お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病で骨髄移植を受けていた−吉井怜さん

96年にテレビ東京の情報番組でテレビデビューし、99年、フジテレビビジュアルクイーンに選ばれて一躍注目を浴びた吉井怜チャン。しかし、翌年、急性白血病に倒れ、02年まで闘病生活を送った。さて、今どうしているのか。

「2年前にも写真集を出しましたが、露出度は今回の方が断然高いですね。男性が女の人と旅行に行ったとき、こんなシチュエーションがあったら燃えるだろうなあ、って想像して試行錯誤したんです。どうすればカッコよく肌を見せられるかを考え、衣装や小道具を使って、体のラインが強調されるような演出もしましたし」

目黒にある所属事務所で会った怜チャン、明日発売の写真集「吉井怜 デビュー15周年記念写真集 『 ここから 』」を手に、こういってほほ笑んだ。目の前にはホットパンツから伸びたスレンダーな美脚が。また、写真集をパラパラと見れば、怜チャンがセクシーな肢体をさらしている。いやあ、タマリマセン。11年前に発症した急性白血病はもう大丈夫なようだ。

「ハイ、年1回、経過観察のために健康診断を受けるだけ。おかげさまで、すこぶる元気です。ただ、性格が変わったってよくいわれますね。ワタシは母から骨髄を移植してもらい、血液型がAからOに変わったんですけど、骨髄移植後はドナーの性格やしぐさがうつることがあるそうで、ワタシ、母と同じように身ぶり手ぶりを交えて話すことが多くなったみたいなんです。で、みんなが“オバサンくさい”って。ヒドいですよね、ハハハ。でも、おかげで以前と比べ、母とは何でも話せるようになった気がします」

闘病記「神様、何するの…―白血病と闘ったアイドルの手記」は02年に出版され、翌年、怜チャンと仲がいい宮地真緒主演でドラマ化された。
(急性白血病で倒れちゃった吉井怜チャン)



急性骨髄性白血病とは


急性骨髄性白血病とは、遺伝子異常が骨髄性前駆細胞に生じ、腫瘍化したクローンがさまざまな段階で分化能を失い、幼若な芽球(白血病細胞)が自律的に増殖する造血器腫瘍です。

増殖の主体である芽球(blast:骨髄芽球、単芽球、前赤芽球、巨核芽球)が、骨髄中有核細胞分画の中で20%以上を超えるもの(WHO分類にて。(従来のFAB分類では30%以上)を指します。

病型によっては一部、分化能が認められますが、基本は骨髄系芽球が急速に増加し、造血障害と全身臓器浸潤をきたす血液悪性腫瘍性疾患です。

AML幹細胞とその子孫である白血病細胞は、特有の染色体異常を認めることが多く、遺伝子異常を認め(多くは癌遺伝子が絡んでいる)、自律性増殖をきたします。したがって、白血病細胞は正常造血に対して増殖優位性を示すようになり、やがて骨髄は白血病クローンに取って代わられます。

結果、骨髄において、白血病細胞が増殖すると正常造血は抑制されてしまいます。その結果、正常な赤血球、白血球、血小板が造られなくなり、貧血や感染、出血傾向などのさまざまな症状が出現することになります。

世界標準であるFAB分類では、
Mo:最未分化型急性骨髄性白血病minimally differentiated AML
M1:未分化型急性骨髄性白血病AML without maturation
M2:分化型急性骨髄性白血病AML with maturation
M3:急性前骨髄球性白血病acute promyelocytic leukemia;APL
M4:急性骨髄単球性白血病acute myelomonocytic leukemia
M5:急性単球性白血病acute monocytic leukemia(未分化型単球性白血病M5a、分化型単球性白血病M5b)
M6:赤白血病erythroleukemia
M7:急性巨核芽球性白血病acute megakaryocytic leukemia
これら8型に分類されています。

急性骨髄性白血病の治療


急性骨髄性白血病の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

急性骨髄性白血病で治療していた−ノブハヤシさん

11月8日(日)大阪・はびきのコロセアムにて国際チャクリキ協会「チャクリキ ファイティング カーニバル 2009」が行われた。

今大会では急性骨髄性白血病を克服したノブハヤシが復活第1弾 特別エキジビションとしてリングに登場。学生時代に円盤投げや砲丸投げといった陸上競技で活躍、“スーパーヘビー級の秘密兵器"と呼ばれるチャクリキ関西の角谷正義と対戦し、リング上で元気な姿を見せた。
(ノブハヤシが白血病を克服し復活!キック&空手で6人の王者が誕生)

急性骨髄性白血病とは


急性骨髄性白血病とは、遺伝子異常が骨髄性前駆細胞に生じ、腫瘍化したクローンがさまざまな段階で分化能を失い、幼若な芽球(白血病細胞)が自律的に増殖する造血器腫瘍です。

増殖の主体である芽球(blast:骨髄芽球、単芽球、前赤芽球、巨核芽球)が、骨髄中有核細胞分画の中で20%以上を超えるもの(WHO分類にて。(従来のFAB分類では30%以上)を指します。

病型によっては一部、分化能が認められますが、基本は骨髄系芽球が急速に増加し、造血障害と全身臓器浸潤をきたす血液悪性腫瘍性疾患です。

AML幹細胞とその子孫である白血病細胞は、特有の染色体異常を認めることが多く、遺伝子異常を認め(多くは癌遺伝子が絡んでいる)、自律性増殖をきたします。したがって、白血病細胞は正常造血に対して増殖優位性を示すようになり、やがて骨髄は白血病クローンに取って代わられます。

結果、骨髄において、白血病細胞が増殖すると正常造血は抑制されてしまいます。その結果、正常な赤血球、白血球、血小板が造られなくなり、貧血や感染、出血傾向などのさまざまな症状が出現することになります。

世界標準であるFAB分類では、
Mo:最未分化型急性骨髄性白血病minimally differentiated AML
M1:未分化型急性骨髄性白血病AML without maturation
M2:分化型急性骨髄性白血病AML with maturation
M3:急性前骨髄球性白血病acute promyelocytic leukemia;APL
M4:急性骨髄単球性白血病acute myelomonocytic leukemia
M5:急性単球性白血病acute monocytic leukemia(未分化型単球性白血病M5a、分化型単球性白血病M5b)
M6:赤白血病erythroleukemia
M7:急性巨核芽球性白血病acute megakaryocytic leukemia

これら8型に分類されています。

さらに、FAB分類に含まれない特殊病型とWHO分類では、
・急性混合型白血病acute mixed lineage leukemia(AMLL)
・AML with trilineage myelodysplasia(AML/TLD)
・低形成白血病acute hypoplastic leukemia
・二次性白血病secondary leukemia(治療関連白血病therapy related leukemia)
このようなものが含まれています。

急性骨髄性白血病の診断


臨床症状としては、白血病細胞が骨髄を占拠するために起こる骨髄不全症(赤血球、顆粒球、血小板産生低下)と白血病細胞が増殖することによって生じる症状とに大別されます。

骨髄不全症では貧血、感染(熱発)、出血傾向がおこります。白血病細胞が増殖することによって生じる症状としては、白血球増多症や白血病細胞の臓器浸潤による臓器障害です。
 
貧血は中等度のことが多いですが、出血傾向が強く出血量が多いと当然貧血も強くなります。熱発はほぼ頻発し敗血症、肺炎、病巣不明などによる高熱が多いです。好中球減少による易感染状態にあるために日和見感染が多いです。起炎菌は細菌(緑膿菌、肺炎桿菌、大腸菌、腸球菌、ブドウ球菌など)、真菌、ウイルスなどあらゆる種類に及びます。好中球減少症はさらに薬物療法を加えることによって、その程度は強くなり好中球減少性大腸炎などもみられます。

出血傾向は主に血小板減少症のためであり、全身のあらゆる部位に起こりえます。さらに、凝固線溶異常を伴う播種性血管内凝固症候群(DIC)を併発することもまれではなく、この場合は重篤な出血が多いです。特に、急性前骨髄球性白血病(AML-M3)の白血病細胞では、豊富なアズール顆粒に凝固線溶活性物質を有しており、著明なDICを惹起します。

白血病細胞は肝、脾、腎などに浸潤し、それぞれの臓器機能不全をきたします。単球性白血病(AML-M4,M5)では著明な白血球増多症を伴う場合、特徴的に歯肉腫脹をきたすことが知られています。また皮膚に腫瘤を形成しやすく、leukemia cutisと呼ばれています。末梢血に著明な白血球増多をきたすと過粘稠症候群などを起こしやすくなります。

診断には、こうした臨床症状、血液検査に加え、骨髄検査が確定診断には必須となります。1999年に提唱されたWHO分類では、骨髄における芽球比率が20%以上であることと定義されました(従来のFAB分類では30%以上)。

骨髄穿刺にて芽球の形態学的検査、ペルオキシダーゼ染色などの細胞化学的検査、細胞表面マーカー、染色体検査、遺伝子検査などを行い白血病細胞の生物学的特徴を明らかにします。WHO分類は形態学的異常に加え、遺伝子異常や臨床的特徴を考慮して分類されています。

急性骨髄性白血病の治療


急性骨髄性白血病の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧