お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

脳梗塞

猛暑に気をつける病−血行力学性脳梗塞

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で紹介されていた内容です。

就寝中に襲われる強い尿意のせいで一晩に何度も目を覚まし、昼間の寝不足状態に悩んでいたK・S(55)さん。友人から「それなら水分を控えればいい」と聞いた彼女は、早速、その夜から寝る前の水分を極力控えるように。すると、夜中のトイレの回数が減り、睡眠不足からも解放されました。

それから半年後の夏、水分を控えていることに加え、汗をかくことで頻尿には殆ど悩まされなくなっていたK・Sさん。クーラーは寝入りばなの1時間だけと決め、朝は汗びっしょりで目覚めていました。ところが、ある朝、起き上がって歩き出した時、なぜか左腕がしびれて力が入らなくなり、その後も足がもつれて上手く歩けないなどの症状に襲われるようになります。

ですが、しばらくすれば治っていたため、放っておきました。また、夜に水分を控え、相変わらず汗びっしょりになって眠るのを続けていました。そんな中で、友人達と旅行に出かけることになりました。翌日に控えていたある日、喉が渇きましたが「夜中にトイレに起きて、寝不足だったら旅行を愉しめない」と思い、水分をとるのを止めてしまいました。

翌朝、予定していた時間より寝坊してしまい、慌てて立とうとしたところ、左足がもつれてしまい、上手く立てません。そうこうしているうちに彼女は倒れ、そのまま意識を失ってしまいました。


K・Sさんの診断は、「血行力学性脳梗塞」でした。
血行力学性脳梗塞とは、いわゆる脳梗塞の一種で、特に動脈硬化を起こし狭くなった脳の血管内で、血栓が詰まっていないにも関わらず血流が途絶え、細胞が壊死してしまう恐ろしい病です。原因としては、血圧が急に下がったり、脱水状態になったりすると、血液の流れが極端に減少して梗塞に陥ることがあります。血液の粘り気が高くなったりすると、血管が狭くなっている部分から先の血液の流れが減少してしまうのです。

K・Sさんの場合は、夜中トイレに起きないよう、寝る前の水分補給を控えた上に、熱帯夜だというのに寝入りばなしかクーラーを入れなかったため、寝汗によって大量の水分を失ってしまったようです。その結果、血液の濃縮にいっそう拍車がかかってしまったと考えられます。

慌てて立ち上がったため、脳の血流が減少してしまいました。通常なら、脳を流れる血液の量は一時的に減少しますが、すぐに回復します。ところが、K・Sさんの場合、血液の濃縮が進んでいたため、血液が脳にいく圧力を維持できませんでした。就寝中は、かろうじて維持されていた脳の血流が完全に途絶えてしまいました(血行力学性脳梗塞を起こした)。

友達が発見してくれたことで命を取り留めたK・Sさん。それからは、しっかりと水分を摂り、まだ暑い状態でクーラーを切ってしまわないようにした、とのことです。特に、動脈硬化が進んだご高齢者はお気をつけ下さい。

【関連記事】
本当は怖い仮面高血圧

本当は怖い手のしびれ−多発性硬化症

本当は怖い仮面高血圧

本当は怖い家庭の医学で放送された内容です。

中堅商社に勤めるY・Yさん(45歳)は、仕事熱心で部下からも一目置かれる、やり手営業マン。ところが、家に帰ると2年前に結婚した20歳も年下の妻にデレデレの毎日。

そんなY・Yさんにとって最近の悩みは、決まって仕事中に起きる頭痛。頭全体が締め付けられるような痛みに襲われるのです。それから2年、相変わらず職場では頭痛を感じつつも、毎年の健康診断では血圧が少し高めながら、高血圧とは診断されなかったため、特に気にも留めていなかったY・Yさん。しかしその後、また様々な異変に襲われるようになります。

階段を上ったとき、動悸と息切れを感じるようになった。「今までは、こんなことなかったのに」と気に掛かったY・Yさん。だが、健康診断で異常がなかったため、病院には行かなかった。

しばらくして、子供ができた。リビングでくつろいでいると、妻がミルクを子供にやって欲しいと言われた。テーブルに置かれた哺乳瓶をとろうとしたところ、左手にしびれを感じた。さらに、『このミルクで良いの?』と訊こうとするが、ろれつが回らない。そうこうしているうちに、ついには倒れてしまった。病院に運ばれると、脳梗塞と診断された。


仮面高血圧とは、診察室で医師に測定した血圧値は正常血圧であるのに、家庭や職場で自分で測定した血圧値が高血圧となる場合をいいます。診察室や病院では正常血圧とされるために本当の高血圧がマスクされるという意味で、仮面高血圧(masked hypertension)といいます。

仮面高血圧は、高血圧の指摘を受けたことがない未治療の人でみられる場合と、高血圧治療を受けているが降圧薬の持続が短いために生じる場合とがあります。

前者は、職場でストレスの多い中では高血圧となっているのに、健康診断ではストレスから解放されて正常血圧となってしまう、いわゆる職場高血圧がこれに属します。Y・Yさんもこれにあたります。また睡眠中の血圧が下降せず高いまま早朝まで持続する、ノン・デイッパー(睡眠時無呼吸症候群の患者さんに多いそうです)とよばれる人たちもこれに属します。さらに喫煙者は、健康診断や病院ではタバコが吸えなくなるため、その時だけ血管が拡張し、血圧が低く計測されてしまうこともあるそうです。

現在、仮面高血圧の患者は、血圧が正常だと思われている人の中の、10人に1人と考えられています。ご不安な方は、自宅で血圧を計る習慣をもたれるといいかもしれません。

【関連記事】
高血圧の影響とは:血圧データを送ると生活習慣指導が受けられる

塩分と高血圧の関係の新発見−治療薬に期待

脳梗塞に腎不全…三遊亭圓楽さん1日限りの復活ならず、完全引退へ

落語家、三遊亭圓楽(74)が15日、東京都中央区の銀座ブロッサム中央会館で行われた大銀座落語祭を体調不良のため休演した。平成17年に脳梗塞を発症した影響で今年2月25日に「ろれつが回らない」と引退表明。大銀座落語祭で1日限定の“復活”を果たす予定だったが、実現しなかった。
 
2月25日の東京都千代田区の国立演芸場で「芝浜」を演じた際に「こんな調子ではお客さまの前でやるのは情けない」と自ら52年の噺家人生に幕を下ろした圓楽。同落語祭の出演オファーにも「自信がない」と辞退する構えだったが、弟子の三遊亭楽太郎(57)らの説得で出演を承諾していた。
 
しかし、脳梗塞に加え、長く腎臓を患って週3回の透析を受けるなど“満身創痍”。同落語祭実行委員会スタッフは「体調が整うのをギリギリまで待っていましたが…。休演の連絡がありました」と残念そうに説明した。急きょ、春風亭小朝(52)、林家木久蔵(69)、林家正蔵(44)の3人が代演した。
 
所属事務所は「もともと出演できるか微妙な状態だったうえ、最近、風邪をひいて話すのもままならない。今後、何かに出演することはもうないでしょう」と説明した。
(無念…圓楽1日限りの復活ならず、完全引退の見通し)


脳梗塞は、 脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいいます。日本人の死亡原因の中でも多くを占めている高頻度な疾患である上、後遺症を残して介護が必要となることが多く福祉の面でも大きな課題を伴う疾患です。

脳梗塞は、壊死した領域の巣症状(その領域の脳機能が失われたことによる症状)で発症するため症例によって多彩な症状を示します。代表的な症状としては、麻痺(運動障害)、感覚障害、失調(小脳または脳幹の梗塞で出現し、巧緻運動や歩行、発話、平衡感覚の障害が出現)、意識障害(脳幹の覚醒系が障害や広汎な大脳障害で出現)がおこることもあります。

脳梗塞で言葉が不自由になる場合は、
1.構音障害
喉頭・咽頭・舌の運動にも麻痺や感覚障害(延髄、小脳の障害)が及ぶことで、嚥下や発声機能にも障害が出現します。構音障害は失語とは違い、脳の言語処理機能は保たれながらも発声段階での障害のためにコミュニケーションが不十分となっているものです。
2.失語
優位半球の障害でみられる、高次機能障害で起こってきます。運動性失語(ブローカ失語、非流暢性失語)、感覚性失語(ウェルニッケ失語、流暢性失語)、混合性失語、全失語に分けられます。

引き際を心得られ、「こんな調子ではお客さまの前でやるのは情けない」と自らの噺家人生に幕を下ろされ、惜しまれました。引退後も、雑誌や新聞などで活躍なさっているそうですが、もう高座に上がられることはない、とのこと。残念です。

【関連記事】
船越英二さん脳梗塞で死去

栃東 「頭に異常(脳梗塞)があるのは怖い。続けるかどうかは半々」

江守徹 脳梗塞で新ドラマ降板・入院

「脳梗塞」判明で気力衰え 大関栃東引退

大相撲の大関栃東(30)=本名志賀太祐、東京都出身、玉ノ井部屋=が7日、東京都足立区の玉ノ井部屋で記者会見し、「気力がなくなった」と正式に引退を表明した。
 
栃東は3月の春場所で頭痛を訴え、途中休場。精密検査で過去に脳梗塞を患っていたことが判明し、医師から引退を勧められたという。「(現役を)やりたい気持ちもすごくあったが、頭のことがあって前向きな気持ちになれなかった」と語った。今後は年寄「栃東」として玉ノ井部屋で後進を指導し、父で師匠の玉ノ井親方(元関脇栃東)の定年退職後に部屋を継承する。

栃東はおっつけ、はず押しを武器に2001年九州場所後に大関に昇進した。新大関の02年初場所で初優勝し、序ノ口から各段すべてで優勝。肩や両ひざのけがに苦しみ大関から関脇に2度落ちたが、史上初めて2度とも復帰した。春場所まで大関を30場所務め、優勝3回を記録した。
(「脳梗塞」判明で気力衰え 大関栃東引退 30歳、優勝3回)


脳梗塞とは、脳の細動脈に血栓、凝固塊、脂肪塊、石灰片、腫瘍塊などが詰まって血流を止めてしまうため、脳細胞が壊死する病気です。

脳梗塞には脳血栓と脳塞栓の2通りがあります。血栓は血液凝塊が血管内にできて、その部位に留まっているもの。塞栓は、血液凝塊が発生した部位から体の他の部位に移動して詰まらせるものです。動脈硬化などがあると詰まりやすく脳梗塞になりやすいとされています。

脳梗塞は、壊死した領域の巣症状(その領域の脳機能が失われたことによる症状)で発症するため症例によって多彩な症状を示します。麻痺や感覚障害、小脳または脳幹の梗塞や失調、意識障害や構音障害・嚥下障害などが症状としては有名ですね。

脳梗塞の症状は、徐々に進行して増強してくるものから突然に完成するものまであります。

栃東さんの場合、緩徐に進行していたのではないでしょうか。
生活習慣病の糖尿病、高血圧、高脂血症による動脈硬化で脳の太い動脈や頚動脈が詰まるタイプで特に睡眠時に多く発症するアテローム血栓性脳梗塞というタイプであると考えられます。脳梗塞全体の34%ほどです。

引退後はご静養なさり、高血圧などの治療をなさっていただきたいと思います。

【関連記事】
栃東 「頭に異常(脳梗塞)があるのは怖い。続けるかどうかは半々」

江守徹 脳梗塞で新ドラマ降板・入院
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧