お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

適応障害

適応障害の実体験と治療を明かす−兒玉怜さん

ヴォーカルの兒玉怜の適応障害により活動を休止していた彼らにとって久々のライヴということで、当日は2500人のファンが集まり、会場は超満員。異様とも思える盛り上がりを見せたのはもちろん、ステージ上に立つメンバーを目の当たりにして、感極まるオーディエンスも。

また、そんなKannivalismもファンの想いに応えるかのように、アンコールでは初期(怜と圭がbaroqueとして活動を始める前のKannivalism)の名曲「大好き」を披露したりと、まさにバンドとファンが素敵な時間を共有している姿がそこにはあった。

さらに、ヴォーカルの兒玉怜が適応障害による壮絶な実体験を明かした著書『鬱病ロッカー』(ランダムハウス講談社)も初版の1万5000部を完売し、増刷決定。11月に緊急発売した新曲「life is」はオリコンで初登場22位にランクインした。
(Kannivalism、2年3ヶ月振りのステージで完全復活)

適応障害とは


適応障害とは、環境変化や心理社会的ストレスにより、家庭・学校・職場などでの目的に合った行動が困難となったり、自らの心理的満足が得られなくなった状態を指します。

そのような不適応の結果として、情緒面や行為の上で特有の症状を示す精神疾患の一範疇として定義されています。すなわち、対人関係や仕事の問題、災害、移住などのストレス因子への曝露によって、抑うつ気分、不安、苦悩、緊張、怒り、日課の遂行ができなくなる、非社会的行動などの症状が出現します。

そもそも、(精神医学における)適応とは、人が生活状況の変化あるいは不慣れな課題に際して、自らの要求の変化および環境条件の選択などにより、葛藤や不安を最小限にとどめながら効果的に生活様式を変える機制、と説明できると思われます。こうした適応は、遭遇する状況や課題のほか、個人の性格、知的能力、生活経験および価値体系により可能か不可能かが分かれてくると思われます。

不適応の結果、精神症状の発現には個人の脆弱性だけではなく、ストレス因子の存在が必須であり、症状はストレス因子が消失すれば数ヶ月程度の期間をおいて消失することが多いです。

適応障害の診断基準は、DSM-?による診断基準によると、
1.ストレスとなる出来事から3ヶ月以内に精神面や行動面に異常があらわれている。
2.次のどちらかが当てはまる。
i)そのストレスになるような出来事にさらされると、予想よりもはるかに強い苦痛を感じる。
ii)社会、仕事または学業の面で支障がある。

3.ストレスからくることは明らかだが、不安障害や感情障害など他の精神障害の判断基準を満たさない。また、精神遅滞や人格障害が悪化したためにおこったものでもない。
4.死別が原因でおこった反応ではない。
5.そのストレスがなくなれば、症状は6ヶ月以内に消失する。


このようになっております。このような診断基準やうつ病などの疾患との鑑別を考え、診断していきます。

適応障害の治療


適応障害の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

適応障害から治療後、復帰していた−kannivalism・怜さん

ボーカル・怜の適応障害により2008年1月より活動を休止していたkannivalismが、1年7カ月ぶりに活動を再開。また、新メンバーとしてドラムの光也が加入することが発表された。

活動再開に当たって行われた記者会見の席上で怜は「病気のことについても今では前向きに考えています。今後は新たなメンバーを含め頑張っていこうと思います」と真剣な眼差しでコメント。ソロ活動を行っていた圭(G)は、「怜が難しい病気にかかり、メンバーもどうしてよいかわからなくなったこともあった」「新メンバーも加わり、再び同じ夢を追えることがうれしい」と裕地(B)とともに怜復活の喜びを語った。

また、新メンバーとして加入した光也は、「よりバンドらしい音になると思うので、よろしくお願いいたします」と緊張した様子を見せながら発言。他のメンバーから「暗い!」といじられる場面もあった。
(ボーカル・怜復帰!kannivalismが新メンバー迎え再始動)

適応障害とは


適応障害とは、環境変化や心理社会的ストレスにより、家庭・学校・職場などでの目的に合った行動が困難となったり、自らの心理的満足が得られなくなった状態を指します。

そのような不適応の結果として、情緒面や行為の上で特有の症状を示す精神疾患の一範疇として定義されています。すなわち、対人関係や仕事の問題、災害、移住などのストレス因子への曝露によって、抑うつ気分、不安、苦悩、緊張、怒り、日課の遂行ができなくなる、非社会的行動などの症状が出現します。

そもそも、(精神医学における)適応とは、人が生活状況の変化あるいは不慣れな課題に際して、自らの要求の変化および環境条件の選択などにより、葛藤や不安を最小限にとどめながら効果的に生活様式を変える機制、と説明できると思われます。こうした適応は、遭遇する状況や課題のほか、個人の性格、知的能力、生活経験および価値体系により可能か不可能かが別れてくると思われます。

不適応の結果、精神症状の発現には個人の脆弱性だけではなく、ストレス因子の存在が必須であり、症状はストレス因子が消失すれば数ヶ月程度の期間をおいて消失することが多いです。

適応障害の診断


適応障害の診断基準は、DSM-犬砲茲訖巴粘霆爐砲茲襪函
1.ストレスとなる出来事から3ヶ月以内に精神面や行動面に異常があらわれている。
2.次のどちらかが当てはまる。
i)そのストレスになるような出来事にさらされると、予想よりもはるかに強い苦痛を感じる。
ii)社会、仕事または学業の面で支障がある。

3.ストレスからくることは明らかだが、不安障害や感情障害など他の精神障害の判断基準を満たさない。また、精神遅滞や人格障害が悪化したためにおこったものでもない。
4.死別が原因でおこった反応ではない。
5.そのストレスがなくなれば、症状は6ヶ月以内に消失する。

このようになっております。このような診断基準やうつ病などの疾患との鑑別を考え、診断していきます。

適応障害(とくに職場不適応症)の治療


適応障害(とくに職場不適応症)の治療には、以下のようなものがあります。続きを読む

適応障害とは:「職場性うつ」30代で増加のナゼ

特に30代前後の比較的に若い人たちで多いらしく、労働生産性の観点からも見過ごせない。労務行政研究所が2005年に行った調査では、うつやノイローゼなど精神不調を示して1カ月以上休職している社員がいる企業は約51%、1000人以上の企業で約79%に達する。
 
ただし、ある専門家によるとこの症状は、本来の鬱病とは若干異なっているらしい。鬱病の特徴として不眠や全般的な活力低下が挙げられるが、最近の30代によく見られる症状は、職場では意欲や集中力が低下するが、職場を出れば元気になるし、中には合コンには積極的に参加する奴もいるという。
 
これはもう、鬱病というより「適応障害」の一種。仕事のプレッシャーに対する極端な弱さに起因する「職場性うつ」なのだ。
 
それにしても、そのような職場性うつが30代前後の若手で多くなっている背景には、何があるのだろうか。
 
度重なるリストラで中間管理職が不足した結果生じたマネジメント不在を原因視する考え方もある。もしそうなら若手社員はかえって伸び伸びと仕事ができてハッピーなのでは、と思ってしまうが、そうでもないらしい。
(「職場性うつ」30代で増加のナゼ)


「命令されて安心する若者」というこの文章の論調には賛成しかねますが(それよりも、「どうせ働いたところでリストラ」といった閉塞感や、昔よりも会社に対する帰属感が薄いといったことが問題のように思います)、どうやら、数字的には適応障害が増えてはいるそうです。

恐らく、前々からこうした患者さんは潜在的にはいても、社会的に広く認知されていなかったり、精神科や心療内科へ行くにも敷居が高かった、ということで顕在化してなかっただけでは、とも思われます。

そもそも適応障害とは、ストレス因子により、日常生活や社会生活、職業・学業的機能において著しい障害がおき、一般的な社会生活が出来なくなるストレス障害とされています。社会生活や職業・学業などにも支障をきたし、生活機能の低下や、業績・学力の低下、場合によっては就業・就学そのものが不可能になることがあるため、社会的な問題となっています。
適応障害の診断基準(DSM-犬砲茲訖巴粘霆燹
1.ストレスとなる出来事から3ヶ月以内に精神面や行動面に異常があらわれている。
2.次のどちらかが当てはまる。
,修離好肇譽垢砲覆襪茲Δ塀侏荵にさらされると、予想よりもはるかに強い苦痛を感じる。
⊆匆顱∋纏または学業の面で支障がある。

3.ストレスからくることは明らかだが、不安障害や感情障害など他の精神障害の判断基準を満たさない。また、精神遅滞や人格障害が悪化したためにおこったものでもない。
4.死別が原因でおこった反応ではない。
5.そのストレスがなくなれば、症状は6ヶ月以内に消失する。

うつ状態(感情障害)におちいってしまう患者さんも多いため、診断が難しいことがあります。ストレス因子が無くなった後も、半年以上症状が続く場合は、他のストレス障害(PTSDや分類不能の重度のストレス障害)や特定不能の不安障害などを考慮する必要があります。

治療としては、抑うつ感や不安感が有る場合は、抗うつ薬や抗不安薬の投与を行います。また、精神療法によってストレス脆弱性の体質改善も効果があると言われています。

ですが、病気の原因に成っているストレス因子の除去が本人の治療にとって、もっとも一番不可欠な要素とされています。医師に相談しながら、今後のことをゆっくりと考え直してみる、ということが重要であると思われます。

【関連記事】
華原朋美 薬物依存症だった

アルコール依存症とは
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧