古今亭志ん馬さん(本名:吉野恵一)7日午後2時、胃がんのため東京都内の病院で死去、55歳。東京都出身。葬儀は14日午後2時から東京都世田谷区北烏山5の12の1の妙善寺で。喪主は妻・恵美さん。

81年に六代目志ん馬に入門し、94年に古今亭志ん朝門下に移籍。96年にNHK新人演芸大賞で大賞受賞。翌年に真打ち昇進、七代目志ん馬を襲名した。 
(古今亭志ん馬さん死去=落語家)

なごやか寄席シリーズ 八代目 古今亭志ん馬
なごやか寄席シリーズ 八代目 古今亭志ん馬 錦の袈裟/お血脈

胃癌を公表された有名人


胃癌を公表された有名人は、以下の様な方々です。
塩沢ときさん
三遊亭円楽さん
藤原喜明さん
高杢禎彦さん
中村獅童さん
ロニー・ジェイムス・ディオさん
飯野知彦さん
尾崎紀世彦さん
雨上がり決死隊・宮迫博之さん

胃癌とは


かつて、日本では男女とも胃癌が第1位でしたが、死者数は年々減少しています。2003年の日本における死者数は49,535人(男32,142人、女17,393人)で、男性では肺癌に次いで第2位、女性では大腸癌に次いで第2位となっています。近年増加率の低下がみられ、これは食生活の欧米化などによる環境の変化、検診などにより根治可能な胃癌が多数発見されるようになったこと、治療技術の進歩などの要因によると考えられます。

胃癌は、自覚症状による胃癌の早期発見は難しいです。ほとんどの場合、早期癌の段階では無症状であり、癌が進行してからでないとはっきりとした自覚症状が出てこないことが多いからと言われています。そのため、放置されてしまったり、逆に内視鏡検査などで早期発見されるケースもあります。

症状としては、腹痛や腹部〜胸部の不快感、吐き気や嘔吐を伴ったり、食欲減退、食事後の胃部膨満感や急激な体重減少などが起こってきます。他にも、下血や黒色便(血液中のヘモグロビンが胃酸によって酸化されて黒くなる)がみられることもあります。

胃癌の転移には、血行性転移、リンパ行性転移、腹膜播種があります。胃壁内での深達度が進むほど転移率は高くなり、血行性転移では肝や肺、さらに骨、脳、皮膚、腎などへ転移します。リンパ行性転移は所属リンパ節から始まり、遠隔リンパ節へ転移をきたしていきます。腹膜播種は、漿膜を越えて胃壁を浸潤した癌細胞が、腹膜に播種して癌性腹膜炎を起こして腹水を生じます。

肝転移すると肝腫大、黄疸などが起こってきます。腹膜に転移すると腹水、後腹膜に転移すると強い背部痛を認めます。その他、左鎖骨上窩リンパ節転移(Virchow転移)、Douglas窩への転移(Schnitzler転移)、卵巣転移(Krukenberg腫瘍)などがあります。

高度な進行胃癌となると、体重減少、食思不振、貧血、腹部腫瘤触知、嚥下困難などの所見を認めることがあります。末期では、播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併することが多くなります。

なお、スキルス胃癌は、肉眼的に境界不明瞭で、癌細胞がびまん性に浸潤し、時には胃全体にわたる胃癌を指指します。多くは、癌細胞の浸潤に伴って間質結合組織の増殖を来し、胃壁は肥厚します。

癌細胞の浸潤が胃全体に及ぶと、胃は硬く収縮し、形成性胃炎型(形成性胃組織炎型)と呼ばれます。胃癌取扱い規約の肉眼分類4型にほぼ相当します。全胃癌の約10%程度にみられ、若年者や女性の胃癌では頻度が高いです。リンパ節転移の頻度が高く、治癒切除が困難なことが多いため、予後が悪いと言われています。

胃癌の治療


胃癌の治療としては、以下の様なものがあります。続きを読む