お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

呼吸器

呼吸器外し:「悪質性低い」医師送検に和歌山県警が意見書

和歌山県立医大付属病院紀北分院(和歌山県かつらぎ町妙寺)で50代の男性医師が患者の延命措置を中止するために人工呼吸器を外して死亡させたとされる事件で、県警妙寺署がこの医師を殺人容疑で和歌山地検に書類送検した際、「悪質性は低い」との情状意見書を付けていたことが23日、分かった。起訴は見送られる可能性が高くなった。

調べでは、医師は昨年2月、脳内出血で運ばれてきた80代女性の緊急手術後に呼吸器を装着。女性は脳死状態になったが、呼吸器を外して死亡(心停止)させた疑い。

県警は、女性の家族の強い希望を受けて呼吸器を外したことや、脳死状態だったことなどを考慮。男性医師が呼吸器を外した行為は故意に死期を早めたとして殺人容疑に当たるとしたが、犯意は薄いと判断したとみられる。
(呼吸器外し:「悪質性低い」医師送検に和歌山県警が意見書)


安楽死とは、末期がんを初めとした「治療不可能」かつ「苦痛の強い」疾患の患者を救済するため、医師などが積極的あるいは消極的手段によって死に至らしめること、とされています。今回のケースの場合、消極的安楽死と呼ばれ、これ以上の延命治療、努力をしないで死に致しめたと考えられます。

昭和37年の名古屋高裁の判決によると、安楽死は以下の6つの要件を満たせば違法性が阻却されるとされています。
1.死期が切迫していること
2.耐え難い肉体的苦痛が存在すること
3.苦痛の除去・緩和が目的であること
4.患者が意思表示していること
5.医師が行うこと
6.倫理的妥当な方法で行われること


家族の強い希望があったことや、すでに脳死状態に至っていたことを考えると、このようなケースでは認められても良いのではないかとも考えられますが、患者が意思表示がないことなど、上記要件を満たしてはいません。

このような問題が起こるたび、ガイドライン作りや法的整備が望まれるのですが、なかなか難しい問題のようです。

【関連記事】
脳死判定:必要な脳波データ保管せず 金沢大病院で判明

「終末期医療」でガイドラインができる?

エタノール燃料も人体への悪影響はガソリンと大差ない?

エタノールは環境に優しい、クリーンな自動車燃料として推奨され、日本でも輸入製品が出回り始めたが、手放しで歓迎とはいかないようだ。同製品の広範囲での使用が、将来的に呼吸器疾患による死亡や入院の増加を招くことが、科学誌「Environmental Science & Technology」4月18日オンライン版掲載の米国の研究で指摘されている。
 
米スタンフォード大学(カリフォルニア州)大気科学者のMark Z. Jacobson氏らは、大気状況をミュレーションするコンピュータモデルを用いて、エタノール85%とガソリン15%を混合したE85燃料の車が広範囲で使用された場合の、2020年時点での米国の大気状況を検討。

研究では、E85の使用により、大気中の発癌物質であるベンゼンとブタジエンは減少する一方で、ホルムアルデヒドとアセトアルデヒドは増加。その結果、E85による発癌率はガソリンと同じであることが示された。また、スモッグの主成分であるオゾンが、ロサンゼルスと米北東部で著明に増加するのに対し、南西部では減少。それに伴いオゾン関連の死亡件数がガソリンに比べ年間約200件の割合で増え、うち約120件がロサンゼルスで発生することが示された。

これらの原因による死亡率は、2020年には、ガソリン車に比べ全米で約4%、ロサンゼルスでは9%それぞれ増加すると予測している。またE85は、喘息関連の救急室搬送および入院数を大幅に増加させることも示された。

エタノールの有害性はトウモロコシ、スイッチグラスなど原料を問わない。Jacobson氏は、エタノールはガソリン燃料による汚染と同じくらい有害であるにもかかわらず、なぜバイオ燃料を推奨するのか疑問を投げかけている。米国でのガソリン汚染による早期死亡は毎年約1万件に達している。

Jacobson氏は「風力や太陽光の転換エネルギーで走る電気自動車、プラグインハイブリッド車、液体水素燃料電池車などは、毒性物質やグリーンハウスガスの排出は実質的にゼロで、土地への悪影響もほとんどない。エタノールの原料のトウモロコシやスイッチグラスを大量に生産するには広大な土地を耕す必要がある」と述べている。
(人体への悪影響はガソリンと大差ないエタノール燃料)


アセトアルデヒドは、二日酔いの原因として有名。
多くの生物にとって有害で、アルデヒド基がタンパク質の側鎖のアミノ基と反応を起こし、さらには架橋反応に進むため、これを凝固させる作用を持ちます。それを利用したものに生物学研究におけるホルマリン固定やグルタールアルデヒド固定があります。他にも、ブドウ糖のようなアルドースが、糖尿病において次第に血管のコラーゲンやエラスチン、水晶体のクリスタリンなどといった高寿命タンパク質を蝕み、こうしたタンパク質を多く含む器官に損傷を与えるのも、同じ原理によります。

ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群などでも有名ですね。
人体へは、粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こす。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を生じます。国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され、発癌性があると警告されています。

次世代の代替エネルギーとして期待されていますが、エタノールも有害性をもつというような研究結果になってしまったようです。今後は、風力や太陽光の転換エネルギーで走る電気自動車、水素燃料を用いた自動車などが必要となってくるようです。

【関連記事】
スーパーコンピューターでネズミの脳活動の再現に成功

健康診断もネットで済ます時代?「ヘルスバンク」が人気
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧