お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

豊胸手術

「雑誌の懸賞に豊胸手術費用」に待った

オーストラリアの男性向け週刊誌「Zoo Weekly」が読者向けの懸賞として豊胸手術の費用提供を企画したものの、違法の可能性があるとして捜査を受けることになった。同国当局が14日に明らかにした。

同誌は「あなたの彼女に豊胸手術を」として、当選者に対し1万豪ドル(約100万円)の手術費用を提供すると発表。しかしニュー・サウス・ウェールズ州当局は、賞品として美容整形を提供することを禁ずる法律にこの懸賞が違反している可能性があるとして捜査を命じた。

「Zoo Weekly」のポール・メリル編集長は有力紙シドニー・モーニング・ヘラルドに対し、賞品として提供されるのは豊胸手術そのものではなく、その手術費用であるため懸賞は合法であると主張した。

オーストラリア形成外科医協会のハワード・ウェブスター会長は、この懸賞による手術を行った医者は、登録がはく奪される可能性があるとしている。
(豪雑誌の懸賞に豊胸手術費用、当局が違法性捜査へ)


『賞品として美容整形を提供することを禁ずる法律』なるものがあるのに驚きです。それにしても、男性雑誌であることが不思議なところです。

豊胸手術とは、その名の通り乳房を大きくする手術を指します。一般的には、豊胸手術は人工乳房を乳房の下に埋め、乳房を下から持ち上げて、バストのボリュームを上げるものです。

最近では、食塩水が注入されたバッグを胸に埋め込みます。また、脂肪吸引を同時に行う場合は、脂肪注入を行うところもあるそうです(ですが、脂肪が吸収され、結果として小さくなってしまったり形成が難しいなどの難点や感染症のリスクなどが指摘されています。また、乳腺学会などにおいて美容外科における膿瘍形成の報告が多く、決して安全な治療とは認められていないことや、石灰化することで乳癌検診の際に引っかかることなどが問題視されています)。

人工乳房の埋め方は、脇の下を2〜3mm切開して、そこから人工乳房を胸部に埋め込みます。乳輪または乳首から切開して人工乳房を埋める方法ではないので、傷跡が残りにくいと考えられます。また、人工乳房を乳房の真下に埋めるより、胸部の下側に埋める方が、人工乳房の皮膜拘縮の原因で固くなってしまったとき、自然な動きが維持できるとされています。

それにしても、彼女に「胸を…大きくしないか?」と切り出すのは、躊躇われないのでしょうか。ちなみに、国内での『あなたの理想は何カップ?』という質問には、男女ともにCカップという回答しています。ですが、中には"Fカップ以上"という男性もいるようなので、難しいところです。

【関連記事】
豊胸手術を受けた女性 自殺率が3〜7倍に

乳がん、検診で発見はたったの2割

乳癌の放射線治療期間が短縮可能に

豊胸手術を受けた女性 自殺率が3〜7倍に

美容のための豊胸手術を受けた女性は自殺する確率が3倍高くなる、という衝撃的な調査結果が発表された。国際伝染病研究所(メリーランド州)のローレン・リップワース医師は「5つの調査のうち、1つが豊胸手術を受けた女性の自殺率が高いことを示した」という。

1965年から93年の間に豊胸手術を受けた3500人のスウェーデン人女性を対象に、術後19年までの死因を調査。その結果、24人が自殺していた。自殺率は45歳以上の女性の場合、手術を受けない人より7倍も高かったという。
 
その原因は明確ではないが、リップワース医師は「豊胸手術を受ける前に不安だったという女性が多いのかもしれない。手術から10年か20年後に精神の不安定が再発または悪化するのでないか」と推測する。自殺のほかに精神的な障害による死亡、アルコールや麻薬中毒に陥りやすいのも豊胸手術を受けた女性の特徴だという。

ペンシルベニア医科大のデービッド・サーワー助教授は「勤務先での昇進や結婚生活の継続を目的にした手術はよくない。病後に見栄えをよくするなどの理由で受ける手術はよい。とはいえ、手術による利点も多く、悪い人生の結末を迎える人はごくわずかだ」と話している。
(豊胸手術は自殺を高める 3−7倍に)


豊胸手術とは、その名の通り乳房を大きくする手術を指します。一般的には、豊胸手術は人工乳房を乳房の下に埋め、乳房を下から持ち上げて、バストのボリュームを上げるものです。

人工乳房は上記の通り、乳房の下に生食バッグを埋め、乳房組織には埋めません。ですので、手術後の型くずれや乳癌の心配はないとされています。以前では、シリコンバッグを胸に埋め込んでいましたが、漏出して乳癌の要因となる事や、仕上がりがボールのような不自然に真ん丸な円形になることが問題視されていました。

最近では、食塩水が注入されたバッグを胸に埋め込みます。また、脂肪吸引を同時に行う場合は、脂肪注入を行うところもあるそうです(ですが、脂肪が吸収され、結果として小さくなってしまったり形成が難しいなどの難点や感染症のリスクなどが指摘されています。また、乳腺学会などにおいて美容外科における膿瘍形成の報告が多く、決して安全な治療とは認められていないことや、石灰化することで乳癌検診の際に引っかかることなどが問題視されています)。

胸の発育不良や乳房の大きさが左右で違う人、性転換手術(性適合手術)の一環としての手術などを除き、一般的には「美容面」で豊胸手術を望まれるのではないでしょうか。「人生が、何か変わるのではないか」という希望をもって、意を決するのであると思われます。

「何かを変えたい。自分の人生に不満がある」という希望は、誰しも大なり小なりあるかと思われますが、やはり手術という経済的にも肉体的にも負担が大きいことを決意する(決意せざるをえない)状況にある人は、もしかしたら「何らしらかのプレッシャー」に必死で抗おう、苦境を変えよう、としている人が多いのではないでしょうか。

美容整形は、外見だけでなく、内面にも大きく作用するものだと思います。となると、術前・術後の心のケアが実は非常に重要なものであると思われます。

【関連記事】
未成年と間違われた46歳 若さの秘密は「4千万円の美容整形」

「整形・脂肪吸引は本当に必要?」 ビューティーコロシアムが話題に

脂肪吸引手術を受けた女性 路上に放置される
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧