昭和30年代前半はロカビリー全盛期。きょう登場の田代みどりさんはそんな時代の34年、「パイナップル・プリンセス」を歌って爆発的な人気を得た。その後は日活の青春映画のヒロイン女優として活躍。“つなき&みどり"の夫婦ユニットで歌った「愛の挽歌」も懐かしい。さて、今どうしているのか。

「フツーの主婦をしておりまして、取り立ててお話しすることはないんですよ。でも、せっかくだから、きょうは性同一性障害、ジェンダーですね、それについてちょっとお話ししたいんですが、よろしいでしょうか」

田園都市線青葉台駅からクルマで10分ほどの喫茶店で会った田代さん、こう切り出した。

「実はウチの麻美が体は女性ながら頭の中は男性というジェンダーで、これについていろいろ勉強したところ、まだまだ理解が足りないようなんです。で、我が家のことが参考になればと思い立ちました」

この日は“ひとり息子"の麻美クン(26歳)も一緒。現在、神奈川県下のさる会社で営業マンをしているそうで、ビシッときめた背広姿が凛々しい。その麻美クンが語る。

「幼稚園の頃から女の子として扱われることに違和感がありましてね。中学3年のとき、授業で性同一性障害のことを知り、医学的には高1のときに埼玉医科大で検査を受け、そう診断されました。別にショックはありませんでしたね。むしろモヤモヤ感が取れてスッキリしたというのが正直な気持ちです。もちろん、周囲に隠し立てしてません。自分がこうして男性として歩むことができるのは家族や仲間、それと多くの方の理解があってのこと、感謝するばかりです」

続いて田代さん。
「打ち明けられたときはさすがにビックリしましたが、その一方、よくぞ話してくれたと麻美の覚悟をうれしく思いました。私がいったのは“強くなりなさいよ”ってアドバイスだけ。それで十分でした」
(あの人は今こうしている 田代みどりさん)

性同一性障害とは


人には生物学的性としての男性・女性のほかに、性の自己意識としての心理・社会的性(gender)があります。一般には男性・女性は自らを男・女と意識し疑いません(性同一性)。しかし自らの生物学的性は明らかであるにもかかわらず、その性に違和感を覚え、なじめない、しっくりしないと感じる人がいます。

性同一性障害とは、生物学的性と性意識(gender)についての自己認識が一致していないことによる障害を指します。古典的な性分化異常の概念とは異なり、染色体・性腺・性器に矛盾はないですが、心と体の性別が解離している状態です。

特徴としては、
1)反対の性になりたいという欲求や自分の性が反対であるという主張を強く持続的に述べる。
2)反対の性の服装を身につけたいと主張したり、実際にしたりする。
3)自分の性に伴う性別役割に不適切感や違和感を覚える。

といったことがあります。

こうした感覚は、幼少の頃から自覚されているケースが多いようです。ですが、医療機関を訪れるのは思春期以降が多いです。診断される時期の多くが未成年であるので、慎重な対応が望まれます。

小児の場合、男の子では自分の性器を嫌悪し、なかった方がよかったと主張したり、女の子では座って排尿するのを拒絶したり、二次性徴を迎えることを嫌悪したりします。

反対の性の典型的な遊びや友達を好むため、年齢相応の同性との仲間関係を発達させることができないといったことがあります。孤立し、いじめや登校拒否などの原因となってしまうこともあります。上記のケースでは、学校の同級生たちの理解があり、その点は救いになっていたように思います。

基本的には生物学的性に自己認知を合わせたいという希望がないため、いかに自己認知の性に生物学的な性を合わせていくかが治療の基本となります。治療法としては、以下のようなものがあります。

性同一性障害の治療


性同一性障害の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む