療のために入院したと10月8日(2013年)にブログで明かした。7日に入院し、「病院のこの部屋に辿り着いて、まず、記念写真。パジャマに着替えて、もう一枚」と、笑顔でピースする写真を載せている。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]

血液検査に始まり、尿、MRI、肺と検査が続き「意外と忙しい」という。肺をきたえる器具やT字帯、腹帯、尿漏れパットなどの道具が増えるにつれ、「現実が迫ってくる」といい、医師の説明を聞いて「手術がリアルに感じられ」たと語る。

さまざまな検査に備えて「闘病だけに集中するため、勝手ながらブログはちょいとお休みします」といい、復帰へ向けて「優秀な先生方、看護師さん、スタッフの皆様のもと、頑張ります」と宣言している。
(北村総一朗が前立腺がんで入院「闘病に集中するためにブログはちょいと休みます」)

前立腺癌の有名人


前立腺癌の有名人としては、
荒木経惟さん
アンドリュー・ロイド・ウェバーさん
デニス・ホッパーさん
間寛平さん
ルイス・ゴセット・Jrさん
稲川淳二さん
柄本明さん
などがいらっしゃいます。

前立腺癌とは


前立腺癌は、主に前立腺外腺(peripheral zone)より発生する腺癌です。臨床癌は50歳以上の男性に多く(典型的な高齢者癌)、高齢になるほど発生率が高いです。

発見率、罹患率ともに増加しており、特に腫瘍マーカーである前立腺特異抗原Prostate Specific Antigen(PSA)を用いたスクリーニングでPSA高値のみで発見される早期癌の割合が増えています。罹患率は、1975年以降増加していますが、その理由の1つとして前立腺特異抗原(PSA)による診断方法の普及によると指摘もされています。

前立腺は男性ホルモンの標的臓器であり、その構造および機能の維持は男性ホルモン依存性です。このように強い男性ホルモン依存性臓器である前立腺から発生する前立腺癌の90%以上は男性ホルモン依存性を有しているといわれています。

前立腺癌の症状としては、発生部位が周辺部なので早期癌だけでは排尿障害などの症状はありません。ただし、肥大症と合併することが多く、排尿障害があることもあります。骨転移による症状も起こることがあり、骨の痛み、病的骨折、進行例では造血機能障害、発熱などがみられることもあります。

直腸指診では、大きさ、硬さ、被膜周囲の状態をみます。経直腸的超音波断層法(transrectal ultrasonography;TRUS)でも、同様に経直腸的に前立腺の大きさ、エコーレベル、被膜の状態がわかります。

前立腺癌の疑いのある患者さんに対しては、前立腺特異抗原prostate specific antigen(PSA)検査、直腸内触診(DRE)、経直腸的超音波検査(TRUS)を行います。

前立腺特異抗原(prostate specific antigen;PSA)は、前立腺肥大症(BPH)でも上昇しますが、前立腺癌ではさらに上昇します。75〜95%の前立腺癌患者では異常高値(>4ng/ml)を示し、病勢,癌細胞の量をよく反映し、治療が奏功すると低下、前立腺全摘除術後は測定限界以下となります。

前立腺針生検では、確定診断ができ、経直腸超音波断層法ガイド下6ヶ所の生検を行います。血清PSA >10ng/mlでは癌発見率40%、血清PSA 4〜10ng/ml(グレーゾーン)では癌発見率10%であるといわれています。

直腸診で陽性の場合やTRUS陽性の場合、またはPSA値10.1ng/ml以上の場合には超音波ガイド下6か所系統的前立腺針生検を行います。PSAが10.0ng/ml以下の場合には年齢階層別PSA,、PSAD、 PSAvelocityを参考にして、前立腺針生検を行います。病理組織学的に確定診断された症例をもって前立腺癌とするので、針生検などの病理学的検索は重要です。

前立腺癌の治療


前立腺癌の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む