お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

産婦人科

医師不足で出産受け付け中断−近江八幡市医療センター 

滋賀県近江八幡市の市立総合医療センターで、産婦人科の医師が相次いで退職し、新規の出産受け付けを中断していることが分かった。センターは昨年10月に最新鋭設備をそろえ、オープンしたばかり。24時間体制でリスクをともなう妊産婦らを受け入れる地域周産期母子医療センターにも指定されている。施設やシステムの充実に、スタッフの手当てが追いつかない厳しい現実があらわとなった。

センターによると、7月に産婦人科で常勤医3人のうち2人が退職、転勤した。8月までに1人しか補充できず、常勤医2人体制のままでは、当直体制が組めない。そこで、こうした事態を見越して6月下旬から、新規の出産受け付けは断っている。
 
すでに出産を予約した約260人については、非常勤で医師2人を確保して対応している。このまま来年1月以降も常勤の医師が確保できない場合、出産受け付けは中止せざるを得ない。

センターの平野幸男事務長は「常勤医がもう1人確保できれば当直が組め出産に対応できる。大学医局も産婦人科医不足でなかなかまわしてもらえないが、努力したい」と話している。滋賀県では、隣の彦根市立病院でも4人いた産婦人科医が3月に1人になり、出産を中止したこともある。
(医師不足で出産受け付け中断 近江八幡市医療センター)


全国各地で産婦人科医不足で休診、出産中止が相次いでおり、厚生労働省によると、産婦人科医はすでに平成16年に1万1,000人を割っているそうです。もはや待ったなしの様相を呈しています。

昼夜を問わぬ分娩など、産婦人科医の労働条件は過酷だという。激務のうえに高い訴訟率、少ない診療報酬、医学生の産婦人科離れなどの要因が重なり、慢性的な医師不足から脱却できないでいるとのこと。

全国80大学の産婦人科医局に実施した調査で、大学病院でも医師不足が深刻になっている実態があきらかになっており、研究も思うようにできない状況にあるようです。地域の病院に派遣していた医師を引き揚げても補えず、5年間で医師が半減した大学も多いそうです。高度医療と人材育成、治療法の研究を担う大学病院の産婦人科が危機に直面しています。

訴訟に対する補償や勤務状況の改善、産婦人科医育成システムの確立など、課題は山積みです。少なくとも、今の状況よりも悪化しないことが望まれます。

【関連記事】
大学病院も産科医不足 研究・がん治療瀬戸際

妊産婦の250人に1人死亡、重傷例は死亡の73倍という現実

病院に受け入れ拒否され続け…救急搬送の妊婦流産

守秘義務はどこへ? 死亡妊婦カルテがネット流出

奈良県の大淀町立大淀病院で出産中に意識不明になり約20の病院に受け入れを断られた後、死亡した高崎実香さん(32)のカルテ内容などがインターネット上に流出していることが29日、分かった。医師専用の掲示板に「カルテのコピーを見た」などと書き込まれた文章が、ブログなどに転載された。遺族は、個人情報保護条例や地方公務員法(守秘義務)違反などでの刑事告訴を検討している。

高崎さんは昨年8月、頭痛を訴え意識不明になったが、主治医はけいれんと判断。死因は脳内出血だった。遺族らによると、同年10月に高崎さんの死亡が報道された直後から、医師免許を持つ人しか利用できない「国内最大級」をうたう掲示板で議論が始まった。

同月中に、ある仮名の利用者が「カルテのコピーを見ました。コピーはもう返却しました」などとして、高崎さんが8月7日に入院するまでの記録や診療の詳細など、遺族も知らない内容を書き込んだ。

遺族は「女性にとって大切な情報がいとも簡単に流された。医師のモラルとしてあってはならないこと」と憤っている。ネット上で流出情報を基に遺族らへの中傷も相次ぎ、掲示板では「医師に責任はなかった」とする意見が多いという。
(死亡妊婦カルテがネット流出 医師掲示板から)


医師の守秘義務は、医師法ではなく、刑法(刑法第 134 条 秘密漏示)に定められています。
医師、薬剤師、薬種商、産婆、弁護士、弁護人、公証人又ハ此等ノ職ニ在リシ者、故ナク其業務上取扱ヒタルコトニ付キ知得タル人ノ秘密ヲ漏泄シタルトキハ六月以下ノ懲役又ハ百円以下ノ罰金ニ処ス


もちろん、個人を特定できるような情報を、掲示板に掲載するなどは出来るはずがありません。しかも、"ネット上で流出情報を基に遺族らへの中傷も相次ぎ"なんて状況は、あってはならぬものです。

単に倫理的な問題を含む事柄ではなく、「秘密漏示」は"刑法"に触れている行為です。モラル云々という問題以上のことです。医師専用の掲示板とのことで、気がゆるんだのかも知れませんが、今後はこのようなことが起こらぬよう、規約や対処法を考える必要があるようです。

【関連記事】
開業医をチーム化、24時間在宅医療

「電子処方箋」のソフトウエアを大手IT企業連合が無料提供
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧