お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

更年期障害

高橋真梨子さん、更年期障害を語る

今年で歌手デビュー40周年を迎えた高橋真梨子(64才)は、その40年間のうち35年連続で全国ツアーを行ってきた。しかし、その裏側にはあまり語ることのなかった苦悩の日々があった。the best 高橋真梨子

1972年に音楽バンド「ペドロ&カプリシャス」の2代目ボーカルにスカウトされ、1973年にデビュー。その後、『for you…』『桃色吐息』『はがゆい唇』『ごめんね…』など数々のヒット曲を世に送り出し、“バラードの女王”と呼ばれてきた。その高橋が体に不調を感じ始めたのは1996年ごろのこと。

「最初に何か変だなと思ったのは47、48才のころです。やる気がなくなったというか、今まで一生懸命やっていた掃除とか些細なことが手につかなくなったんです。何か変だなという感覚はあちこち出てきて、どこも悪くないのに頻尿だったり、お腹が痛くなったり、ホットフラッシュが出たり。そんなときに親知らずを抜いたり、歯の治療をしたことで体調がさらに悪化してしまって…」(高橋)

40代の後半から50代の閉経前後の約10年間、女性ホルモンが減少し卵巣の働きがゆっくりと衰えていく更年期。脳が女性ホルモンの分泌を促しても卵巣が応えられないため、脳がパニックを起こし、自律神経の乱れから体にさまざまな不調(更年期障害)が生じる。急に体が熱くなるホットフラッシュや、頭痛、耳鳴り、吐き気、動悸、めまい…その症状は100以上にのぼるといわれる。個人差はあるものの、多くの女性が最初は何かの病気なのではないかと不安に襲われる。

「ご飯も、飲み物ものどを通らなくなって、胃もムカムカする。食べ物も飲み物も見るのも嫌なくらい。病院で胃を診てもらっても何も悪いところはない。結構、ドクターショッピングもしましたよ。内臓や胃とか、MRIやCTも撮ったり、とにかくいろいろ診てもらったけど、別に悪い箇所はなく、結局、そういう年齢なんだと」(高橋)

更年期障害は、体だけでなくメンタル面にもイライラや倦怠感などの症状を引き起こす。そこからうつ症状などに悩まされる人も少なくない。高橋もそのひとりだった。仕事も3か月ほど休み、外にも出ず、家で寝たきり状態になってしまったという。

「仕事も、したいとは思うんですが、思うように体が動かない。じっとしとくしかない。でもじっとしているのが嫌で、イライラする。いざ動こうとすると動けないんです。今はホルモン補充療法なども一般的になりましたが、私たちの年代の人はあまり…ね。たまに精神安定剤や食欲の出る薬をのむ程度でした」(高橋)

そんな苦悩と闘う彼女を、ずっとそばで見守り、支えてきたのが、夫であり、彼女のプロデューサーでもあるヘンリー広瀬(69才)だ。互いに“戦友”といって共に歩んできたが、1993年にふたりは結婚した。当時の高橋を、ヘンリーはこう見ていた。

「食べられないからステージに立てない、食べられないから歌うことができなくなるっていう恐怖感が自分の中で膨れていったみたいで。その葛藤がどんどんひどくなってうつになってしまったんですね」
(高橋真梨子 更年期障害に伴う「うつ」「寝たきり」を告白)

更年期障害とは


更年期障害とは、更年期(閉経の前後約5年)に現れる多種多様の症候群で,器質的変化に相応しない自律神経失調症を中心とした不定愁訴を主訴とする症候群を指します。

原因としては、性腺機能の変化が視床下部の神経活動に変化をもたらし、神経性・代謝性のさまざまな生体変化を引き起こすことによると考えられています。一方で、更年期では、心理的・社会的にも不安定な時期であるため、その発現には社会的・心因的要因も大いに関与するといわれています。

具体的には、エストロゲン濃度の低下により、negative feedback機構が作動し、視床下部からLH-RHを、下垂体からはゴナドトロピン(LF、FSH)の過剰放出を促します。この機能亢進状態は視床下部に存在する自律神経中枢へ影響を及ぼし、自律神経失調の状態となると考えられます。

一方、心理的・環境的な要因は大脳皮質−大脳辺縁系を刺激するため視床下部の自律神経中枢にも影響を及ぼし、自律神経失調症を発症すると思われます。

症状としては、
・ホットフラッシュ(熱感、のぼせ、発汗)、不眠などを中心とした自律神経失調症状
・不安感、抑うつ、恐怖感、疲労感などの精神神経症状
の2つに大別されます。
このような症状は、上記でも現れており、更年期障害と言っても差し障りはないようにも思われます。

その一方で、「更年期うつ病」(初老期うつ病)といった言葉もあります。女性では閉経期に現れるうつ病で、これを更年期うつ病と言う場合もあります。女性だけでなく、男性にもみられます。

ですが、精神障害の診断と統計の手引き (Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)や疾病及び関連保健問題の国際統計分類(International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)では認めておらず、正式な病名としては次第に用いられなくなっています(躁鬱病に含まれています)。

不安、焦燥が強く、抑制が目立たない特徴もありますが(激越性うつ病といいます)、これは初老期にかぎらず老年期のうつ病でもみられます。不安、焦燥の背後に心気妄想、罪業妄想があることがあり、自殺企図の危険も高いので注意を要します。続きを読む

更年期にうつ病を発症したと告白−木の実ナナさん

2009年11月20日放送の「金曜日のスマたちへ」に木の実ナナさんがゲストとして出演していた。その中で、自身がうつ病であることを明かしていた。

2000年の新聞広告に、『私は、バリバリの「鬱」です』というキャッチコピーで登場、カミングアウトしている。「新しい時代の扉を開けようというくらいの意気込み」であったと語っている。更年期の時期にうつ病を発症したという木の実ナナさんは、当時のことをそう振り返っている。


しかし、当初は更年期障害だということも分からなかったという。「自分は、嫌なことがあっても持ち越さないタイプ。それが、ある日突然、起きたときに表情が曇っていた」という。さらに、舞台やテレビ出演などで、緊張する以外に、移動中や何気ない時にも、ドキドキと動悸がするようになった。

さらに、普段から汗っかきだというが、首から上が妙にのぼせるようになった。そして、軽い耳鳴りがするようになり、人と目線が合うと避けるようになったという。

そこで、病院に行って受診したところ、「自律神経失調症じゃないか」と診断された。結局、原因はわからないままだったが、どんどんと自分がイヤになり、自己否定などを行ったり、抑鬱といった症状が悪化していった。

前向きで人好きのする自分が一変、後ろ向きで、人に会いたくないと思うようにもなった。

イライラしている自分を抑え、作り笑いをする日々。原因も病名もわからず、ツライ日々を過ごしていた。家族にも心配かけてはいけないと、明るくふるまっていた。とにかく独りになりたく、暗いところにいたかった。きれいなものを見てもきれいと思わない。花を見ても感動もなくなったという。

そんな状態が2年半続いた。
我慢を続けていたが、ヘアメイクをしてもらっている時、スタッフが髪を触った瞬間に「ウワー!」と叫んでしまう。いつもならば、トイレに駆け込んで、ひとりで「ワーワー」と言って発散させるなどできたが、その瞬間は、「やめてー!」といった言葉が出てしまった。

すぐに謝ったが、スタッフは「ひとりで抱えていないで、相談して下さい。協力します」と言ってくれたそうだ。それからは、焦燥や動悸などといった症状が我慢できなくなると、スタッフである彼女に言って、独りになって休む時間をもらうようにしたそうだ。

病院に行っても病名がわからないという状態で、本屋もいろいろと回った。更年期のことを取り上げている雑誌を見ても、自分の状況には当てはまらない。そんな中、1冊の本と出会う。著者が自分と同様な、更年期障害とはまた異なる症状に悩んでいたそうだ。

そして、ある女性医師に「更年期うつ病」と診断される。1400日もの長き不安な状態に、ようやく終止符が打たれた。それからは、抗うつ剤と抗不安薬の内服で治療を行っている。

更年期障害とは


更年期障害とは、更年期(閉経の前後約5年)に現れる多種多様の症候群で,器質的変化に相応しない自律神経失調症を中心とした不定愁訴を主訴とする症候群を指します。

原因としては、性腺機能の変化が視床下部の神経活動に変化をもたらし、神経性・代謝性のさまざまな生体変化を引き起こすことによると考えられています。一方で、更年期では、心理的・社会的にも不安定な時期であるため、その発現には社会的・心因的要因も大いに関与するといわれています。

具体的には、エストロゲン濃度の低下により、negative feedback機構が作動し、視床下部からLH-RHを、下垂体からはゴナドトロピン(LF、FSH)の過剰放出を促します。この機能亢進状態は視床下部に存在する自律神経中枢へ影響を及ぼし、自律神経失調の状態となると考えられます。

一方、心理的・環境的な要因は大脳皮質−大脳辺縁系を刺激するため視床下部の自律神経中枢にも影響を及ぼし、自律神経失調症を発症すると思われます。

症状としては、熱感、のぼせ、心悸亢進、発汗、不眠などを中心とした自律神経失調症状と、不安感、抑うつ、恐怖感、疲労感などの精神神経症状の2つに大別されます。

このような症状は、上記でも現れており、更年期障害と言っても差し障りはないようにも思われます。

その一方で、「更年期うつ病」(初老期うつ病)といった言葉もあります。女性では閉経期に現れるうつ病で、これを更年期うつ病と言う場合もあります。女性だけでなく、男性にもみられます。

ですが、精神障害の診断と統計の手引き (Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)や疾病及び関連保健問題の国際統計分類(International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)では認めておらず、正式な病名としては次第に用いられなくなっています(躁鬱病に含まれています)。

不安、焦燥が強く、抑制が目立たない特徴もありますが(激越性うつ病といいます)、これは初老期にかぎらず老年期のうつ病でもみられます。不安、焦燥の背後に心気妄想、罪業妄想があることがあり、自殺企図の危険も高いので注意を要します。

うつ病とは


うつ病とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患です。

うつ病の頻度は一般人口の 2〜3%といわれています。中でも、うつ病相に加えて躁病相をもつ双極性障害は 0.5〜1%であり、平均発症年齢は20歳代後半〜30歳代と言われています。女性2:男性1と女性に多く、更年期に発症する頻度が高いといわれています。

DSM-IVの診断基準は、2つの主要症状が基本となります。それは「抑うつ気分」と「興味・喜びの喪失」です。この2つの主要症状のいずれかが、うつ病を診断するために必須の症状であるとされています。

「抑うつ気分」とは、気分の落ち込みや、何をしても晴れない嫌な気分や、空虚感・悲しさなどです。「興味・喜びの喪失」とは、以前まで楽しめていたことにも楽しみを見いだせず、感情が麻痺した状態です。

具体的なうつ病の診断手順は、i)うつ状態であることを確かめる、ii)身体疾患に伴ううつ状態を除外する、iii)併用する薬物起因性でないことを確かめる、といったことがあります。こうした鑑別を行い、その次にうつ病(内因性)の診断を下す順序が大切であると言われています。

また、最近の傾向としては、身体症状を前景とする軽症うつ病(仮面うつ病)が増加しているそうです。うつ病の8割が、一般診療科を受診するという報告もあります。身体に多彩な症状がみられ、症状の部位によって、多くの診療機関を受診(いわゆるドクター・ショッピング)しています。

よくある症状は、「睡眠障害」「全身倦怠・疲労」「全身のいろいろな部位の疼痛」の3つです。うつ病と診断された患者が初診時にどのような身体症状を訴えていたかを調べた結果(新臨床内科学第8版)、消化器症状が63%と最も多く、次に循環器症状20%、呼吸器症状14%、泌尿・生殖器症状6%、運動感覚器症状4%といわれています。

中でも、うつ病と消化器症状はきわめて関連が深いそうです。うつ病に伴う消化器症状として食欲不振78%、体重減少56%、便通異常44%、ガス症状33%、悪心・嘔吐29%、咽喉頭部・食道の異常感26%、腹痛23%、胃部不快感20%、口内異常感14%、胸やけ・げっぷ10%などが認められています。

うつ病の治療


うつ病の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

更年期障害治療の塗り薬が登場

ポーラ・オルビスホールティングス子会社の医薬品メーカーであるポーラファルマ(東京・品川)は2日、更年期障害治療薬「ディビゲル」の製造販売承認を取得したと発表した。保険適用を申請しており、薬価が決まった後、今秋にも発売する。保険適用が決まれば、初の塗るタイプの更年期障害治療薬になるという。
 
女性ホルモンの一種であるエストラジオールが有効成分で、1日1回、太ももか下腹部に塗って使う。卵巣摘出や閉経でエストラジオールが不足することで現れる、発汗やほてりなどの症状を改善する。1回の投与分を分包してある。
(ポーラファルマ、更年期障害治療に塗り薬・今秋にも発売)


更年期障害とは、ホルモン(エストロゲンの減少)の分泌バランスが崩れることにより起こる症候群です。主に、閉経期前後の45〜55歳ころの女性に起こります(男性もテストステロンの減少により起こります)。女性の場合、閉経期前後になると卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することにより起こります。

症状としては、以下のようなものがあります。
・自律神経失調症様の症状
めまい、急な動悸、冷や汗が出る、緊張するようなところではないのに脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、耳鳴りがする、腹痛、下痢、微熱、そのほか女性の場合は、生理不順といった生殖器症状が出現する。
・精神症状
情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。


治療としては、ホルモン補充療法(HRT)があります。これは、閉経前後に体内で不足してきたエストロゲンを、飲み薬や貼り薬として補充する療法です。エストロゲンを補充することによって、自律神経のバランスが整ってくるため、特に、ほてり・発汗・冷え・動悸などの血管系の不調や、うつなどの神経症状は改善されやすいといわれています。また、骨粗鬆症の予防にもなるといわれています。

治療を開始すると、乳房が張ってきたり、性器から出血するなどの副作用が表われることがあります。また、乳癌などの女性ホルモンによって増悪する腫瘍もありますので、定期的な癌検診が勧められます。

内服よりも、おそらく作用はマイルドになるのではないでしょうか。副作用の軽減もできるのではないか、と思われます。保険適用が効けば、広く使われるようになるのではないでしょうか。

【関連記事】
男性更年期障害?うつ病?吉田拓郎のHPで告白の波紋

適応障害とは:「職場性うつ」30代で増加のナゼ

奈美悦子さんも苦しんだ更年期障害

奈美悦子さん 46歳(発症当時)

今から10年前、女優業に加えバラエティ番組にも出演、多忙ながらも充実した日々を送っていた奈美悦子さん。ある日、言いようのない不安に襲われ、なぜか涙が止まらなくなってしまいました。

数日後、朝起きると、とてつもないだるさを覚えた奈美さん。芸能界の大先輩・加賀まり子さんから「更年期障害かも知れないから、一度調べてみた方がいい」とアドバイスされますが、「更年期は閉経後」と勘違いしていた奈美さんは、聞き流してしまいました。こうして更年期の罠にはまり込んだ奈美さんは、その後も様々な症状に襲われることになったという。

症状としては、
1)不安感
2)倦怠感
3)イライラする
4)強い不安感
5)冷え性
6)顔のほてり
7)幻覚
8)激しい動悸
9)呼吸困難

更年期障害は、ホルモンの分泌バランスが崩れることにより起こる症候群です。主に閉経期の50歳前後ころの女性に起こります。

症状としては、
・自律神経失調症様の症状
めまい、急な動悸、冷や汗が出る、緊張するようなところではないのに脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、耳鳴りがする、腹痛、下痢、微熱など。
・精神症状
情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。

「更年期障害」は、女性ホルモン・エストロゲンが急激に減少する、いわゆる更年期に発生しますが、実はこのエストロゲンは、30歳をピークに誰でも徐々に減り始めているのです。そして、エストロゲンが減ると、血管の収縮と拡張の調整がスムーズに行かなくなり、ほてり、足のむくみ、肩こりなど、様々な症状を引き起こします。だからこそ、更年期の前でも、不定愁訴と呼ばれる症状があったら要注意です。

更年期障害と向き合うことができるようになったのは、医師にされたアドバイスがきっかけという。

「更年期障害は恥ずかしいことではないんですから、隠す必要はありません。まずは身近な人にご自分のことを打ち明けて下さい。」そして、奈美さんは息子、倖大さんにこう言いました。「私更年期障害って言われたの。時々イライラしたり、気分が悪くなったりするかも知れないけど、更年期障害だから、そこんとこ一つよろしく!」自分では大変だと思っていた更年期障害を、何でもない事のように受け入れてくれた倖大さん。そんな息子のさり気なさが、奈美さんの気持ちを一気に楽にさせてくれたといいます。

治療法としては、ホルモン療法が有効とされています。その他、漢方薬や精神安定剤を使って治療することもあります。それ以上に、周囲の人たちの理解が重要だと、いう声もあります。内に秘めて悩むよりも、積極的にコミュニケーションをとるということが大切とのことです。
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧