お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

狭心症

狭心症でカテーテル治療、ステントを入れた-他の検査可能?

読売新聞の医療相談室で、以下のような相談がなされていました。
昨年9月、狭心症で「薬剤溶出性ステント」を入れ、血液を固まりにくくする抗血小板薬を服用しています。今度、胃の内視鏡検査と脳のMRI(磁気共鳴画像)検査を受けようと思っていますが、検査を受けても大丈夫でしょうか。(76歳男性)

この相談に対し、帝京大病院循環器センター長である一色高明先生は以下のようにお答えになっています。
狭心症は、心筋(心臓の筋肉)に酸素や栄養を送る冠動脈が動脈硬化を起こし狭くなる病気です。ステント(金網状の筒)は、血管の狭くなった部分に挿入して内側から広げるための医療器具です。

ただ、ステント挿入後、血管が再び狭くなる「再狭さく」が起きることがあります。それを防ぐ薬をステント表面に塗ったのが薬剤溶出性ステントです。

このステントは血管の内側に血の塊(血栓)ができやすく、それを防ぐために抗血小板薬を一定期間、飲み続ける必要があります。不用意に薬を止めると、血栓ができ、心筋梗塞を起こすこともあります。

一方、胃の内視鏡検査では、粘膜組織を採取する「生検」を行うことがあります。抗血小板薬を内服したままだと、生検後に出血が止まりにくくなることがあり、検査前の約1週間は、薬をやめる方がいいとされています。

経皮的冠動脈形成術(PTCA:percutaneous transluminal coronary angioplasty)とは、心臓を栄養する血管である冠動脈の閉塞した箇所にカテーテルを用いて、バルーン(風船)を拡張して狭くなった冠動脈を拡げる手術です。

PTCAは約3分の1の割合で、再狭窄が数か月後に起こるのが欠点の1つとして挙げられていましたが、最近ではステントと呼ばれる小さなメッシュ状の金属チューブを動脈壁に留置することが行われています。

ステントを留置することにより、再狭窄を少なくすることができると考えられます。ステントによって、再狭窄率は15%前後にまで低減することができたと言われています。急性閉塞や再狭窄を抑制する目的で、円筒状の金属ステントを留置する手技が開発され、現在では冠動脈ステント留置術がPCIの主流となっています。

特に、2004年夏から日本に導入された薬剤溶出性ステント(drug-eluting stent:DES)は、新生内膜増殖を抑制する薬剤をステント表面にコーティングしたステントであり、再狭窄率がきわめて低いため頻用されています。

ただ、異物であるステントによって血栓(血液の塊)が出来やすくなるということもあります。それを防ぐ抗血小板薬が必要になり、医師の許可なく服薬をやめるのは危険です。

では、どうしたら良いのかといいますと、一色先生は以下のようにお答えになっています。続きを読む

狭心症でステント治療を受けた71歳男性

読売新聞の医療相談室で、以下のような相談がなされていました。
狭心症でステント(金属製の筒)を血管に入れて広げる治療を受けましたが、運動はどの程度ならしてもいいのでしょうか。(71歳男性)

東邦大学医療センター 大橋病院循環器内科教授である中村正人先生は、以下のようにお答えになっています。
心臓には、「冠動脈」という心臓の外側を取り巻く血管が3本あります。心臓に必要な酸素や栄養分は、冠動脈によって運ばれています。冠動脈が動脈硬化を起こし、75%以上狭くなると十分な酸素や栄養分を供給できなくなり、発作が起きます。これが狭心症です。運動したり興奮したりすると、より多くの酸素などが必要になり、発作が起きやすくなります。

狭くなった冠動脈にステントを入れて広げる治療を行ったとのことですが、血管を十分に広げることができたのであれば、病気になる前の状態に戻ったと言えます。原則的に運動を制限する必要はありません。

ただ、この治療は6~12か月後に血管が再び狭くなる「再狭さく」を起こす恐れがあります。再狭さくが起きると再び狭心症が起きますので、その時は激しい運動を避けるなどの注意が必要です。


ステント治療とは


経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention:PCI)は、1977年にGruentzigらにより初めて行われて以来、さまざまな技術上の、あるいは器具における進歩を遂げています。

当初は、バルーンによる拡張術のみであり、経皮的バルーン冠動脈形成術(percutaneous transluminal coronary angioplasty:PTCA)とよばれていました。ですが、冠動脈ステント留置術(coronary artery stenting)、方向性冠動脈粥腫切除術(directional coronary atherectomy:DCA)、ロータブレーター、といった新しい器具の発明とそれを用いた治療が普及するにつれ、経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention:PCI)と総称されるようになりました。

経皮的冠動脈形成術(PTCA:percutaneous transluminal coronary angioplasty)とは、心臓を栄養する血管である冠動脈の閉塞した箇所にカテーテルを用いて、バルーン(風船)を拡張して狭くなった冠動脈を拡げる手術です。

PTCAは約3分の1の割合で、再狭窄が数か月後に起こるのが欠点の1つとして挙げられていましたが、最近ではステントと呼ばれる小さなメッシュ状の金属チューブを動脈壁に留置することが行われています。

ステントを留置することにより、再狭窄を少なくすることができると考えられます。ステントによって、再狭窄率は15%前後にまで低減することができたと言われています。急性閉塞や再狭窄を抑制する目的で、円筒状の金属ステントを留置する手技が開発され、現在では冠動脈ステント留置術がPCIの主流となっています。

特に、2004年夏から日本に導入された薬剤溶出性ステント(drug-eluting stent:DES)は、新生内膜増殖を抑制する薬剤をステント表面にコーティングしたステントであり、再狭窄率がきわめて低いため頻用されています。

ステント治療後の注意点


ステント治療後の注意点としては、以下のようなものがあります。続きを読む

不安定狭心症

-------------------------------------------------------------------
今日の一問一答(2007/03/06):各論V-5「虚血性心疾患」
不安定狭心症では心外膜炎を合併しやすい。
-------------------------------------------------------------------
答え:×(正答率 74.0%)

解説:不安定狭心症の合併症では、急性心筋梗塞、致命的な不整脈による突然死などがある。ちなみに、心外膜炎が起こるのは、心筋梗塞の合併症でみられる。心筋梗塞後症候群(Dressler症候群)発症数週間後に生じる自己免疫性心外膜炎が起こる。

補足:ちなみに、「じゃあ、"安定"狭心症とどう違うの?」かといいますと、狭心症を経過の観点から分類して、

・安定狭心症
発作が軽快する傾向にあるもので、ほとんどが労作性狭心症である。

・不安定狭心症
治療に抵抗し、急性心筋梗塞に移行しやすいもの。

と分けることができる。
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧