お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

白内障

主治医が見つかる診療所「失明の恐れのある眼の病気」

2013年10月21日放送予定の「主治医が見つかる診療所」では、「早期発見SP 失明の恐れのある眼の病気」というテーマが取り扱われるようです。
実は近年、気が付かないうちに進行し、いつの間にか失明を招く可能性がある、危険な眼の病気を発症する人が増えているといいます。白内障に緑内障、加齢黄斑変性などの恐ろしい眼の病気について、発症した方々の証言や専門医の解説を交えてお送りします。


白内障とは


白内障とは、水晶体が混濁した状態の総称です。大きく分けて、生まれつき水晶体の混濁が認められる先天白内障と、生後何らかの原因で水晶体に混濁が生じた後天白内障があります。

原因は加齢に伴うものが多く、そのほか糖尿病や筋ジストロフィーなどの全身疾患に伴うもの、ステロイド薬などの薬剤性、ほかの眼疾患(ぶどう膜炎・網膜色素変性など)に伴うもの、先天性のものなどがあります。

また、混濁部位によって、核、皮質、前・後嚢下白内障に分類されます。症状は混濁の部位と程度により異なりますが、霧視(視野に霧がかかったように見える状態)、羞明(過度にまぶしい状態)、視力障害などがあります。

視力障害は、白内障では一般的に徐々に進行します。また、視野の中で中心など特定の部位が見にくいなどの暗点が生じるのでなく、全体的にまんべんなく「かすむ」症状が特徴的です。また、遠方と近方の視力も同時に低下します。

さらに、羞明といって、後嚢下混濁など混濁の部位によっては、日当たりの強い場所や車のヘッドライトに対し強い「まぶしさ」を感じることもあります。

ほかにも、近視化という症状も現れることがあります。水晶体中央部(核部)の硬化により屈折力が強まり、近視が進行することがあります。中年になって近視が進行すると、かえって近くが見やすくなる場合があります。続きを読む

白内障の手術とは:ぼやけた視界、スッキリ回復

実際の手術を見せてもらった。手術衣姿の三鷹市の男性(62)が手術台にあおむけになる。麻酔は点眼の局所麻酔。小原院長が顕微鏡をのぞきながら手術を始める。
 
眼球がゆがまないように角膜わきから高粘度の薬液を注射。ピンセットで水晶体の前嚢(前側の薄皮)をむく。超音波チップで水晶体を砕きながら吸引。空洞にしたところにレンズを埋め込む。
 
シリコンなど弾力素材のレンズは、直径2・75ミリの挿入管内で細く巻いて挿入し、挿入後に広げる。レンズから出る2本の細い“腕”で後嚢に固定する。「傷口は3ミリ以下で縫う必要はない」。手術は実質わずか7分で終わった。
 
男性は「昨年暮れに急に(視力低下が)きて、2カ月前に右目を手術した。左目はまだ大丈夫といわれたが、右目が鮮明になった分だけ見づらくなって手術を受けた」と語った。
 
「男性は若いころから近視なので、近視のレンズにした。個々の患者に合ったレンズ度数は、眼球の奥行きや角膜の曲率を測って算出する」と小原院長。この男性は近視の眼鏡が必要だが、読書などでは老眼鏡は必要ないという。
 
続いて左目を手術した武蔵野市の男性(86)は11分かかった。「高齢になるほど水晶体は硬くなり、30分以上かかる人もいる」(小原院長)。この男性は「65歳で白内障と診断された。年々見え方が悪くなるので手術を受けた」という。
 
小原院長は「眼内レンズの手術を知らずに“年だから”とあきらめたり、不自由を引きずったりする人がまだ多い。手術で視力が回復すれば、余生はまったく違うものになる」と話している。
(ぼやけた視界、スッキリ回復 白内障レンズ手術が定着)


白内障は、水晶体を構成する蛋白質(アクアポリン0)が変性し、黄白色または白色に濁ることにより発症します。ですが、その根本的な原因は解明されておらず、水晶体の細胞同士の接着力が弱まったり、水分の通りが悪くなったりして起こるのではないかといわれています。

糖尿病やアトピー性皮膚炎の合併で、白内障の発生率が上がると言われていますが、最も多いのは老人性です。発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加します。

一旦発症し、混濁したものは元には戻りません。軽度の場合は薬により進行を抑えることがありますが、根本的な解決にはなりません。そこで、手術が重要となってきます。

現在、主流となった眼内レンズ手術は、平成4年から健康保険適用となったそうです。厚生労働省の推計では、16年に単眼・両眼計69万回余、17年に63万回余の手術が行われています。

これは、上記の通り、切開する幅が小さくて済むので、以前に行われていた、強膜を大きく切開して切開創を作成して水晶体をまるごと取り出す水晶体嚢内摘出術と違って、術後乱視が出にくいと考えられます。

手術で挿入する眼内レンズは、水晶体のように距離に応じてピントを合わせる能力がない。そのため眼内レンズの度数は、手術を受ける者の生活スタイルに合わせて1.5m〜2mの位置にピントが合うように眼内レンズの度数は決定されるようです。術後に気をつけなければならないのは、感染症。洗顔・洗髪は1週間禁止。1ヶ月は点眼を続け、目の酷使は厳禁ということを心がける必要があります。

たしかに、手術という選択肢はやはりハードルが高いことかも知れませんが、眼科医の先生曰く「白内障は、やって喜ばれる手術の一つ」と、効果の高い手術であることは確かなようです。「磨りガラスごしのように見える」「霧が掛かったようにみえる」などの症状がある方は、一度、病院で診察してもらってはいかがでしょうか。

【関連記事】
副腎皮質ステロイド薬の副作用

陣内智則がレーシック手術受けて視力回復
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧