お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

赤ちゃん

赤ちゃんの夜泣きに有効な「ファーバー方式」

日経メディカルの記事の「アメリカ式、夜泣きにてきめんに効く方法とは?」という記事が掲載されています。夜泣きに悩む親御さんのために、有用だと思われるので、紹介いたします。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド
赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

子供が一晩中続けて寝られるかどうかは大きな関心事で、多くの本が出版されている。中でも有名なのは、ボストンの小児病院で小児睡眠障害センター長を務めるファーバー医師による方法

ファーバー方式
1) 最初に寝かしつける時も、夜中に赤ちゃんが起きた時でも、部屋で一人で泣いている赤ちゃんをすぐにあやさない。
2) 決まった時間(最初の日は3分)待ってから、 ベビーベッドの外から数十秒間、声を掛けたり触ったりして赤ちゃんをあやし、たとえ泣き続けていても、また部屋を去る。
3) そうして少しずつ、その間隔を長くしていき、親がいなくても自分一人で寝入ることを教えていく。


ちなみに、南米やアジアからの移民たちの間では、添い寝(cosleeping)が一般的。アメリカ人でも、ナチュラル派や母乳育児促進派の人たちの間では添い寝がはやり始めているものの、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを高めるとして白い目で見られることもいまだに多い。実際、米国小児科学会は2011年に、添い寝に反対する声明を出している。だが、親たちが肥満であったりアルコールを飲んでいる場合を除き、添い寝は逆にSIDSを減らすという報告もあり、論争は続いている(Paediatr Respir Rev. 2005; 6:134-52.)。

私自身は添い寝で育ったし、母乳育児には最適だということもあり、 私は最初から添い寝を選択した。わが家には布団も畳もないので、ベッドフレームを解体し、マットレスを直接床に置いた。最初の数カ月は、2〜3時間おきに授乳するのも寄り添うだけで済み、ベッドを出てミルクを作ったりすることに比べれば、比較にならないほど楽だった。

しかし、職場復帰後、生後4〜5カ月を過ぎ、ママ友の赤ちゃんたちが継続して5時間以上の睡眠を次々と達成する中、わが家の息子は逆に、夜中に起きて私が授乳する回数がどんどん増えていった。昼間、仕事で離れていて寂しいからだろうか。はたまた、24時間営業のバイキングレストランで寝ているようなもので、眠気より食欲が勝ってしまうのだろうか。夜中に6〜7回起きることが毎日続いた。


そこで…筆者がとったのがファーバー方式だったそうです。続きを読む

日本赤ちゃん学会とは

日本赤ちゃん学会(理事長=小西行郎・東京女子医科大学教授)は、地域や企業内の保育所などで働く保育士らを対象にした新たな講座を、5月にも大阪でスタートさせる。来年度以降、東京を含めた他都市での開講も検討する。
 
これまで育児現場に出る機会が少なかった認知発達心理学系の研究者らが指導にあたる。受講修了者には同学会認定の“資格”が与えられる。
 
この講座では、赤ちゃんの行動観察や実技などを交えたカリキュラムを組む方針。テーマも認知や運動、言葉、睡眠、音楽など多岐にわたる。小西理事長は「保育士に対し、最新の研究に基づいた指導を行うことで、父母たちにも正しい知識や情報が届く。育児に対する不安についても、保育士を通じて科学的に説明することも可能になるだろう」と話している。
(日本赤ちゃん学会の新講座スタートへ 保育士ら対象)


日本赤ちゃん学会という聞き慣れない学会名。
その設立理念は、"赤ちゃんを総合的にとらえ、医療、工学、心理学、社会学など多面的な視点から「赤ちゃんを中心とした赤ちゃん学」という21世紀の学問領域の構築を目指す"というものとのこと。平成13年4月に設立されたそうです。

小林登(東京大学名誉教授)と小西行郎(東京女子医科大学教授)が、前身の日本乳幼児行動発達研究会を発展させようと考えたのが始まり。入会方法は、
1)会員事務局から「日本赤ちゃん学会入会申込書」を取り寄せる。

2) 「日本赤ちゃん学会入会申込書」に必要事項を記入のうえ、郵送にて会員事務局に送付(ファックス、メールは不可)

3)上記入会申込書の送付から10日以内に年会費を指定口座に振込み(年会費は、正会員5000円、学生会員3000円)

…とのこと。結構、お手軽に登録できるそうです。
シンポジウムなど、精力的に活動されているようです。公開講座なども行われ、「どう育てたら…」といった保護者や保育士の方への啓蒙を行っている模様。興味のある方は、日本赤ちゃん学会HPから公開シンポジウムの案内を読まれてはいかがでしょうか。

【関連記事】
日本医学会「適性に欠ける若者は医師を志すな」と対話シンポ

モグリの医者見抜けます 医師・歯科医の資格確認サイト
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧