2011年11月08日放送の「みんなの家庭の医学」にて、「ドライアイ」を特集していました。

ドライアイは、目の自覚症状と、涙の異常、目の表面の傷などで診断されますが、大きく分けて、
1) 涙液減少型(涙の量が少ない)
2) 蒸発亢進型(涙の蒸発が速い)
の2つのタイプに分類されるそうです。

「涙液減少型ドライアイ」の原因としては、加齢以外に、免疫の病気であるシェーグレン症候群や、レーシック手術を受けて数ヶ月以内の方、飲み薬や目薬の影響、糖尿病などがあります。また、涙の分泌には、男性ホルモンが関係していると言われ、一般にドライアイは女性に多く見られます。

「蒸発亢進型のドライアイ」の原因には、"3つのコン"である、パソコン・エアコン・コンタクトレンズが大きく関係しています。

パソコン作業中は、まばたきの回数が減るため涙が蒸発しやすくなります。エアコンの風にさらされたり、湿度や温度の低い冬場も、乾いた空気で涙の蒸発が増えます。さらに、コンタクトレンズは、目の表面の涙の広がりを悪くして、蒸発を増やします。

その他の原因として、涙の表面をコーティングする油成分が減る病気(マイボーム腺機能不全)、あるいは、まばたきが不完全な場合などがあります。

また、最近では「BUT短縮型」という新しいドライアイのタイプが見つかっています。このタイプは、目の表面の水濡れをよくする構造に異常をきたして、黒目の表面が涙に濡れにくくなっていることが原因ではないかと考えられています。目を開けた瞬間に、涙が崩れて広がりにくくなるため、乾きの症状が非常に強くなります。

今回、こうしたドライアイの解説をしていらっしゃった先生は、

京都府立医科大学 眼科学教室准教授 横井則彦 先生
でした。

また、ドライアイの治療方法としては、以下のようなものがあると解説されていました。続きを読む