お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

熱中症

熱中症の死者が8人に−埼玉県

埼玉県は17日、猛暑に見舞われた県内の16日の熱中症が原因とみられる死者が3人増えた、と発表した。これで同県内の16日中の死者は計8人になった。
 
県によると、新たに死亡が確認されたのは、深谷市の無職女性(38)とさいたま市北区の女性(84)、川越市の女性(86)の3人。
 
埼玉県警や消防によると、深谷市の女性は16日午後6時45分ごろ、自宅寝室で意識を失って倒れているのを帰宅した子どもが見つけ119番通報。駆け付けた医師が死亡を確認し、熱中症の疑いがあると診断した。
 
埼玉県は16日、深谷市に隣接する熊谷市で国内観測史上最高の40・9度を記録した。
(埼玉県の熱中症死者3人増、38歳女性ら、計8人に)


熱中症とは、体内に溜まった熱を下げることができず、体温が異常に上昇することで様々な障害が出る疾患です。屋外で倒れてしまうといったイメージが強い熱中症ですが、実は30%が室内で起こっているそうです。

熱中症とは、外気においての高温多湿などが原因となって起こる症状の総称です。熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病の4つに大きく分類されます。

特に熱射病では、脳(視床下部にある温熱中枢)の体温調節機能が失われることにより、高度の意識障害が生じます。体温が40℃以上まで上昇しますが、発汗は見られず(よって、汗で体温を下げることができない)、皮膚は乾燥している状態になります。

予防としては、発汗によって失った水分と塩分の補給をこまめに行い(特にスポーツドリンクなど塩分と糖分を飲みやすく配合した飲み物)、睡眠を十分に取る、十分に休憩を取る、などです。避難所では難しいことかと思いますが、けして無理をなさらないようにお願いいたします。また、クーラーの設置など、室内の温度調節が早めになされることが望まれます。

さらに、熱中症に罹ってしまった場合、経口補水塩またはスポーツドリンクなどを飲ませることや、首筋や脇の下など、比較的皮膚に近い太い動脈がはしっているところに氷などを置くことで、冷却することが重要です。ただし、冷たいものを大量に飲ませると胃痙攣がおきることがあるので注意が必要です。

また、涼しい場所で休ませたり、霧吹きで全身に水を浴びせて、気化熱によって冷やすなどの方策もあります。汗をかいていないとしても、体温が高くなくても熱中症の可能性はあります(脱水していれば、汗はかくことができない)。自覚症状に乏しいため、熱中症は危険です。

今日も40℃を超え、酷暑が続いています。特に、お年寄りの場合は、全身の知覚神経の衰えが起こってきます。全身の知覚神経の働きによって、暑さ寒さの気温の変化を感じ取っています。ところが、年を取るにつれ、この機能は少しずつ衰えていってしまいます。また、糖尿病の持病のあるかたも、こうした知覚神経が衰え、問題となるケースがあります。

是非とも外出の際などは無理せず、こまめに水分をとるなどお気をつけ下さい、

【関連記事】
猛暑に気をつける病−熱中症

熱中症とは:2歳死亡 遠足帰り車に取り残され

熱中症:高校総体117人手当て

熱中症とは:避難所ぐったり 柏崎市は猛暑対策奔走

熱中症:高校総体117人手当て

日本列島は28日、高気圧などの影響で東日本から西日本の各地でよく晴れて気温が上昇し、今夏一番の暑さとなった地点が相次いだ。高知県本山町で38・1度を記録するなど、四国、九州の4地点で、観測史上最高の気温となった。

佐賀市で行われた全国高校総体の開会式で、暑さのため倒れたり気分が悪くなったりした選手や観客、ボランティアの地元高校生らが相次ぎ、夕方までに計117人が救護所で手当てを受けた。

気象庁によると、本山町のこれまでの過去最高は平成6年の37・8度。このほか観測史上の最高気温を記録したのは、宮崎県美郷町の神門が37・5度(これまでの最高37・1度)、大分県佐伯市の宇目が36・9度(同36・8度)、鹿児島県志布志市が36・4度(同36・0度)。
(列島猛暑…高知38度、高校総体117人手当て)


熱中症とは、外気においての高温多湿などが原因となって起こる症状の総称です。熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病の4つに大きく分類されます。体内に溜まった熱を下げることができず、体温が異常に上昇することで様々な障害が出てきます。

体温調整が出来なくなっているためか、高温多湿の体育館内での運動中などに寒気を訴える場合があり、そういったときは熱中症の兆候を疑ってみた方がよさそうです。自覚症状で熱中症だと感じることは、あまりないそうです。倒れてしまったり、吐き気に襲われてぐったりしてしまう、といった様子がみられます。

倒れてしまった人が出た場合、涼しい場所で休ませ、すぐに病院での治療が受けられるように連絡をとるべきであるとおもわれます。とりあえずは、木陰、クーラーの効いたところで、衣服を緩め、太い血管が比較的表面を通っている首筋や腋の下に氷を置くのが、体温を下げるのに効果的であると思われます。

また、脱水の補正のために、経口補水塩またはスポーツドリンクなどを飲ませます。ただし、冷たいものを大量に飲ませると胃痙攣がおきることがあるので注意してください。

予防法としては、運動前にこまめに水分を取ったり、休憩を取りながら運動をする、などのことが重要です。体感温度を下げる方法として、日射を防ぐ、通風を確保するなどのことが必要となってきます(とくに、室内運動場)。

梅雨が明け、今後はさらに暑い日が続くことが予想されます。是非とも、レジャーやスポーツの際には、熱中症にお気をつけ下さい。

【関連記事】
熱中症とは:避難所ぐったり 柏崎市は猛暑対策奔走

猛暑に気をつける病−熱中症

熱中症とは:2歳死亡 遠足帰り車に取り残され

27日午後5時半ごろ、北九州市小倉北区中井の中井保育園の保育士(41)から「駐車場に止めた園の車の中で男児が脱水症状を起こし、ぐったりしている」と119番通報があった。男児は病院に運ばれたが間もなく死亡した。熱射病とみられる。小倉北署は業務上過失致死の疑いで園長ら関係者から事情を聴いている。

調べによると、男児は小倉北区朝日ケ丘、会社員、浜崎健太郎さん(30)の長男で、中井保育園に通う暖人ちゃん(2)。

保育園ではこの日午前、園児をワゴン車に乗せて近くの公園に遠足に行き、午後1時半に戻った。5時ごろに職員が1人で車を近くの温泉施設へ移動。数分後、車に忘れ物を探しに行った別の保育士が、最後列の床で暖人ちゃんがあおむけに倒れているのに気付いた。遠足から戻る際には保育士2人と園児7人が乗り込んだが、園児を降ろした際に人数は確認しなかった。保育園は取材に対し「担当者がいないので何も分からない」と話している。

福岡管区気象台によると北九州市のこの日の最高気温は33・4度で、この夏一番の暑さだった。
(熱射病?2歳死亡 遠足帰り、園の車に取り残され)


熱中症とは、外気においての高温多湿などが原因となって起こる症状の総称です。熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病の4つに大きく分類されます。

特に熱射病では、脳(視床下部にある温熱中枢)の体温調節機能が失われることにより、高度の意識障害が生じます。体温が40℃以上まで上昇しますが、発汗は見られず(よって、汗で体温を下げることができない)、皮膚は乾燥している状態になります。

治療としては、緊急入院で速やかに冷却療法を行う必要があります。この幼稚園では、ニュースによると「クーラーの前で寝かせているだけだった」とのこと。ですが、こうした処置だけでは、体内の熱を十分に外に出すことが出来ず、表面は熱が下がったと思っても、体の内部ではずっと高い温度のままです。また、十分に脱水も改善されません。

やはり医療機関を受診し、すみやかに処置を受ける必要があったはずです。どれほどの時間、放置されていたのかも分からない状態なら、なおさらです。

予防としては、発汗によって失った水分と塩分の補給をこまめに行い(特にスポーツドリンクなど塩分と糖分を飲みやすく配合した飲み物)、睡眠を十分に取る、十分に休憩を取る、などです。室内でも起こりうることから、室温には十分に気をつけていただきたいと思います。

再発がないよう、これからの季節、熱射病には十分にご注意下さい。

【関連記事】
熱中症とは:避難所ぐったり 柏崎市は猛暑対策奔走

猛暑に気をつける病−熱中症

猛暑に気をつける病−熱中症

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で紹介されていた内容です。

糖尿病を患い、長年暮らした田舎から娘夫婦がいる東京に移り住むことになったS・M(66)さん。東京へやって来たその日、クーラーが苦手な彼女は、自分は暑さに強いタイプと思い、娘がエアコンを入れてくれようとするのを断ります。

そうして新生活をスタートさせた翌日、孫と二人で留守番をすることになったS・Mさん。その日は朝から30度を超える真夏日でしたが、冷房なんて身体に悪いだけとエアコンを切ってしまいます。事実いくらか汗をかいてはいたものの、彼女はあまり暑さを感じていませんでした。ところが昼下がり、突然、吐き気に襲われたS・Mさん。休んでも吐き気は一向に治まらず、全身が沈み込むような倦怠感にまで襲われるようになります。

あまりの体調の異変に、救急車を呼ぶことを考えました。ですが、近所の人たちが驚いてしまうのでは、と思い、止めてしまいました。そして、ついにはリビングで倒れてしまった彼女。うだるような暑さの室内で、彼女を発見した家族が発見。彼女は病院へと運ばれて行きました。


彼女の診断は、「熱中症」です。熱中症とは、体内に溜まった熱を下げることができず、体温が異常に上昇することで様々な障害が出る疾患です。屋外で倒れてしまうといったイメージが強い熱中症ですが、実は30%が室内で起こっているそうです。

彼女が熱中症で倒れてしまった原因としては、全身の知覚神経の衰えが上げられます。全身の知覚神経の働きによって、暑さ寒さの気温の変化を感じ取っています。ところが、年を取るにつれ、この機能は少しずつ衰えていってしまいます。さらに、糖尿病を患っていたため、暑さ寒さについての知覚機能が鈍くなっていた、と考えられます。また、そのせいで喉が渇いたと、体がなかなか認識してくれなかったようです。

そのため、危険なほど暑い室内で水分を摂らずにいた彼女は、吐き気や倦怠感、そして意識障害を起こして倒れてしまいました。

暑さ寒さといった感覚が鈍くなってきている方は、是非とも室温の変化に気をつけ、水分をこまめに摂るようになさってください。

【関連記事】
猛暑に気をつける病−血行力学性脳梗塞

本当は怖い仮面高血圧
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧