YOUMIURI ONLINEで、「脳ドックで髄膜腫の診断」という記事が掲載されていました。
脳ドックのコンピューター断層撮影(CT)で、髄膜腫と診断されました。症状はないのですが、大きくなったら脳外科で診てもらった方がいいと言われ不安です。(66歳女性)

この相談に関して、東京女子医大東医療センター脳神経外科教授である糟谷英俊先生は、以下のようにお答えになっています。
髄膜腫は最も頻度の高い良性の脳腫瘍です。成人100人のうち2〜3人にあります。

頭痛や頭部外傷、脳ドックなどで、CTや磁気共鳴画像(MRI)検査が行われるようになり、見つかることが増えています。偶然見つかった腫瘍はほとんどは大きくなりませんが、経過観察が必要です。

女性に多く、乳がんとともに見つかる場合もあることから、女性ホルモンが関係すると考えられています。放射線被曝後や遺伝性疾患に伴うこともあります。

腫瘍のほとんどは脳を包む髄膜から発生し、脳や神経を圧迫して症状を引き起こします。視力障害、顔面神経まひ、手足のまひや、けいれんなど、症状が出て見つかった場合や、腫瘍が大きくなった時には、治療が必要です。

髄膜腫とは、脳や脊髄を被う「硬膜」に付着して発生する、くも膜細胞由来の腫瘍です。そのため、くも膜顆粒というもののある所に発生しやすく、具体的には、「脳室内:や、稀に「頭蓋外」にも発生します。髄膜腫は発生部位により頭蓋骨円蓋部、頭蓋底部、脊髄腔の各部位の名称で分類されます。

中年以降の女性に多く、症状としては痙攣、徐々に出現する片麻痺や脳神経麻痺、認知症などで発症します。硬膜に付着して発育し、脳の圧排症状を呈します。テント上が9割を占め、大脳円蓋部は焦点発作や不全麻痺を起こし、傍矢状部は下肢の片麻痺を生じる可能性があります。

診断では、頭部CTやMRIなどが有用です。単純CTでは境界鮮明な軽度高吸収域を示し、造影CTで比較的均一に造影されます。MRIではT1、T2ともやや延長する傾向にあり、Gd増強T1強調画像で著明に増強されます。付着部の硬膜も増強されることがあり、髄膜腫に特徴的とされます。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む