お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

玉置宏

胃潰瘍の出血により本番中に意識消失していた−玉置宏さん

テレビの歌謡番組や歌謡ショーでの名司会ぶりで親しまれ、11日に76歳で亡くなった玉置宏さん。かつてニッポン放送で1978年から18年間、「玉置宏の笑顔でこんにちは」を担当し、日本中に歌謡曲と明るい話題を届けていた。当時、編成管理部でこの番組を支えていたのが“アンコーさん"こと元同局アナウンサーの齋藤安弘氏。玉置さんが生放送中に倒れるというラジオ界空前絶後のアクシデントにも立ち会っていた。

「玉置さんが倒れたと聞いて、そりゃもうびっくりです。有楽町にあった当時の社屋の6階にあった第2スタジオに駆けつけた」と齋藤氏。

88年4月12日のことだ。午前9時から始まった番組も残すところあと1時間となった午前11時過ぎ、生放送中だった玉置さんが突然、ふっと机に突っ伏したのだ。周囲は騒然。スタッフの通報で丸の内消防署有楽町出張所の救急車が駆けつけ、玉置さんは日比谷病院に運ばれた。齋藤氏も付き添った。

「今だかつて、生放送中にパーソナリティーが倒れるなんてなかったから、そりゃもう大変でした。家族が駆けつけ、僕は病室の外で対応に追われていました」

診断の結果は胃かいようによる脳貧血。当初は1週間程度の入院で済むはずだったが、胃を5分の1切除する大手術となった。「結局、1カ月近く番組をお休みしたんじゃないかな」と齋藤氏。この事件のこともあったのか、番組は翌年から30分、終了時間が早まった。

同じアナウンサーとして大先輩。「僕らは『玉さん、玉さん』と呼んでいたけれど、畏敬の対象であり、目標でもあった」と振り返る。というのも「あの名文句の『1週間のごぶさたでした』も含めて、玉置さんはすべて完全原稿を用意していたというんです」と明かす。ラジオのパーソナリティーや歌謡ショーの端正な司会ぶりは決してアドリブではなく、練りに練った上で生み出されていたのだ。多くのアナウンサーや司会者が、あの名文句を超えようと頭をひねったが、誰1人成功しなかった。

「タキシードがものすごく似合う方。背筋がピンとして、品格のある話しぶりは、もう二度と現れない。唯一の存在でしょうね」と齋藤氏は先輩の死を悼んだ。

ニッポン放送は15日午前8時半から3時間、緊急特別番組「垣花正あなたとハッピー ありがとう玉置宏さん」を放送する。秘蔵音源や親しい人のインタビューを放送し、リスナーからのメッセージを受け付ける。
(生放送中に突然バタリ!周囲は騒然 玉置宏さん追悼秘話)

胃潰瘍とは


胃潰瘍とは、胃粘膜の一部が粘膜筋板を越えて欠損する疾患です。急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍があります。通常、慢性潰瘍を呼ぶことが多く、多発してみられる急性潰瘍は急性胃粘膜病変と呼び区別されます。

胃は食べた物を殺菌・消化するために、胃酸や消化酵素ペプシンを分泌していますが、自分の胃粘膜は消化しない仕組みになっています。ですが、この仕組みが崩れて胃液が自らの胃粘膜を消化してしまうと胃潰瘍になると考えられています。

胃粘膜の攻撃因子としては、胃酸、胆汁の逆流、防御因子としては、粘液、重炭酸分泌があります。ヘリコバクター・ピロリ感染やストレス、消炎鎮痛薬などは攻撃因子と防御因子のバランスを崩し、潰瘍の発生に関与すると考えられています。

特に、アスピリンなど非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)による潰瘍をNSAID胃潰瘍といいます。NSAIDによる障害の機序としては、プロスタグランジン産生低下による粘膜血流低下や粘液産生低下などの要因が考えられています。

胃・十二指腸潰瘍の自覚症状として最も多いのが心窩部痛(みぞおちの痛み)であり、上腹部不快感、悪心・嘔吐、吐血(大量出血では新鮮血、中等量以下では黒色血塊もしくはコーヒー残渣様)、下血(タール便)、背痛などが主なものです。

心窩部痛は高位潰瘍では食後増強し、幽門に近いほど空腹時増強します。十二指腸潰瘍では空腹時痛が多いです。高齢者では無症状であることも多いです。

他覚所見として上腹部の限局性の圧痛が多く、穿孔(消化管に穴が空く)をきたした場合は、筋性防御(お腹が硬くなる)などの腹膜刺激症状を呈することがあります。潰瘍からの出血が多い場合は、貧血症状を呈することがあり、大量出血の場合はショック症状を呈することもあります。玉置さんのケースでは、こうした状態に陥ってしまったのではないか、と考えられます。

胃潰瘍の治療


胃潰瘍の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

脳幹出血で入院・治療を行っていた−玉置宏さん

「1週間のごぶさたでした」の名調子で知られ、横浜にぎわい座の館長も務める司会者の玉置宏さん(76)が体調不良でダウンし、神奈川県内の病院に入院したことが5日分かった。関係者によると、脳幹出血で重体という。

横浜市内の自宅では5日、留守を預かっているという女性が「にぎわい座が窓口になっております」と応対。にぎわい座は「体調不良とは聞いておりますが、詳しいことは分かりません」としている。

玉置さんは明治大学卒業後の56年、文化放送入社。同社第1号男性アナウンサーとしてキャリアをスタート。58年にフリーに転じ、司会を中心にテレビやラジオ、舞台で活躍。同年から19年続いたTBS「ロッテ歌のアルバム」、67年スタートの「象印スターものまね大合戦」などの冒頭あいさつ「1週間のごぶさたでした」は当時の流行語になった。
(名司会者の玉置宏さん 脳幹出血で重体か)

脳出血とは


脳出血とは、何らかの原因によって脳の動脈が破れて出血し、脳実質内に出血(血腫)を形成したものです。微小動脈瘤の破裂が起こり、それに続いて二次的に発生する静脈破綻などが原因となって脳出血を起こします。

脳血管障害の3大疾患である、脳梗塞、くも膜下出血とともに、脳内出血はその内の1つです。富山県、岩手県脳卒中統計では、年間10万人当たり50名前後との報告が多く、脳卒中全体の25〜30%前後を占めています。

以前は日本での発症率が、欧米諸国に比べて高い傾向にありましたが、生活環境の変化や高血圧管理の普及とともに、減少しつつあります。全体の発生数および重症例は近年明らかに減少傾向にあります。年齢別発症率では、60〜70歳代にピークがあり、男性に多いという特徴があります。

原因としては、高血圧性脳出血が60〜80%であるといわれています。その他、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、血管腫、脳アミロイド血管障害、脳腫瘍、出血性素因などがあります。

高血圧症以外明らかな原因病変がない出血では、部位別頻度で被殻40〜60%、視床20〜30%、脳葉、小脳、橋が各々5〜10%となっています。被殻出血では、対側の片麻痺、言語障害(失語症、構音障害)、眼症状(病巣を睨む共同偏視)が特徴的です。

特に若年者の出血では、脳動静脈奇形などが疑われます。脳葉出血や小脳出血をきたし、血管撮影でも確認できないoccult AVMが出血源となる例も多いといわれています。

脳動脈破裂は突発性頭痛で発症する例が多いです。動脈瘤が脳組織に癒着、埋没するような形態の場合、出血はくも膜下出血よりも脳内出血が主体となります。中大脳動脈、前大脳動脈動脈瘤で多くみられます。

高血圧の既往を有する例が多く、日中、労作時の発症することが多く、症状としては、突発性の意識障害、局所脳神経症状で発症します。神経症状としては、片麻痺や言語障害(失語症、構音障害)、眼症状(瞳孔変化、共同偏視、眼振)などがみられます。

また、頭痛やめまい、嘔吐のみの発症例(小脳出血、皮質下出血など)もあります。症状としては、持続性または進行性に推移します。再出血による急激な増悪もあります。

脳幹出血とは


脳幹部(中脳、橋、延髄)の出血を、脳幹出血といいます。橋に最も多発します。

この出血は急性発症で、重症例では昏睡状態、四肢麻痺、除脳硬直、呼吸障害、過高熱、両側縮瞳を示し、死亡率は30〜72%となっています。

出血の大小により重症から軽症まで種々の程度の意識障害、四肢麻痺、脳神経症状、自律神経症状、および精神症状を示します。

脳出血の治療


脳出血の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧