お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

痔の症状に悩んでいた−松尾芭蕉、夏目漱石

『おくのほそ道』の松尾芭蕉は、裂肛(切れ痔)に悩まされたそう。『おくのほそ道』の旅を終え、弟子に出した手紙には、痔で出血が止まらず四国以西への旅を断念したこと、長旅で痔が悪化したことが綴られていたという。『おくのほそ道』の創作に、痔が影響していたようだ。

夏目漱石の未完の大作『明暗』は、主人公が痔の治療をしている描写から始まるが、漱石自身の痔瘻(じろう)の経験を反映しているという。彼は切開手術を受け、無事に痔瘻を克服できたそう。

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句で有名な歌人・正岡子規も痔瘻を患っていた。手術を受けたものの、症状は改善しなかったそう。

ほかにも、医学者の野口英世や杉田玄白、熊本城の築城者である加藤清正、「大岡越前守」として知られる大岡忠相も痔を患っていたそう。

昔は手術もあったようだけど、強引に痔を切ったりとったりするものだったそうで、麻酔も今ほどしっかりしていなかったようだから、偉人たちも苦しかっただろう。

しかし、現在は医療も進歩し、痔瘻以外での痔の手術はほとんどないという。なるべく手術をしないで治す保存療法が主流で、病院では投薬に加え、免疫力や自然治癒力を高めるために生活改善を提案されることも多いんだとか。

昔よりも効果的かつ痛みをともなわない治療法が見つかった現代に生まれてよかったぁ。こうやって、ネットやテレビなどを通じて、痔の情報や改善法を自分で調べられるようになったのも、昔との大きな違いといえそう。

もちろん、「プリザエース」のような市販の専門薬でセルフケアできるのも、苦痛を軽減できる理由の一つ! もし、当時「プリザエース」が開発されていたら、芭蕉や漱石の偉大な作品は生まれてなかったかも!?
(痔の苦痛が名作に及ぼした影響とは!?)

痔の症状、診断とは


痔核(イボ痔)とは、肛門管の静脈叢が静脈瘤状に膨らんだ状態をいいます。肛門病変の約60%を占め、最も頻度の高い疾患であるといわれています。男性にやや多いですが、女性では妊娠に続発するものが多いといわれています。

原因としては、肛門管に分布する上・下直腸静脈叢のうっ血によって起こるといわれています。どうしてこうしたことが起こるのかと言えば、排便時の怒責、便秘や妊娠などの腹圧、門脈亢進をきたす肝硬変など背景にあると言われています。

改善には、まずは生活習慣の改善が必要です。便秘や下痢を防ぎ、適度な水分や食物繊維の摂取を心がけます。便意に忠実な排便を心がけ、過度のいきみや長時間のトイレを避けることも重要です。できれば、排便後は強く拭き取るよりは、ウォシュレットなどで洗浄するようにしたほうがいいでしょう。また、出血や疼痛のあるときは、アルコールや刺激物は避ける必要があります。

裂肛(切れ痔)は、肛門部に生ずる急性の裂創から慢性の潰瘍までを総称するものです。痔核、痔瘻とならんで頻度の高い痔疾患です。急性のものはいきんで硬い便を排泄した時に、疼痛と出血を伴って生じます。数日の安静で治るものが多いですが、排便状態の不良や感染、内括約筋の痙攣痛を伴うものは慢性化するといわれています。

裂肛も、生活習慣の改善が重要です。便秘が根底にあるので、緩下剤を投与して便通を整えます。また、清潔に保つのも重要です。局所にはステロイド含有・非含有の軟膏を適宜使用して、痛みが強い場合は、鎮痛用坐薬を使用します。

手術としては、排便障害を改善するものが中心となり、手術後はとても楽になります。肛門を締める筋肉の一部に小さな切れ目を入れるか、肛門のすぐ外側の皮膚を肛門の中側にずらして肛門を広がりやすくする方法があり、個々の患者さんの状態に合わせて選択されます(側方皮下内括約筋切開術やSSG [sliding skin graft]皮膚弁移動術などがあります)。再発防止には、便秘や下痢を避け、排便の状態を良く保つことが大切です。

痔瘻(あな痔)としては、以下のようなものです。続きを読む

ナイナイ岡村さんと同じく外痔核になった−加藤浩次さん

2010年01月08日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて加藤が、昨年度にナイナイ・岡村隆史が患った『外痔核(いわゆるイボ痔)』になったと語っていた。「俺さ、岡村のことを『なに痔になんかなってるんだよ』とかって言ってたじゃん。年末に仕事できないって岡村が言っててさ。『痔が爆発した』って」

「年末の31日に、飲み明かして帰って、2時くらいに寝たんだよ。それで午前11時くらいに起きたの。そうしたら、ケツが痛くてよ。それで肛門を触ったら、ボッコリと出てるの。痔だよね」

「ウォシュレットも痛くてな。洗った後は、トイレットペーパーで拭かずに、乾燥させてたんだよ。そういう生活をしてた。でも、昨日あたりに引っ込んで来たんだよな。引っ込んだり出たりするもんみたいなんだ。また、体調悪くなったりしたら、出てくるのかも知れない。消滅はしてないんだろうな。格納されている状態よ」

「俺も、完全な痔持ちになったってことだよな。元旦からだよ。ボッコリ出ててさ。あれ、結構デカく出るのな。小指の頭くらい出てた。それくらい出るの。押すと痛いんだよ。風呂場で押していると入るんだけど、立つと出てくる。雪山のオコジョみたいな感じ」

「イヤだなって思うな。自分で、なってみないと分からないもんだよ。岡村に悪いことしたと思って。これが爆発したりしたら、痛いに決まってるよな。それなのに触ろうとしたりとか、悪いことしたなぁ。分かりもしないのに、『大したことないんだろ』とかって言うのは、止めようと思ったよ」と語っていた。
(加藤浩次 「ナイナイ岡村と同じ痔になる」)

外痔核とは


痔には、痔核(いわゆるイボ痔)、裂肛(キレ痔)、痔瘻(穴痔)があります。痔核は、歯状線(肛門縁から約2cmの部位に認められる、鋸歯状の起伏のある境界線)より上方の上直腸静脈叢に発生したものを内痔核、歯状線より下方の下直腸静脈叢に発生したものを外痔核といいます。

加藤さんのケースでは、外痔核だったようです。ちなみに痔核(イボ痔)とは、肛門管の静脈叢が静脈瘤状に膨らんだ状態をいいます。肛門病変の約60%を占め、最も頻度の高い疾患であるといわれています。男性にやや多いですが、女性では妊娠に続発するものが多いといわれています。

原因としては、肛門管に分布する上・下直腸静脈叢のうっ血によって起こるといわれています。どうしてこうしたことが起こるのかと言えば、排便時の怒責、便秘や妊娠などの腹圧、門脈亢進をきたす肝硬変など背景にあると言われています。

内痔核の初期は出血のみで自覚症状に乏しいですが、進行すると排便時などに肛門外に脱出するようになり自覚されることが多いです。一般に痔核は疼痛症状を伴いませんが、血栓を形成した血栓性外痔核や内痔核が脱出嵌頓した嵌頓痔核は急性の腫脹とともに疼痛を伴います。

外痔核は、肛門の周りの皮下静脈叢が拡張して静脈瘤となったもので、肛門のやや内部から外方に肛門上皮あるいは皮膚によって覆われた塊としてみられます。

外痔核自体はさほど苦痛を生じませんが、症状がみられれば、保存療法、切除術が必要となります。年齢とともに徐々に大きくなって、歩行、力み、しゃがみなどで膨らんでいきます。

時に、血栓を形成して血栓性外痔核となり、急に腫れて周囲に浮腫を伴い疼痛を来すこともあります。単発で起こる場合も多いですが、複数の場合もあります。

下痢、便秘による怒責時に突然、肛門縁に腫瘤を形成し、大きさは小豆大から拇指頭大のものが多いですが、小血栓が多発することもあります。暗赤色の腫瘤が皮下に透見され、疼痛は2〜3日で徐々に軽快します。自壊して少量の出血をみることもあります。

外痔核の治療


治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧