お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

本当は怖い家庭の医学

本当は怖い歯茎のしみ〜口腔底癌〜

2007年03月13日放送の「本当は怖い家庭の医学」にて紹介されていた。

酒グセの悪さから昇進が遅れ、この春からようやく課長に昇進したK・Sさん。ところが昇進して間もないある日のこと、冷たいものを飲んだ瞬間、歯茎がピリッとしみるのを感じました。ほんの一瞬のことだったため、気に留めていなかったK・Sさんですが、その後も気になる症状が続きました。

症状としては、以下のようなものがあった。
1)歯茎がしみる
2)舌がピリピリする
3)舌が頻繁にピリピリする
4)歯がグラグラする

口腔底とは、舌を上に丸めて、舌の下にある部分です。普段はあまり目にすることがないのでこの症例のように「何だか舌がピリピリするけど…何ともないや」ということになってしまい、発見が遅れてしまうということになります。

このピリピリするという感覚は、口腔底にできた癌細胞が、舌神経(三叉神経第三枝)を刺激したためです。患部に症状がでないことが多いため、本来の病巣を見逃し、病を進行させてしまうことが多いのです。痛みのない腫れが起こります。

結果、癌は静かに拡大(浸潤)を続け、下顎骨にまで進行。歯がグラグラしたのはそのためでした。おまけにリンパ節転移で全身へと転移しました。

上記のような症状がありましたら、口腔底をチェックし、異変を見つけたらすぐに病院へ行かれたほうがよさそうです。

本当は怖い耳鳴り〜メニエール病〜

夫の仕事の都合で郊外に引っ越してきたT・Aさん(40歳 女性)。

息子が通う小学校のPTAに出席したところ、次の学校新聞の編集責任者を任されることに。真面目な性格のT・Aさんは子供が肩身の狭い思いをしないようにと張り切りますが、その時、遠くで汽笛が鳴っているような耳鳴りを感じます。それ以来、学校新聞のことが頭から離れない。近づいてくる締め切りに焦りを感じ始めていましたが、その後も気になる症状が続いた。

症状としては、以下のようなものがあった。
1)低い音の耳鳴り
2)耳が詰まったような感じがする
3)強いめまい
4)吐き気
5)再び強いめまい

メニエール病の原因は、現在のところ不明です。原因は不明ですが、その病気の本体は内耳の水ぶくれ状態(内リンパ水腫)ということがわかっています。体格では健康な人と比べて肥満者の割合が少ない、性格は几帳面・神経質と答える割合が高い、精神的・肉体的疲労、ストレス、睡眠不足などの状態の人に多い傾向があります。

発症年齢は30歳台後半から40歳台前半にピークを持つ山型です。有病率は主な個別調査では人口10万人当たり15〜18人といわれています。

症状としては、上記の通り、何のきっかけもなく、突然おこる激しいぐるぐる回る(回転性)めまいが特徴です。回転性のめまいは、30分位から数時間続きます。
多くは、めまいに、吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面が蒼白くなる、脈が速くなるなどの症状を伴います。
また、めまいと一緒に難聴や耳の塞がった感じ、あるいは耳鳴りなどの耳の症状が現れます。これらの耳の症状はめまいと一致しておきたり悪化したりしますが、めまいの軽快とともに元に戻ります。

治療としては、内科的な治療が主体です。
病態(内リンパ水腫)に対しては、水ぶくれを軽くする目的で利尿剤系統の薬を多く使います。中でも、イソソルビドが広く使われています。
また、内耳の神経細胞や内耳神経の活動を改善する目的で、ビタミン剤や末梢血流改善剤なども使います。しかし、薬による治療でめまい発作を止めることができず社会生活に支障をきたすような場合や、聴力が段々悪化して行くときには手術も行われます。

放っておくと…
メニエール病は内耳の病気なので、生命に危険をおよぼすようなことはありません。病気が完成しないうちに、早期の診断と治療を始めることによってメニエール病の進行をくい止め、または治癒させることができます。しかし、病気が完成してしまい、めまいと難聴の悪化と軽快を繰り返しているうちに、身体の平衡の乱れや難聴が進行し不可逆性になってしまいます。

【関連記事】
本当は怖い睡眠時無呼吸症候群
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧