お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

異常行動

タミフルの脳への興奮作用、ラットで実証

インフルエンザ治療薬タミフルに脳細胞を興奮させる作用があることを、米ワシントン大学(ミズーリ州)の和泉幸俊教授(精神医学)らがラットを使った実験で初めて明らかにした。内容は10月9日発行の医学専門誌「ニューロサイエンス・レターズ」に掲載される。 タミフル服用と異常行動の関係については、タミフルを飲んだ10代の子が自宅マンションから飛び降りて死亡するなどの問題が相次いだ。

和泉教授らは、ラットの脳から取り出した神経細胞を、タミフルと、タミフルが体の中で分解された時にできる薬効成分のOCBという化学物質の水溶液にそれぞれ浸した。すると、どちらも約10分後に神経細胞の活動が過剰に盛んになった。各薬物を洗い流した後も、40分以上神経細胞の興奮は続いた。タミフルそのものよりも、OCBの方が約30倍も作用は強かった。人間で未成年に異常行動が相次いでいるため、今回は思春期前の子どもに相当する生後1カ月の幼いラットの神経細胞を使った。

また、エフェドリンという風邪薬に含まれる成分や、アルコールを、タミフルと同時に幼いラットに摂取させると神経興奮作用が強まることもわかった。

脳には、血中の物質を脳内に通すかどうかを選別する血液脳関門という脳を守る特別な機能があるが、エフェドリンやアルコールは、血液脳関門のガードを緩めることがわかっている。

和泉教授は、思春期前の子では血液脳関門の機能が未熟であることや、ガードを緩める作用があるものと一緒に飲むことで、タミフルが関門をすり抜けて脳に到達し、神経細胞に作用するのではないか、と推測している。

タミフル輸入販売元の中外製薬広報IR部の話 現在、厚労省の指示に従いながら、タミフルや代謝産物が血液脳関門を通るかどうかなどの基礎研究を進めているところだ。
(タミフルの脳への興奮作用、ラットで実証 米の邦人教授)


当初、インフルエンザ脳症との鑑別が難しいとのことから、タミフルの異常行動と断定することが難しかった、という事例が国内で問題となりました。

ですが、インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後に家を飛び出そうとするなどの異常行動を起こした女児が、その後の検査で、インフルエンザではないとの結果が出たことがありました。結果、タミフルの影響を示す例として注目されました。

今回、科学的裏付けが出てきたことで、よりタミフルの副作用による異常行動が確実に存在するものと考えられそうです。

他にも、タミフルの副作用を調査する研究費に、輸入販売元の中外製薬の資金が使われていたことが分かり、被害者からは厚生労働省や研究班への批判の声が上がりました。

現在、厚生労働省はタミフルの輸入販売元の中外製薬に対し「10代の患者には原則として使用を差し控えること」と添付文書の警告欄を改訂し、緊急安全性情報を医療機関に配布するよう指示しています。副作用である異常行動という大きな問題がある、としっかりとした認識の元に、投与が行われることを望みます。

【関連記事】
「タミフル 中外製薬寄付金問題」厚労省・研究者・製薬会社が会見

「10代だけ」タミフル処方中止のワケ

中外製薬社長「タミフル販売やめない」

2月に「タミフル」を服用した中学生の転落死が相次いで発生。販売元として非難を浴びる中外製薬の永山治社長が胸中を語った。「タミフルで助かった人がはるかに多い」と販売継続を断言する。

今年2月、愛知県と仙台市でインフルエンザ治療薬「タミフル」を服用した中学生がマンションから転落死した。事件の後、厚生労働省と販売元である中外製薬が厳しい批判にさらされている。タミフルの服用について警告を出したものの、転落死を招いた異常行動とタミフルの因果関係は認めていないからだ。

因果関係について調べている厚労省の調査班のメンバーが中外から寄付金を受け取っていたことが問題視されるなど、両者に対する非難は強まるばかりだ。

中外の永山治社長は本誌の取材に対し、一連の問題について重い口を開いた。

これだけ記事になるとは正直驚いています。3月18日付の日本経済新聞にも、「医師の先生方に患者さんが不安を訴える声が相次いでいる」という記事が載っていましたが、心配されるのも無理はないでしょう。

先生によっては「じゃあ、やめておきますか」ということもあるかもしれませんが、実際にタミフルを使われてきた医師で、「タミフルが(異常行動の)直接の原因だ」とおっしゃる方は非常に少ないのではないでしょうか。

タミフルに異常行動を引き起こす副作用があると疑われ始めたのは2005年のこと。それにもかかわらず、2月の事件が起きるまで厚労省や中外は警告を出さなかった。批判の矛先はその対応の遅さにも向けられている。「薬害タミフル脳症被害者の会」の軒端(のきば)晴彦代表はこう悔やむ。
(「タミフル、販売やめない」、批判浴びても強気を崩さぬ中外製薬社長)


異常行動はあるにせよ、インフルエンザによる死亡を防げる治療薬タミフルが必要になる…というジレンマのようなものがこの問題には存在していると考えられます。

タミフルに限らず、薬剤には大なり小なり副作用が少なからず存在する。その副作用と主作用との兼ね合いで、薬を用いるかどうか決定される。

タミフルの場合は、どうなんでしょうか。たしかに、警告の公表が遅れたという批判や誹りは免れないでしょうが、タミフルの治療効果があったことはたしかでしょう。だからこそ、現在も使われ続けている。

10代は原則使用禁止となっておりますが、その禁止の枠を広げてしまうことで、問題は解決するのでしょうか?その恩恵を受けることができるという選択を残しておくことは、副作用という問題は抱えていますが、必要なことではないのでしょうか。

【関連記事】
「10代だけ」タミフル処方中止のワケ
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧