タレントの宮尾すすむ(みやお・すすむ、本名・山口進=やまぐち・すすむ)さんが12日午後2時56分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。77歳。軽妙な語り口のテレビリポーターとして人気を集め、テレビ朝日系「モーニングショー」の中の人気企画「ああ日本の社長」は長く続いた名物コーナーだった。2007年に急性硬膜下血腫で入院するなど、近年は病気がちで、表舞台から遠ざかっていた。17日に通夜、18日に葬儀・告別式が営まれる。

大きな目に元気な声、右手を顔に添え「ハイッ! 宮尾すすむです!」の決めゼリフでお茶の間の人気を獲得した宮尾さん。ワイドショーの顔として活躍したが、その声はもう聞けない。

13日夜に都内で会見した長男でタレントの山口雅史(35)によると、宮尾さんは6月中旬に体調を崩し、食道がんと診断された。手の施しようがなく、医師には「余命3か月」と言われていたという。7月8日に容体が悪化。最後は山口が実況を担当するプロレスのVTRが流れる中、息を引き取った。山口は「父は『仕事の準備を一生懸命して人に楽しんでもらいなさい』とよく言っていた。とにかくありがとうと言いたい」と涙ながらに思い出を振り返った。

近年は病気続きだった。宮尾さんは92年に顎下腺腫瘍(がくかせんしゅよう)、94年には腸捻転、02年に腰痛や前立腺肥大の手術を受けた。07年5月には都内で車を運転中に意識を失い、前の車に追突、急性硬膜下血腫と診断された。表舞台から遠ざかり、最近は水頭症や肺炎の検査を受けていたという。
(宮尾すすむさん死去…6月食道がん発見も時遅く)

食道癌とは


食道癌とは、食道に発生した上皮性悪性腫瘍を指します。好発年齢は60歳代となっています。治療成績の向上が得られてきており、現在では手術死亡率は数%、手術治療成績も5年生存率が20%台から50%へと達するようになっています。

発症のリスクファクターとしては、喫煙や飲酒があり、特に両者の相乗作用との関係がいわれ、1日20本以上喫煙し3合以上飲酒する群が他の群と比べ、食道癌の発生に有意な差のあることが指摘されています。また、食道アカラシアや腐食性食道狭窄、Barrett食道などに癌発生頻度が高いと指摘されています。

色素内視鏡や超音波内視鏡検査の普及に伴い、早期食道癌の発見される機会が著しく増加したため、早期食道癌発見の機会があがっています。そうした症例では、内視鏡的粘膜切除術(endoscopic mucosal resection:EMR)が行われることも増えてきました。

症状としては、早期癌では食物がしみたり、食べ物の通過障害感、胸骨後部異常感などの軽度の食道症状が起こりえます。

進行癌となると、狭窄が高度になり、嚥下障害が強くなってきて、悪心・嘔吐がみられることもあります。嘔吐は、初期には食物のみですが、狭窄が進むと唾液や粘液までも吐出してきます。

このように表在癌の症例では、症状を認めないのがおよそ半数程度でありますが、一方、進行癌では愁訴がないのはわずか5%程度であり、狭窄感、嚥下障害を有する症例が半数を占めます。

食道には漿膜がないため、周囲臓器への浸潤が起こりやすく、胸痛や背痛がみられたり、気道との間の瘻孔形成により激しい咳が起こることもあります。また、反回神経麻痺による嗄声などがみられることもあります。

食道癌の早期発見や存在診断は、消化管造影検査および内視鏡検査が主に行われています。特に、早期発見には、内視鏡検査(粘膜癌の診断や1cm 以下の微小癌の発見に大きな役割を果たしている)が主に行われています。

食道癌の診断は内視鏡検査が先行され、次いで精密検査としてX線造影検査が選択される傾向があるようです。内視鏡検査は病変の指摘が短時間で容易にでき、X線造影検査は病巣部の正面像・側面像から病巣の深達度、内視鏡所見では描出しにくい粘膜下の病変の広がりなどが分かるからです。

その他、超音波検査、CT検査、MRI検査、超音波内視鏡検査なども行われます。これらにより、臨床の現場においては食道癌の周囲臓器浸潤、リンパ節転移診断、他臓器への転移診断などが主な役割となっています。また、近年では拡大内視鏡検査やFDG-PET検査の有用性も認められつつあり、食道癌の診断に用いられつつあります。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む