以下は、ザ!世界仰天ニュースで取り上げられていた内容です。

1990年、地中海に浮かぶ島、キプロスの大きな邸宅で少女ダーセルは育った。その時4歳になる彼女は小さな疑問を抱いた。なぜ家に遊びに来る友だちの肌は皆白いのだろう?

実は、ダーセルはトリニダード・トバゴ出身のアフリカ系の有色人種。父の仕事の都合からキプロスに移り住んでいたのだった。幼き頃に引越した事から、彼女はまだ自らの家族以外に黒い肌の人を知らなかった。

そんなある日、目覚めた彼女の額に白いはん点が現れた。それは皮膚の色素が失われる“白はん"と呼ばれる病であった。日を追うごとに増える皮膚のまだら模様に対する周囲の冷たい視線、心ない言動・・・。傷ついた彼女を救ってくれたのは、あのマイケル・ジャクソンだった!同じ病を抱えていても、強く生きるマイケルの姿に感化されたダーセルは、病気に負けないと心に決めたのであった。

そんな彼女の部屋を仰天スタッフが訪ねると、迎えてくれたのは全身真っ白な肌をしたダーセルであった。なんと彼女の体の白いはん点は徐々に広がっていき、19歳のころにはほとんど真っ白な肌になってしまっていた。そんな彼女は今ロンドンでファッションデザイナーとして強く生きている。

尋常性白斑とは


尋常性白斑は「白なまず」とも呼ばれ、後天性に皮膚に白斑を生じる疾患です。

白斑の分布により、左右対称性に広範囲に生ずる「汎発型」、単発または数個が生ずる「限局型」、神経支配領域に一致して生じる「分節型」に分類されます。非分節型(A型)と分節型(B型)に分けられることもあり、両者は病因も自然経過もまったく異なります。

尋常性白斑全体で人口の1〜2%、非分節型白斑対分節型白斑の比は3:1であるといわれています。

非分節型白斑の病因は自己免疫説が一般的で、最近酸化ストレス説が強調され、抗酸化剤の有効性を報告するものもあります。関与する免疫機序については、液性免疫、細胞性免疫両者についての報告があり、特定されていません。

一方、分節型白斑の原因は局所自律神経、特に交感神経の異常が考えられています。

経過としては、非分節型白斑は全年齢層に初発し、初めは少数の白斑をみるのみですが、鎮静期と増悪期を繰り返しながら次第に数と大きさを増し、生涯進行性でついには全身に及びます。

進行期にはケブネル現象(外的刺激を受けた部位に疾患固有の病巣が出現する現象)がみられ、関節背面や脂漏性湿疹が起こりやすい部位に好発します。

分節型白斑は小児や30歳くらいまでの若年者に初発し、ある小範囲の皮膚に生じた白斑がその部を含む皮膚分節(帯状疱疹の発症範囲)内に急速に拡大、数ヶ月ないし数年で進行は止まって、以後はそのままの状態で生涯存続します。小児期発症例では思春期を挟んで20〜30%の自然退縮があります。

尋常性白斑の治療


治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む