お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

顎関節症

顎関節症の症状に早めに気づく徴候

顎関節症は、歯ぎしりや歯の食いしばりが引き金となって生じることの多い顎の障害である。
米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)によると、顎関節症には以下のような症状がよくみられるという:

・顔面筋、顎関節、耳、肩または首周辺の筋痙攣による痛み。
・咀嚼時、あくび、話すときの痛み。
・口の開閉時にクリック音やはじけるような異常な音が鳴る。
・物をかじったり噛んだりするのに障害がある。
・顎が動かなくなる。
・難聴または耳鳴り、めまい、頭痛などがある。

(顎関節症の徴候)

顎関節症とは


顎関節症とは、口を大きく開いたり、物を噛んだりする際に、顎関節部または咀嚼筋部を中心に痛みを訴え、さらに運動に伴う雑音や運動自体の障害(開口障害など)がみられ、類似の症状を呈する疾患(例えば顎関節強直症,関節リウマチなど)を除外した疾患群を指します。

簡単に言えば、何らかの原因でアゴにかかった大きな負担から、痛みや音が出るといった異変が発生し、最終的には口がほとんど開かなくなってしまう疾患、といえるでしょう。潜在患者数は、日本人の2人に1人であり、20代から30代の女性に多く見られる疾患です。

病態としては、顎の関節でクッションの役割をしている関節円盤と呼ばれる組織が、何らかの理由で本来の位置からずれてしまうことが考えられます。すると顎は、正常な働きが出来ず、痛みや口が開かない症状などが現れてきます。

原因はまだ完全には分かっていませんが、精神的ストレスによる長時間の歯の噛み締め行為が関係していると言われています。一度の噛み締め行為で、顎には50kgもの負荷がかかると言われています。

顎関節症の診断とは


顎関節症は、痛みの部位と病態によりI〜V型に分類されます。
・I型:咀嚼筋障害
・II型:関節包・靭帯障害
・III型:関節円板障害(a:転位した円板は開口時に下顎頭との関係が復位し、関節雑音“クリック音”を伴う、b:転位した円板が開口時にも復位せず、雑音は消失または軋轢音で,開口障害“ロック”を伴う)
・IV型:変形性顎関節障害
・V型:上記I−IV型に含まれないものである
(日本顎関節学会・編、飯塚忠彦・監:顎関節症診療に関するガイドライン、2001年、口腔保健協会)

I・II型は疼痛の部位からの判定となりますが、III・IV型では関節円板の位置異常などをMRIで、また、IV型は単純X線検査(パノラマX線、側斜位経頭蓋法など)でも描出可能です。

顎関節症の治療とは


顎関節症の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

顎関節症とは:ホットドッグ早食い王者の小林尊さんピンチ

米メディアは26日、7月4日の米独立記念日恒例のホットドッグの早食い競争6連覇中の小林尊さんが顎関節症に苦しんでおり、ほんの少ししか口を開けられない状態だと報じた。

ライバルの米国人男性が今月2日、米アリゾナ州の早食い競争で12分間に59個半を食べ、小林さんの記録を破った後だけに、米メディアは「関節症が7連覇の望みを打ち砕くかも」(AP通信)などと伝えている。

小林さんは独立記念日の早食い競争で昨年は制限時間の12分間に53個4分の3を食べ、自身が2004年に作った53個半の最高記録を更新、6連覇を飾った。小林さんはインターネットのブログであごの関節症を告白した。
(ホットドッグ早食い王者ピンチ!顎関節症に 7連覇に黄信号か)


顎関節症とは、顎関節に発生する開口時の疼痛 、開口時の関節雑音(クリック音と呼ばれます)、開口制限を特徴とする症候群のことです。子供から大人まで幅広く発生するが、20歳代から30歳代の女性に好発する傾向がある。しかし、大きく開口するあくび、笑いといった常日頃の何気ない動作や、歌唱、寝違え、頬杖などでも引き起こされることがあります。

顎関節症は、異常な開閉口運動や歯ぎしり、入れ歯の不具合などで起こります。かみ合わせや筋緊張が原因のことが多く、さらにストレスが加わることも問題となります。

診断としては、1)開口時の疼痛 、2)開口時の関節雑音、3)開口制限 があるかどうかで判断されます。

治療法としては、原則として、原因や誘因の除去する治療法が主となり、顎の安静や咬合異常の整復を目的とします。小林さんの場合、一度に大きく頬張るクセがあったのではないでしょうか。また、そうしたトレーニングを積み重ねていらっしゃったりすることが原因のように思います。いわば「職業病」となっているのかもしれませんが、少しお休みなさったほうがよろしいかと思われます。

【関連記事】
「きまぐれオレンジ★ロード」まつもと泉さん:脳脊髄液減少症で闘病していた

チェ・ホンマンさん、末端肥大症と診断される
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧