お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

慢性胃炎

ピロリ菌を除菌治療していた−松本人志さん

2013年03月31日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」にて、松本人志さんがヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)を除菌していたことを明らかにしていた。

無事に除菌が成功した、とのことであった。また、前説などを行なっている準レギュラーであるライセンス・藤原一裕も除菌を行なっていたことを明かしていた。

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)とは


ピロリ菌ことヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)は、ヒトなどの胃に生息するらせん型の細菌です。1983年バリー・マーシャル(Barry J. Marshall)らが、自らの体で菌の存在を証明したことでも有名です。HITOSI MATSUMOTO VISUALBUM “完成” [DVD]

ピロリ菌は幼児時に経口感染し、胃に数十年すみ続け、慢性胃炎を起こします。日本では40代以上の7割が感染しているといいます。日本の全人口の約50%が感染しているのではないかといわれ、年代が高い方が感染率も高いといわれています。そして、胃癌では最も重要な発がん因子であるとされています。

ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌やMALTリンパ腫などの発生につながることが報告されています。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となりうることが明らかになっている唯一の病原体です。

ピロリ菌を見つける検査には大きく分けて内視鏡を使わない方法と、内視鏡を使う方法があります。内視鏡を使わない検査方法は、何より内視鏡検査を受けずに済む、簡単に検査が行えるという大きなメリットがあり、よく使われています。

内視鏡を用いない検査方法
1)尿素呼気試験法:診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。内視鏡を用いない検査では、最も精度の高い診断法です。簡単に行える方法で、感染診断前と除菌療法後4週以降の除菌判定検査に推奨されています。

2)抗体法:ヒトはピロリ菌に感染すると、抵抗力として菌に対する抗体をつくります。血液中や尿中などに存在するこの抗体の有無を調べる方法です。血液や尿などを用いて、その抗体を測定する方法です。

3)抗原法:糞便中のピロリ菌の抗原の有無を調べる方法です。

内視鏡検査では、胃炎や潰瘍などの病気があるかどうかを直接観察して調べますが、それと同時に、胃粘膜を少し採取しそれを使って検査する方法です。
 
内視鏡を用いる検査 
1)培養法:胃の粘膜を採取してすりつぶし、それをピロリ菌の発育環境下で5〜7日培養して判定します。

2)迅速ウレアーゼ法:ピロリ菌が持っているウレアーゼという、尿素を分解する酵素の活性を利用して調べる方法です。採取した粘膜を特殊な反応液に添加し、反応液の色の変化でピロリ菌の有無を判定します。

3)組織鏡検法:胃の粘膜の組織標本に特殊な染色をしてピロリ菌を顕微鏡で探す組織診断方法です。

治療法としては、以下の様なものがあります。続きを読む

萎縮性胃炎で、がんが心配な68歳女性

YOUMIURI ONLINEで、「萎縮性胃炎 がんが心配」という記事が掲載されていました。
6年前、胃の内視鏡検査を受け、萎縮性胃炎と診断されました。薬は効果がありません。ピロリ菌はいないようですが、がんになる可能性が高いと言われ、不安でなりません。(68歳女性)

この相談に対して、昭和大藤が丘病院 消化器内科教授である高橋寛さんは、以下のようにお答えになっています。
萎縮性胃炎は、胃粘膜の慢性的な炎症によって、萎縮が起こる現象です。約80%がピロリ菌の感染によるもので、その他の原因としては化学物質や全身疾患が関係しています。

腹部の不快感、食欲不振、悪心、嘔吐、痛みなどを訴えることもありますが、自覚症状がない場合も多く、特有の症状はありません。

診断は造影剤(バリウム)を飲むエックス線検査や内視鏡検査で行います。根本的な治療法はなく、一般的には自覚症状がなければ治療の必要はありません。

慢性胃炎とは、胃の粘膜が持続的に炎症を起こし、粘膜の性状が変質する病気です。内視鏡検査によって診断すると、「表層性胃炎」、「萎縮性胃炎」、「肥厚性胃炎」の3つに分けることができます。

・表層性胃炎
胃の粘膜の表面だけに軽い炎症が起こったもの。そのまま萎縮性胃炎に移行するものもあります。

・萎縮性胃炎
胃の粘膜が薄くなり、胃腺が働かなくなって粘膜が萎縮してきます。高齢になるほど萎縮性胃炎の人の割合が増えてきます。

・肥厚性胃炎
萎縮性胃炎と逆に胃の粘膜が厚くなります。胃液や、その中の胃酸の分泌が増加し、過酸症がみられることがあります。

慢性胃炎の症状としては、上腹部の不快感や胃もたれなどがあらわれることがありますが、慢性胃炎特有の症状といったものはありません。また、長期にわたって自覚症状がない場合もあります。

疼痛は40〜85%にみられ、鈍痛のことが多いようです。また、膨満感、あるいは胃の存在を自覚するという訴えが20〜70%にみられます。その他、食欲不振、胸やけ、げっぷなどもしばしば認められます。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

ピロリ菌 胃粘膜の細胞死を抑制して持続感染していた

胃炎や胃潰瘍を引き起こし、胃がんの遠因ともされる「ピロリ菌」が、胃の粘膜に長期間にわたって感染し続ける仕組みを、東京大学医科学研究所などの研究チームが突き止めた。
 
ピロリ菌が胃の細胞に特殊なたんぱく質を注入することで細胞の新陳代謝が鈍り、菌を排除することができなくなるという。抗生物質で除菌できない耐性ピロリ菌に効く治療法の開発につながると期待される。研究成果は11日付の米医学誌に掲載される。

ピロリ菌は国内で6000万人以上が感染しているといわれる。胃の表面の粘膜に長期間とどまって胃炎などの原因になるほか、炎症が続くと胃がんの発症にもつながるとみられる。これまでの研究で、ピロリ菌は胃の細胞に付着して「CagA」と呼ぶたんぱく質を分泌することが知られていたが、その働きは詳しくわかっていなかった。
(東大など、ピロリ菌の長期感染のしくみ解明)


北海道大遺伝子制御研究所の畠山昌則教授(分子腫瘍学)らの研究グループが、胃がんの原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌による胃の粘膜破壊の仕組みを解明した際に、やはりCagAが原因であるとしていました。

粘膜を構成する細胞は、すき間なく並んでいますが、これは「PAR1」と呼ばれる酵素が細胞同士を結び付ける役割を果たしているとされています。ところが、ピロリ菌が作り出すタンパク質「CagA」は、PAR1と結合し、その機能を阻害するとのことです。

結果、菌が表面についた細胞は、周囲の細胞から切り離され、その結果生じた粘膜のすき間に胃酸が流れ込むと、胃炎や胃潰瘍が引き起こされる、と発表されていました。

ところが、今回の発表では「CagAの生成により、細胞死が通常の半分程度しか起きない」といったことが判明し、PAR1の阻害といった以上の関連性があると判明しました。

胃という強酸性の環境下に適応するため、ピロリ菌の恐るべき性質が、また明らかになったようです。

【関連記事】
ピロリ菌による胃粘膜破壊の仕組みを解明

ピロリ菌:がん発症の仕組み判明 免疫細胞の酵素「AID」利用
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧