お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

結核

肺結核に罹患していた−ビーグル38・加藤統士さん

バラエティ番組『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)などで活躍中の人気お笑いグループ・ビーグル38の加藤統士が、肺結核に罹患したと12日、所属する松竹芸能が公式サイトで発表した。

今年4月にお笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるかが肺結核で入院して以来の芸能界の肺結核罹患だが、松竹芸能は「周囲への感染性は高くない状況であると主治医からの説明を受けております。長時間ずっと一緒にいた同グループのメンバー2名が胸部レントゲン検査を受け、異常ないと診断されています」と説明。だが、再び芸能界に感染の可能性も出てきた。

加藤、能勢浩、中屋卓の3人組のビーグル38だが、『爆笑レッドカーペット』、『あらびき団』(TBS系)などには、加藤、能勢の2人でベテラン漫才コンビに扮したネタで登場。能勢がお笑い界の重鎮・喜味こいし風のキャラクターを演じ、その相方役で何を言っているかわからない加藤のネタに能勢が「なんちゅうことを言うんや」「それはエアロスミスやないか」など、シュールなツッコミを入れるという斬新な笑いで人気を集めている。

同社によると、能勢、中屋が胸部レントゲン検査を受け、異常ないと診断され「保健所の調査では、現時点において、ファンの皆様、応援して下さった方等への感染についてのご心配はほとんどなく、改めて検査を受ける必要はないとされています」と報告している。
 
4月にハリセンボンの箕輪が肺結核に罹患した際には、肺結核が空気感染する病気であることから、箕輪が咳を続けてするようになった2008年12月から4月までに、共演したテレビ・芸能界関係者のほか、吉本興業グループの劇場、テレビ番組収録スタジオなどの観覧者らに感染したおそれがあるとして、東京都や保健所は接触者の追跡調査や健康診断を行っているとともに、電話での相談を受け付けた。
(人気芸人ビーグル38加藤が肺結核に罹患 ハリセンボン箕輪以来)

結核とは


結核症とは、宿主をほぼヒトに特化した結核菌が飛沫核感染(空気感染)でヒト−ヒト感染する伝染性疾患です(抗酸菌属のなかの結核菌群による肺感染症)。

初感染は、排菌患者の咳やくしゃみ、会話で生じた小粒子(1〜2μm)を吸入し、そのなかの結核菌が呼吸細気管支や肺胞に定着して成立します。感染後 4〜8週で結核菌成分による感作から細胞性免疫が成立し、両病巣に石灰化を起こして初感染が終息します。80〜85%の例はこの状態で治癒します。

残りが発病、初感染に引き続く発病の初感染結核(primary tuberculosis)と半年〜数十年後発病の既感染結核(post-primary tuberculosis)に分かれていきます。肺門リンパ節病巣や空洞化初感染巣の気管支内穿破があると、結核性・乾酪性肺炎へ進展していきます。

既感染発病(内因性再燃)の要因としては、過労、低栄養、高齢、免疫抑制(ステロイドや抗癌剤投与など)、消耗性疾患(悪性新生物、糖尿病、腎不全、代謝性疾患、胃切除)などがあります。

年齢別罹患率は5〜15歳が最低であり、20〜50歳は20人前後ですが、50歳以降は10歳代ごとに倍増していきます。高齢者の発病(多くが感染数十年後発病)と、糖尿病や腎不全などの免疫能低下例での発病が増加しています。

また、30歳以下の90%以上が自然感染を受けていないため免疫力が弱く、20代女性などを中心に集団感染例(一般病院看護婦など)が増加中です。

10年間で日本の肺結核を含む臓器結核は経年的に減少していますが、粟粒結核は増加していることに注意が必要となります。また、日本の罹患率は2004年で人口10万対23.3(実数として約3万人)に下がってきていますが、オーストラリアや米国の約4倍のレベルです。

結核の診断


結核の病初期は、微熱(午後〜夕刻)、食欲不振、全身倦怠感、寝汗、体重減少などの非特異的症状のみで、次いで持続性の咳、痰(膿性痰)、ときに血痰、喀血、胸痛(胸膜炎で多い)が出現します。つまり、数週間続く咳、痰、発熱、血痰または喀血、易疲労感、体重減少、胸痛など、本症特有な症状はないため、気づきにくいといったことがいえると思われます。

日本の新規患者の80%は、自覚症状による医療機関受診で発見されます(一般病院受診が多く、要注意)。残りの20%は自覚症状がなく、検診で発見されます。

このように、約8割が有症状での医療機関受診で発見され、最初に結核を疑う目が非常に重要となります。診断が確定した慢性気道疾患なしに2週間以上、咳、痰が持続または悪化する場合は例外なく喀痰抗酸菌塗抹培養検査を行うべきであるといわれています。

感染症診断の原則は培養菌での同定です。今日最も有用な方法は、塗抹検査と核酸増幅法の併用であり、数日間で結核症の確定診断が可能となります。

現在、日常臨床での非結核性抗酸菌症の増加は著しく抗酸菌塗抹陽性の約半数は、非結核性抗酸菌の可能性があり、核酸法による菌種同定は必須になっています。

喀痰結核菌塗抹陽性(および、それが強く疑われる)例は、原則として入院治療(隔離)が必要となります。塗抹検査がまず基本となります。生理食塩水の吸入で深部痰の誘発、痰の出にくい例では胃液を採取、また集菌法を使って感度を上げる工夫などで、自然喀痰からの直接法よりかなり高率に検出されます。

ところが、菌の生死や非定型抗酸菌を分別できないため、注意が必要です。さらに、蛍光染色法で陽性に出れば、チールニールセン染色法で確認しますが、ガフキー1〜2号と少数の場合は偽陽性のこともあります。

核酸増幅法(PCR検査)は、結核菌DNAの特有の塩基配列部分を人工的に増幅して検出する方法であり、菌の生死を区別できませんが、理論的には検体中の菌量が極少量でも確実に検出できる迅速判定方法の一種です。抗酸菌塗抹陽性検体で結核菌か否かを判定するのに有用です。

喀痰が塗抹陰性PCRのみ陽性の場合には、培養検査結果で最終判定とすべきであると考えられます。小川培地を代表とする固形培地での培養では、通常4週と8週で判定します。最近主流となりつつある液体培地での培養法では,固形培地で3週間以上かかった陽性判定が2週間以内と短縮され、感度(陽性率)も優位に高いですが、混在し早期に集落を形成する非定型抗酸菌に隠蔽されたり、一般細菌による汚染の率が若干高いといった点も指摘されています。

結核の治療


結核の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

抗生物質ストレプトマイシンの生産菌のゲノムを解読

結核の特効薬として有名な抗生物質ストレプトマイシンを生み出す放線菌「ストレプトミセス・グリセウス」の全遺伝情報(ゲノム)を、東京大と北里大、国立感染症研究所の研究チームが解読し、このほど開かれた日本農芸化学会で発表した。

ストレプトマイシンは1944年、米国のワックスマン博士によって発見され、第2次大戦後の混乱期に多くの結核患者の命が救われた。

ストレプトミセス属でゲノムが解読されたのは3種目。DNAサイズは約855万塩基対で、遺伝子は7138個あった。これまで知られていない化合物を作る遺伝子が見つかり、新薬開発につながる可能性があるほか、さまざまな抗生物質を生み出すメカニズムの解明に役立つと期待される。 
(発見から60年余、ゲノム解読=ストレプトマイシンの生産菌−東大と北里大)


ストレプトマイシンは最初に発見されたアミノグリコシド類であり、結核の治療に用いられた最初の抗生物質だそうです。放線菌の一種Streptomyces griseus に由来します。

ストレプトマイシンはタンパク質合成を阻害することによりバクテリアの成長や代謝を停止させます。具体的には、バクテリアのリボソーム上の 23S rRNA に結合し、代謝を担うあらゆるタンパク質の合成、つまりリボソーム上でのポリペプチド鎖の合成の開始を阻害するそうです。ヒトは真核生物であり、原核生物であるバクテリアとは異なる構造のリボソームを持つため、選択的にバクテリアに効果を与えるとのこと。

ストレプトマイシンは経口で投与できず、筋肉注射を行わなければならないのも有名ですかね。

副作用としては、他のアミノグリコシド系抗生物質と同様に第芝梢牲弌⊃嫗,紡个垢詁農を持つので、副作用として難聴、腎障害等が現れます。かつては、ストレプトマイシンによる難聴は「ストマイ難聴」と呼ばれたそうです。

ゲノム解析が終了したようなので、これからは新薬開発への応用が期待されます。

【関連記事】
血液をO型に変える酵素、ハーバード大などが開発

強毒性細菌 「市中型」MRSAで1歳男児が肺炎で死亡

結核で年間2,000人の死者…マンガ喫茶をホテル代わりは危険?

産経新聞によると(結核で年2000人死亡 都市の社会的弱者注意)、結核は日本でもいまなお、毎年約2,000人の命を奪っている病。専門家は「『過去の病気』と考えずに、早めの受診、治療を」と呼びかけている。

厚生労働省の平成17年の結核発生動向調査によると、同年新たに見つかった結核患者は2万8,319人で、罹患率は人口10万人あたり22.2人。結核による死亡は2,295人だった。

罹患率を都市別にみると、大都市ほど高いことが分かる。飛び抜けて高いのは大阪市で58.8人。以下、神戸市34.5人、名古屋市34.3人、東京23区33.9人などと続いている。この傾向について、加藤さんは「大都市は特に、なかなか医療機関で受診しない社会的弱者が多いことが一因」としたうえで、「都会には一晩寝泊まりし、不特定多数と長く空気を共有するマンガ喫茶のような空間が増えている。若者らがこういった場所を利用することも理由かもしれない」としている。


結核菌は空気感染することから、同じ空間にいるだけで感染してしまいます。
ですから、不特定多数と長く空気を共有するマンガ喫茶のような空間で、しかも疲労やストレスが続くような状態で免疫力が低下していると、感染しやすくなってしまいます。

結核菌は、主に肺に炎症を起こす病気で、咳や痰、微熱などの症状とともに、だるさを感じ、ひどくなると体重が減少したり、胸に痛みを感じたりします。

もし罹患しているならば、周囲の人へ感染する恐れがあり、危険です。
治療としては、複数の抗結核薬を飲むことで治ります。早めに病院を受診するなどの対策をされることを望みます。
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧