お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

悪性リンパ腫

濾胞性リンパ腫の治療後、寛解に−SOPHIA・都啓一さん

メンバー・都啓一が血液のがんである濾胞性(ろほうせい)リンパ腫を発病し、治療のため昨年4月から活動を休止していたロックバンド・SOPHIAが13日、約1年4ヶ月ぶりのワンマンライブを東京・日本武道館で行った。

待ちわびたファン1万1000人の前に元気な姿で登場した都は「ただいま」と挨拶し、約3時間半にわたって行われたライブを完走した。

『HAPPY BIRTHDAY SOPHIA 〜SOPHIAが生まれ変わる日〜』と題されたライブでは、「今日という日を本当に待ち望んでいました。がんに勝った都を伴って帰ってきたよ!」とボーカルの松岡充が報告すると、会場は大歓声に包まれた。都の体調を気遣い、休憩を挟む2部構成で行われたライブはアンコールを含め全24曲を披露。デビュー曲「ヒマワリ」から最新曲「cod-E〜Eの暗号〜」まで、デビューから16年の集大成ともいえる内容でファンを魅了した。

途中、都は「1年前は正直不安でいっぱいでした」と当時の心境を語ると、松岡は「都が寛解したのは本当に奇跡」と喜び、「何ができるかわからないけれども、とにかく前に突き進む」と宣言。新たな活動の幕開けとなった彼らの今後の活躍に注目だ。
(SOPHIA、メンバー・都啓一がん克服で復活ライブ)

悪性リンパ腫とは


悪性リンパ腫は、リンパ節や全身のリンパ組織に存在する、リンパ球系細胞の悪性腫瘍です。リンパ節は、首もとやわきの下、足の付け根など、全身にあります。リンパ組織とは、胸腺、脾臓、扁桃腺、リンパ管などにあり、こういったところに発生する可能性があります。

若年者にもみられますが、30歳以上では年齢とともに増加します。男女比は2:1で男性に多いです。日本の悪性リンパ腫の発生率は10万人当たり約5人であり、欧米の約12人に比べて低いです(この理由としては、節性リンパ腫であるHodgkin病と濾胞性リンパ腫の発生率が低いためです。節外性リンパ腫の占める割合が相対的に高くなっています)。

病理組織学的所見から、Hodgkin(ホジキン)病と非Hodgkinリンパ腫(NHL)とに大別されます。

ホジキン病は、リード-ステルンベルグ(Reed-Sternberg)細胞の出現する特徴のあるリンパ腫です(ただ、その起源はまだ分かってません)。背景の多彩な細胞を病理組織学的特徴とするリンパ系腫瘍で、悪性リンパ腫全体の5〜10%を占めます。

好発年齢は若年者と中・高年者の2相性です。ホジキンリンパ腫は頸部に発生することが多く、連続性に進展し、しばしば縦隔に巨大腫瘍をきたします。

非ホジキンリンパ腫の大多数は、Bリンパ球あるいはTリンパ球の腫瘍であることが判明しています。そこで、非ホジキンリンパ腫は、形態学的特徴(病理学的分類)、細胞系質的特徴(B細胞性、T細胞性、NK細胞性)、染色体・遺伝子情報などをもとに分類されます。また、発症してからの病気の進行速度によっても分けることができます(年単位で進行する低悪性度、月単位で進行する中悪性度、週単位で進行する高悪性度など)。

一般的に低悪性度のものには、ろ胞性リンパ腫、MALTリンパ腫などが該当し、中悪性度のものにはびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫や未分化大細胞リンパ腫など、高悪性度のものにはリンパ芽球性リンパ腫、バーキットリンパ腫などが該当します。

濾胞性リンパ腫は、非ホジキンリンパ腫、特にB細胞リンパ腫に含まれます。欧米諸国では悪性リンパ腫の20〜30%を占めるのに対し、日本ではその半分程度(全悪性リンパ腫の約10〜15%)と少ないです。進行が緩徐で、生存期間中央値は7〜10年と比較的長いと言われています。

付加的染色体・遺伝子異常を獲得し、病理組織学的にびまん性大細胞型B細胞リンパ腫へと進展します。治癒しないと考えられるため、病勢が進行し症状が出現するまでは無治療経過観察(watchful waiting)されることが多かった時期がありました。

しかし、リツキシマブが導入され、R-C(H)OPで長期寛解が得られるようになっています。また、寛解維持療法としてのリツキシマブの有効性も示唆されています。

こうした治療については、以下のように行います。続きを読む

悪性リンパ腫で闘病中、肺炎で亡くなる−横澤彪さん

元フジテレビゼネラルプロデューサーの横澤彪(よこざわ・たけし)さんが8日死去したことが分かった。73歳だった。

昭和50年代、お笑い番組「THE MANZAI」で、漫才のツービート(ビートたけしさん、ビートきよしさん)や島田紳助さんらを見いだし、お笑いブームを巻き起こした。

その後、スタッフが番組に登場するなど、それまでのバラエティー番組の常識を覆す「オレたちひょうきん族」をヒットさせ、フジテレビの昼の看板番組で28年間続く「笑っていいとも!」など長寿番組の基礎を築いた。

番組制作を通じ、明石家さんまさん、タモリさんら多くの人気タレントを育て、その後のバラエティー番組制作に大きな影響を与えた。

平成7年にフジテレビを退社。人気タレントが多数所属する吉本興業(大阪)に入社、東京本社代表などを歴任し同社の東京進出に貢献した。その後、鎌倉女子大教授などを務め、最近はフリーで執筆活動などをしていた。

平成17年には悪性リンパ腫が判明。入退院を繰り返しながらも精力的に仕事を続けていた。
(元フジテレビゼネラルプロデューサー 横澤彪氏死去)

悪性リンパ腫とは


悪性リンパ腫は、リンパ節や全身のリンパ組織(胸腺、脾臓、扁桃腺、リンパ管など)に存在する、リンパ球系細胞の悪性腫瘍です(腫瘍の起源や、腫瘍化の過程も単一ではありません)。

若年者にもみられますが、30歳以上では年齢とともに増加します。男女比は2:1で男性に多いです。日本の悪性リンパ腫の発生率は10万人当たり約5人であり、欧米の約12人に比べて低いです(この理由としては、節性リンパ腫であるHodgkin病と濾胞性リンパ腫の発生率が低いためです。節外性リンパ腫の占める割合が相対的に高くなっています)。

病理組織学的所見から、Hodgkin(ホジキン)病と非Hodgkinリンパ腫(NHL)とに大別されます。

ホジキン病は、リード-ステルンベルグ(Reed-Sternberg)細胞の出現する特徴のあるリンパ腫です(ただ、その起源はまだ分かってません)。背景の多彩な細胞を病理組織学的特徴とするリンパ系腫瘍で、悪性リンパ腫全体の5〜10%を占めます。

好発年齢は若年者と中・高年者の2相性です。WHO分類では、結節性リンパ球優勢型と古典型に大別され、後者はさらに結節硬化型、混合細胞型、リンパ球豊富型、リンパ球減少型に分類されます。結節硬化型の頻度が最も高いです。ホジキンリンパ腫は頸部に発生することが多く、連続性に進展し、しばしば縦隔に巨大腫瘍をきたします。

非ホジキンリンパ腫の大多数は、Bリンパ球あるいはTリンパ球の腫瘍であることが判明しています。そこで、非ホジキンリンパ腫は、形態学的特徴(病理学的分類)、細胞系質的特徴(B細胞性、T細胞性、NK細胞性)、染色体・遺伝子情報などをもとに分類されます。また、発症してからの病気の進行速度によっても分けることができます(年単位で進行する低悪性度、月単位で進行する中悪性度、週単位で進行する高悪性度など)。

一般的に低悪性度のものには、濾胞性リンパ腫、MALTリンパ腫などが該当し、中悪性度のものにはびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫や未分化大細胞リンパ腫など、高悪性度のものにはリンパ芽球性リンパ腫、バーキットリンパ腫などが該当します。

このように、「悪性リンパ腫」という病名は、さまざまなリンパ系組織の悪性腫瘍を大きくまとめて呼んでいます。それぞれ性質が異なるため、最適な治療を選択する上では、「悪性リンパ腫の中のどのようなタイプなのか」ということが非常に重要になってきます。

症状としては、首、腋の下、足のつけ根などのリンパ節の多い部位に無痛性のリンパ節腫脹がみられます(無痛性のリンパ節腫脹を初発症状として医師のもとを訪れることが多い)。Hodgkin病のリンパ節腫脹は、頸部、腋窩、鼠径部の順に多いです。非Hodgkinリンパ腫では、これらの表在リンパ節以外にも、眼瞼、鼻腔、扁桃、皮膚、甲状腺、乳房、睾丸、皮下軟部組織などに腫瘤をつくることがあります。

発熱、盗汗(ひどい寝汗)、体重減少がみられることがあり、この3つは病期分類でB症状と呼ばれ、重要視されています。全身掻痒感などがみられることもあります。場合によっては、腫瘍による圧迫や浸潤による症状、部位により浮腫、嚥下障害、呼吸困難、食欲不振などがみられることもあります。

診断には、リンパ節(もしくは節外病変)の生検が必須です(穿刺細胞診は有用でない)。こうした病理組織像に加え、フローサイトメトリー法や免疫組織染色による細胞表面形質解析や染色体分析も行い、遺伝子検査を行うこともあります。

身体診察としては、全身のリンパ節の触診が行われます。腫大したリンパ節は無痛性で、弾性硬(いわゆるゴム様)であり、表面平滑な状態です。通常、癒着はなく可動性がありますが、腫瘍細胞がリンパ節の被膜を越えると周囲と癒着します。また、急速に増大する場合は、被膜の伸展痛を生じることがあります。

ほかにも、悪性リンパ腫の広がりをみるため、Waldeyer輪(喉の奥に扁桃腺が輪状に並んでいる部分)の視診、呼吸音の聴診、肝脾腫、腹部腫瘤、胸・腹水の有無などをみたり、神経学的異常、たとえばHorner(ホルネル)症候群、脳神経や脊髄の障害、髄膜浸潤の所見などの有無を調べることも重要です。

血液検査では、特異的な所見はないです。ただ、ホジキン病では、リンパ球減少や好酸球増加がみられることがあります。非ホジキンリンパ腫で白血化すれば、リンパ腫細胞が認められます。血清可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)濃度やLDH値、症例によってはCRPが病勢を反映するといわれています。

病期(ステージ)分類は、身体診察やX線検査、エコー検査、CT検査、骨髄穿刺(生検)に加え、必要に応じてガリウムシンチグラフィー、髄液検査などの所見をもとに決定します。ステージは以下の通りです。
・I期 :単一リンパ節領域または限局した単一節外病変
・II期 :横隔膜の片側のみに病変
・III期:横隔膜の上下に及ぶ病変
・IV期 :リンパ組織以外の臓器にびまん性侵襲がある
B症状があればBを、なければAを付記します。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫で治療中−ポール・アレンさん

Microsoftの共同創設者Paul Allen氏の会社であるVulcanの従業員に米国時間11月16日に送信されたメモによると、Allen氏は癌と診断されたという。

Vulcanの最高経営責任者(CEO)でPaul Allen氏の妹でもあるJody Allen氏によれば、ホジキン病を克服したAllen氏は、非ホジキンリンパ腫と診断されたという。

Jody Allen氏のメモの内容は以下のとおりだ。
Vulcanと関連会社の従業員の皆様へ
Paulが先日、非ホジキンリンパ腫と診断されたことをお知らせしたいと思います。

彼は11月上旬にこの診断を受け、それから化学療法を始めました。医師によると、彼が患っているのは、比較的よく見られる種類のリンパ腫である、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫だそうです。

これは、Paulと家族にとって、つらい知らせです。しかし、Paulの経歴を知る方々はご存知のように、彼は25年ほど前にホジキン病を克服しており、彼は今回の病気にも打ち勝てると前向きに考えています。

Paul氏の体調は良好で、これまでと変わらず陽気に振る舞っています。彼は仕事を継続しており、Vulcanにおける自身の役割を変えることは考えていません。ただし、最も大事なのは彼の健康であり、われわれは何もそれを妨げることがないように配慮していきます。

皆様には、Paul氏のプライバシーを尊重して、オフィス以外でこの件に関する話をしないよう、われわれからお願いします。

何か質問がある場合は、ECメンバーにお尋ねください。

これを読んだ皆様がPaulの身を案じてくれることをわたしは知っています。そのことに前もって感謝します。

Jody
(マイクロソフト共同創設者のポール・アレン氏、癌と診断される)

非ホジキンリンパ腫とは


悪性リンパ腫は、リンパ節や全身のリンパ組織(胸腺、脾臓、扁桃腺、リンパ管など)に存在する、リンパ球系細胞の悪性腫瘍です(腫瘍の起源や、腫瘍化の過程も単一ではありません)。

若年者にもみられますが、30歳以上では年齢とともに増加します。男女比は2:1で男性に多いです。日本の悪性リンパ腫の発生率は10万人当たり約5人であり、欧米の約12人に比べて低いです(この理由としては、節性リンパ腫であるHodgkin病と濾胞性リンパ腫の発生率が低いためです。節外性リンパ腫の占める割合が相対的に高くなっています)。

病理組織学的所見から、Hodgkin(ホジキン)病と非Hodgkinリンパ腫(NHL)とに大別されます。

非ホジキンリンパ腫の大多数は、Bリンパ球あるいはTリンパ球の腫瘍であることが判明しています。そこで、非ホジキンリンパ腫は、形態学的特徴(病理学的分類)、細胞系質的特徴(B細胞性、T細胞性、NK細胞性)、染色体・遺伝子情報などをもとに分類されます。また、発症してからの病気の進行速度によっても分けることができます(年単位で進行する低悪性度、月単位で進行する中悪性度、週単位で進行する高悪性度など)。

一般的に低悪性度のものには、濾胞性リンパ腫、MALTリンパ腫などが該当し、中悪性度のものにはびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫や未分化大細胞リンパ腫など、高悪性度のものにはリンパ芽球性リンパ腫、バーキットリンパ腫などが該当します。

悪性リンパ腫の診断


症状としては、首、腋の下、足のつけ根などのリンパ節の多い部位に無痛性のリンパ節腫脹がみられます(無痛性のリンパ節腫脹を初発症状として医師のもとを訪れることが多い)。Hodgkin病のリンパ節腫脹は、頸部、腋窩、鼠径部の順に多いです。非Hodgkinリンパ腫では、これらの表在リンパ節以外にも、眼瞼、鼻腔、扁桃、皮膚、甲状腺、乳房、睾丸、皮下軟部組織などに腫瘤をつくることがあります。

発熱、盗汗(ひどい寝汗)、体重減少がみられることがあり、この3つは病期分類でB症状と呼ばれ、重要視されています。全身掻痒感などがみられることもあります。場合によっては、腫瘍による圧迫や浸潤による症状、部位により浮腫、嚥下障害、呼吸困難、食欲不振などがみられることもあります。

診断には、リンパ節(もしくは節外病変)の生検が必須です(穿刺細胞診は有用でない)。こうした病理組織像に加え、フローサイトメトリー法や免疫組織染色による細胞表面形質解析や染色体分析も行い、遺伝子検査を行うこともあります。

身体診察としては、全身のリンパ節の触診が行われます。腫大したリンパ節は無痛性で、弾性硬(いわゆるゴム様)であり、表面平滑な状態です。通常、癒着はなく可動性がありますが、腫瘍細胞がリンパ節の被膜を越えると周囲と癒着します。また、急速に増大する場合は、被膜の伸展痛を生じることがあります。

ほかにも、悪性リンパ腫の広がりをみるため、Waldeyer輪(喉の奥に扁桃腺が輪状に並んでいる部分)の視診、呼吸音の聴診、肝脾腫、腹部腫瘤、胸・腹水の有無などをみたり、神経学的異常、たとえばHorner(ホルネル)症候群、脳神経や脊髄の障害、髄膜浸潤の所見などの有無を調べることも重要です。

血液検査では、特異的な所見はないです。ただ、ホジキン病では、リンパ球減少や好酸球増加がみられることがあります。非ホジキンリンパ腫で白血化すれば、リンパ腫細胞が認められます。血清可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)濃度やLDH値、症例によってはCRPが病勢を反映するといわれています。

病期(ステージ)分類は、身体診察やX線検査、エコー検査、CT検査、骨髄穿刺(生検)に加え、必要に応じてガリウムシンチグラフィー、髄液検査などの所見をもとに決定します。ステージは以下の通りです。
・I期:単一リンパ節領域または限局した単一節外病変
・II期:横隔膜の片側のみに病変
・III期:横隔膜の上下に及ぶ病変
・IV期:リンパ組織以外の臓器にびまん性侵襲がある

B症状があればBを、なければAを付記します。

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療


治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

悪性リンパ腫から復帰へ−ジョニー大倉さん

7日の夜7時、台風18号が接近している中、東京銀座6丁目にあるライブハウス「タクト」で元キャロルのボーカル、ジョニー大倉のライブがあり、出向いた。

今春3月に悪性リンパ腫の手術をしたことから「死亡か?」という悪質なデマを流されたが、黒づくめの衣装で約200人のファンの前に現れたジョニーは「ガンは完治した!!」と英語で話し、満員のファンから大きな拍手が起きた。

そして「キャロルもビートルズも、すべてエルヴィス・プレスリーの志と心が出発点だった」とエルヴィスを礼賛し、なつかしいアメリカンポップスの名曲からライブは始まった。全30曲を歌いきった時、時計を見ると10時を回っていた。そしてアンコール曲、キャロルの「ファンキー・モンキー・ベイビー」を約200人とともに大合唱。熱狂の雰囲気の中、ライブは終了した。
(高須基仁のメディア国士無双 がん克服!ジョニー大倉の歌声に勇気もらった)

悪性リンパ腫とは


悪性リンパ腫は、リンパ節や全身のリンパ組織(胸腺、脾臓、扁桃腺、リンパ管など)に存在する、リンパ球系細胞の悪性腫瘍です(腫瘍の起源や、腫瘍化の過程も単一ではありません)。

若年者にもみられますが、30歳以上では年齢とともに増加します。男女比は2:1で男性に多いです。日本の悪性リンパ腫の発生率は10万人当たり約5人であり、欧米の約12人に比べて低いです(この理由としては、節性リンパ腫であるHodgkin病と濾胞性リンパ腫の発生率が低いためです。節外性リンパ腫の占める割合が相対的に高くなっています)。

病理組織学的所見から、Hodgkin(ホジキン)病と非Hodgkinリンパ腫(NHL)とに大別されます。

ホジキン病は、リード-ステルンベルグ(Reed-Sternberg)細胞の出現する特徴のあるリンパ腫です(ただ、その起源はまだ分かってません)。背景の多彩な細胞を病理組織学的特徴とするリンパ系腫瘍で、悪性リンパ腫全体の5〜10%を占めます。

好発年齢は若年者と中・高年者の2相性です。WHO分類では、結節性リンパ球優勢型と古典型に大別され、後者はさらに結節硬化型、混合細胞型、リンパ球豊富型、リンパ球減少型に分類されます。結節硬化型の頻度が最も高いです。ホジキンリンパ腫は頸部に発生することが多く、連続性に進展し、しばしば縦隔に巨大腫瘍をきたします。

非ホジキンリンパ腫の大多数は、Bリンパ球あるいはTリンパ球の腫瘍であることが判明しています。そこで、非ホジキンリンパ腫は、形態学的特徴(病理学的分類)、細胞系質的特徴(B細胞性、T細胞性、NK細胞性)、染色体・遺伝子情報などをもとに分類されます。また、発症してからの病気の進行速度によっても分けることができます(年単位で進行する低悪性度、月単位で進行する中悪性度、週単位で進行する高悪性度など)。

一般的に低悪性度のものには、濾胞性リンパ腫、MALTリンパ腫などが該当し、中悪性度のものにはびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫や未分化大細胞リンパ腫など、高悪性度のものにはリンパ芽球性リンパ腫、バーキットリンパ腫などが該当します。

このように、「悪性リンパ腫」という病名は、さまざまなリンパ系組織の悪性腫瘍を大きくまとめて呼んでいます。それぞれ性質が異なるため、最適な治療を選択する上では、「悪性リンパ腫の中のどのようなタイプなのか」ということが非常に重要になってきます。

悪性リンパ腫の診断


症状としては、首、腋の下、足のつけ根などのリンパ節の多い部位に無痛性のリンパ節腫脹がみられます(無痛性のリンパ節腫脹を初発症状として医師のもとを訪れることが多い)。Hodgkin病のリンパ節腫脹は、頸部、腋窩、鼠径部の順に多いです。非Hodgkinリンパ腫では、これらの表在リンパ節以外にも、眼瞼、鼻腔、扁桃、皮膚、甲状腺、乳房、睾丸、皮下軟部組織などに腫瘤をつくることがあります。

発熱、盗汗(ひどい寝汗)、体重減少がみられることがあり、この3つは病期分類でB症状と呼ばれ、重要視されています。全身掻痒感などがみられることもあります。場合によっては、腫瘍による圧迫や浸潤による症状、部位により浮腫、嚥下障害、呼吸困難、食欲不振などがみられることもあります。

診断には、リンパ節(もしくは節外病変)の生検が必須です(穿刺細胞診は有用でない)。こうした病理組織像に加え、フローサイトメトリー法や免疫組織染色による細胞表面形質解析や染色体分析も行い、遺伝子検査を行うこともあります。

身体診察としては、全身のリンパ節の触診が行われます。腫大したリンパ節は無痛性で、弾性硬(いわゆるゴム様)であり、表面平滑な状態です。通常、癒着はなく可動性がありますが、腫瘍細胞がリンパ節の被膜を越えると周囲と癒着します。また、急速に増大する場合は、被膜の伸展痛を生じることがあります。

ほかにも、悪性リンパ腫の広がりをみるため、Waldeyer輪(喉の奥に扁桃腺が輪状に並んでいる部分)の視診、呼吸音の聴診、肝脾腫、腹部腫瘤、胸・腹水の有無などをみたり、神経学的異常、たとえばHorner(ホルネル)症候群、脳神経や脊髄の障害、髄膜浸潤の所見などの有無を調べることも重要です。

血液検査では、特異的な所見はないです。ただ、ホジキン病では、リンパ球減少や好酸球増加がみられることがあります。非ホジキンリンパ腫で白血化すれば、リンパ腫細胞が認められます。血清可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)濃度やLDH値、症例によってはCRPが病勢を反映するといわれています。

病期(ステージ)分類は、身体診察やX線検査、エコー検査、CT検査、骨髄穿刺(生検)に加え、必要に応じてガリウムシンチグラフィー、髄液検査などの所見をもとに決定します。ステージは以下の通りです。
・?期:単一リンパ節領域または限局した単一節外病変
・?期:横隔膜の片側のみに病変
・?期:横隔膜の上下に及ぶ病変
・?期:リンパ組織以外の臓器にびまん性侵襲がある

B症状があればBを、なければAを付記します。

悪性リンパ腫の治療


悪性リンパ腫の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧