読売新聞の医療相談室で、以下のような相談がなされていました。
10年近く前から月に1、2回程度、のどの奥のひだの間に白い塊がつきます。家庭医学書では「慢性扁桃炎」とありましたが、どうすれば塊がつかなくなりますか。(65歳女性)

この相談に対して、自治医大病院・耳鼻咽喉科教授である市村恵一先生は、以下のようにお答えになっています。
免疫を担う臓器で、俗に「扁桃腺」とも呼ばれる扁桃のうち、のどのひだの間にあるものを「口蓋(こうがい)扁桃」と言います。鼻や口から入ってきた細菌などの刺激を常に受け続けるため、誰でも慢性的に軽い炎症を起こしていますが、炎症に加えて口臭や微熱などの症状が出た場合には、「慢性扁桃炎」と診断されます。

慢性的な炎症を繰り返していると、扁桃からはがれた細胞や白血球、細菌の死骸、食物の残りかすなどでできた「膿栓」という白い塊が、口蓋扁桃の表面に開いている多数の小さな穴にたまります。特に症状がなければ放置して構いませんが、膿栓では常在菌がとても繁殖しやすいので、独特の嫌なにおいが気になったり、膿栓がたまってのどの違和感が続いたりする時は、耳鼻咽喉科外来での治療の対象と考えられます。


慢性扁桃炎とは


扁桃は、そもそもアーモンドの種子の形に似ているため、アーモンドの別称である「扁桃」と命名されました。口蓋弓の中間にある陥没に位置する口蓋扁桃と舌根にある舌扁桃、咽頭円蓋にある咽頭扁桃はまとめてワルダイエルの咽頭輪と呼ばれます。

慢性扁桃炎は、急性炎症の反復を原因とする慢性化した口蓋扁桃の炎症を指します。喫煙、塵埃といった持続する物理・化学的刺激、慢性副鼻腔炎なども誘因となります。

ふだんの症状はないかあっても軽度で、咽頭不快感、異常感、微熱などがみられ、急性炎症を反復します。所見としては、扁桃の表面は肥厚し凹凸が著しく、前口蓋弓から軟口蓋にかけて発赤がみられます。腺窩内に膿栓をしばしば認め、圧迫すると膿汁が流出します。

急性炎症を起こすと、悪寒戦慄を伴う高熱を発し、咽頭痛、嚥下痛を伴うことがあります。食事摂取が困難となり、全身倦怠感、頭痛、関節痛、頸部痛も伴います。耳への放散痛もみられることはあります。

慢性扁桃腺炎の治療


慢性扁桃腺炎の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む