2014年01月06日放送の『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)にて、糖質制限ダイエットのコツについて紹介されていました。失敗しづらいと考えられる方法を紹介していたので、もし失敗してしまったり挫折された方については、ご参考にされてはいかがでしょうか。

主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる!
主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる!

1) まずは夕食だけ糖質制限

糖質制限ダイエットを日本でほぼ最初に紹介された、高雄病院理事長・江部康二医師は、糖質制限ダイエットの方法を大別して3つのパターンに分けているそうです。
その3つとは…
・スーパー糖質制限
・スタンダード糖質制限
・プチ糖質制限

というもので、「スーパー糖質制限」は、3食とも糖質制限を行うというものであり、「スタンダード糖質制限」は、朝食と夕食の糖質制限を行うもの。「プチ糖質制限」は、夕食のみの糖質制限を行う、というもの。

3食全て糖質制限を行うのではやはりハードルが高いので、まずは「プチ糖質制限」から始められてはいかがでしょうか。なお、1食糖質を抜くのなら、夕食がオススメです。朝や昼は活動するので、糖質を摂っても消費されやすいからです。一方、夜の糖質は、そのまま中性脂肪になりやすいため、そこで糖質を抜くとダイエットしやすい、というわけです。

2) 食べる楽しみは感じつつ、徐々に糖質制限

トンカツを食べる上で、衣も実は小麦粉なので糖質です。ですが、最初から全部衣を剥がして食べる、というのではやはり食べる楽しみも半減してしまいますよね。

そこで、まず1枚は衣そのままでトンカツを食べ、2枚目は半分衣を剥がす。そして、3枚目は全て衣を剥がす…といったルールを作っておくと、楽しみを減らさずにダイエットができるわけです。

3) 主食(白米)は抜いて、おかずはしっかり食べる

さらに、おかずはしっかり食べることも重要。空腹に耐えているようだと、ストレスが溜まってしまいます。

「主食(白米)は食べない」がおかずはしっかりとる、というスタンスをとる必要があります。ただ、1つ注意点があります。ソースなどにも糖分が多く含まれているため、ご注意ください。

また、お酒も飲めます。焼酎などの蒸留酒では、糖質は少ないそうです。続きを読む