お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

突発性難聴

突発性難聴で治療していた−スガシカオさん

前日29日に自身のブログで、1年ほど前に右耳に突発性難聴を発症していたことを告白したシンガーソングライターのスガシカオ(46)が30日、自身のフェイスブックを更新。

「一年ほどの治療の結果、現在は7〜8割程度、聴力は回復しております」と報告した。
29日のブログでは医師に「最悪の場合、右耳の聴力はある程度あきらめてください」と言われ、ショックを受けたことをつづっていたが、この日は「右耳の高音域と低音域の聴力は、おそらく今後も戻らないと思われますが、左耳は非常に良好な状態ですので、最近は上手に病気と付き合っていけるようになりました」とし、心配するファンに呼び掛けた。

また30日、ブログも更新し、突発性難聴との闘いについてつづった。
病気を「なんとなく右耳に蓋(ふた)をされているような、脱脂綿をたくさん詰め込まれているような、ボワワンとしたそんな感じだ」と表現。「とにかくずっとずっと耳鳴りがやまない、頭がおかしくなりそうだった」「気晴らしに好きな音楽を聴いても、左右で音がバラつき、ステレオで聞こえないからつまらない。世界の終りのような気分だ」「電話もとりたくなかった。おれは、いつも右耳で電話に出るからだ」と、つらかった日々を振り返った。

さらに、主治医からハリや整体といった東洋医学を勧められたといい「東洋医学での治療は激しい痛みを伴い、しかも保険がきかないから治療費もかさんだ」と苦悩を告白。それでも効果が出始め「日によっては検査でなんと70%くらいまで回復してきた」という。今年1月からのツアー中も、ステロイド治療と東洋医学を併用していたと明かした。
(スガシカオ フェイスブック更新 聴力は「現在7〜8割程度回復」)

突発性難聴とは


難聴は「伝音性難聴」と「感音性難聴」と分けられ、内耳以降の感音器の障害が原因である難聴のことを感音性難聴と言います。音のエネルギーは内耳リンパ液の振動に変換されますが、内耳または内耳から聴覚中枢に至る部位に器質性の病変があると考えられる聴覚障害が、感音性難聴です。突発性難聴とは、突然に生じる難聴のうち、原因が不明の感音性難聴のことを指します。不明なことが多くしかも一元的ではなく、1つの臨床症状を示す疾患群として捉えられています。

名前の通り、突然に難聴が発生することが特徴的です。「朝、目が覚めて」「作業中」など、自分がそのとき何をしていたかを明言できる状態で起こることが多いようです。一般に片側に生じますが、まれに両側性(1%未満)に生じることがあります。

早期の治療で聴力の回復が期待できる、数少ない感音難聴の1つであり、耳科領域の救急疾患として重要であるといわれています。1993年に厚生省研究班を中心に行った調査では、突発性難聴の全国受療者数は推定、年間24,000人で、人ロ100万人対で192.4人とのことで、決して少なくないと考えられます。

難聴の程度は、中等度から高度さらには聾に至るものまであり、聴力像も低音障害型、高音急墜型、水平型、聾型など多様です。内耳性の障害で、通常は片側性。30〜60歳代に好発します。

耳鳴、耳閉感、時にめまいを伴いますが、メニエール病と異なり、めまい、難聴発作が反復して起こることはないとされています。内耳循環障害説、ウイルス感染説の2大説のほか、内リンパ水腫、内耳窓破裂、アレルギー、ストレスなどが原因として挙げられています。

突発性難聴の治療


突発性難聴の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

突発性難聴で耳鳴りなどの症状−シギさん

シギが持病の突発性難聴を再発したため、予定されていた10月3日に福岡で行われる「ミュージックシティ天神」、10月31日に大阪で開催される「MINAMI WHEEL 2009」でのライブが急遽キャンセルされることになった。

数年前から何度か突発性難聴を患っているという彼女。すぐ病院に行くため聴力は毎回戻っているとのことだが、現在も疲れなどの原因で耳鳴りがする後遺症が残っているという。今回症状が再発したのを受けて、これ以上悪化することだけは防ごうと、しばらくの間しっかり安静期間をとることになった。

突発性難聴は、大音量などが原因となる外傷性難聴とは異なり、健康な人が特別なきっかけもなく突然発症する疾患。今のところ具体的な原因は解明されていない。
(シギが突発性難聴再発によりライブ予定すべてキャンセル)

突発性難聴とは


突発性難聴とは、突然に生じる難聴のうち原因が不明の感音難聴(内耳以降の感音器の障害が原因である難聴)です。

名前の通り、突然に難聴が発生することが特徴的です。「朝、目が覚めて」「作業中」など、自分がそのとき何をしていたかを明言できる状態で起こることが多いようです。一般に片側に生じますが、まれに両側性(1%未満)に生じることがあります。

早期の治療で聴力の回復が期待できる、数少ない感音難聴の1つであり、耳科領域の救急疾患として重要であるといわれています。1993年に厚生省研究班を中心に行った調査では、突発性難聴の全国受療者数は推定、年間24,000人で、人ロ100万人対で192.4人とのことで、決して少なくないと考えられます。

難聴の程度は、中等度から高度さらには聾に至るものまであり、聴力像も低音障害型、高音急墜型、水平型、聾型など多様です。内耳性の障害で、通常は片側性。30〜60歳代に好発します。

耳鳴、耳閉感、時にめまいを伴いますが、メニエール病と異なり、めまい、難聴発作が反復して起こることはないとされています。内耳循環障害説、ウイルス感染説の2大説のほか、内リンパ水腫、内耳窓破裂、アレルギー、ストレスなどが原因として挙げられています。

不明なことが多くしかも一元的ではなく、1つの臨床症状を示す疾患群として捉えられています。

突発性難聴の診断


厚生省研究班による、突発性難聴の診断基準は、以下の様に定められています。
1)主症状
1.突然の難聴
文字通り即時的な難聴、または朝眼が覚めて気付くような難聴。ただし、難聴 が発生したとき「就寝中」とか「作業中」とか、自分がその時何をしていたか が明言できるもの。
2.高度な感音難聴
必ずしも高度である必要はないが、実際問題としては高度でないと突然難聴になったことに気付かないことが多い。
3.原因が不明、または不確実;つまり、原因が明白でないこと。

2)副症状
1.耳鳴り
難聴の発生と前後して耳鳴りを生ずることがある。
2.めまい、および吐き気、嘔吐
難聴の発生と前後してめまいや、吐き気、嘔吐を伴うことがあるが、めまい発作を繰り返すことはない。

【診断の基準】
・確実例 : 主症状、副症状の全事項をみたすもの。
・疑い例 : 主症状の1.および2.の事項をみたすもの。

このような項目があります。この中で、「突然の難聴」「高度な感音難聴」「原因が不明」と定義されています。そのため、感音難聴の原因となる原因が明らかな疾患との鑑別(外リンパ瘻、ムンプス難聴、メニエール病、聴神経腫瘍、心因性難聴など)が必要です。

症状としては難聴の他に、耳鳴は約9割の症例で認められ、めまいは約3割の症例に伴うとされています。また、聴力の改善・悪化の繰り返しはなく、通常一側性であるといわれています

突発性難聴の治療


突発性難聴の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧