お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

高血圧

高血圧患者の半数は無自覚・無症状です

日本高血圧学会によれば、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされています。しかし、近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされています。

高血圧症といえば、脳出血のリスクや動脈硬化・狭心症/心筋梗塞のリスクとなります。あまりに無自覚であると、手痛いしっぺ返しを食う可能性があります。



JAMAによると、「高血圧の半数以上は、自覚なし」(Prevalence, Awareness, Treatment, and Control of Hypertension in Rural and Urban Communities in High-, Middle-, and Low-Income Countries)とのことでした。
世界628地域に住む35-70歳の14万2042人を対象に、高血圧の罹患状況を横断研究で調査。高血圧の有病率は40.8%で、うち自覚者は46.5%だった。自覚者の87.5%は薬物治療中で、32.5%で血圧コントロールができていた。低所得国では学歴と自覚率・治療率・コントロール率のそれぞれに関連が見られた。


さらに、BMJによると、以下のように「高血圧症に関して、あまりにも無関心である」という実態が指摘されています(Lay perspectives on hypertension and drug adherence: systematic review of qualitative research)。続きを読む

高血圧薬の効き目を検証できる検査キット

ジャスダック上場の試薬メーカー、免疫生物研究所は高血圧の原因となる物質を検出する検査キットを開発した。血圧を調整するたんぱく質を検出し、高血圧治療薬の効き目を簡単に検証することができる。降圧剤の開発を進める製薬会社からの需要を見込んでおり、早ければ年内にも発売する。
 
開発したキットは血液や尿に含まれる「アンジオテンシノーゲン」と呼ばれるたんぱく質の量を測定する。アンジオテンシノーゲンは酵素の影響を受けて変異すると、血管を収縮させて血圧を上げる働きをする。
(免疫生物研究所、高血圧薬の効き目を検証できる検査キット)


高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされています。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いですが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクとなる点で臨床的な意義は大きいです。

近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされています。

薬物治療の開始に当たり、最初に使用する薬剤を第一選択薬といいます。高血圧治療ガイドラインでは第一選択薬の降圧薬は、6種類の中から選択することが推奨されています。
1)アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)
2)アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)
3)カルシウム拮抗薬
4)β遮断薬
5)α1遮断薬
6)利尿薬


なにもリスクがない患者では、コストが安い利尿薬やカルシウム拮抗薬を第一選択ととします。60歳未満ではACE阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、β遮断薬なども用いられます。

降圧利尿薬は古典的な降圧薬ですが、低カリウム血症、耐糖能悪化、尿酸値上昇などの副作用にもかかわらず、最近の大規模臨床試験の結果では、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、Ca拮抗薬などの新しい世代の降圧薬に劣らない脳卒中、心筋梗塞予防効果が証明されており、米国では第一選択薬として強く推奨されています。

降圧薬がしっかりと効いているのか、判断することでより効果的な治療ができると考えられます。単に血圧を計り、下がっているかどうか、ということ以上に意義ある検査になることが期待されます。

【関連記事】
本当は怖い仮面高血圧

塩分と高血圧の関係の新発見−治療薬に期待

「平均血圧」の上昇で分かる動脈硬化

高血圧の影響とは:血圧データを送ると生活習慣指導が受けられる

高血圧の影響とは:血圧データを送ると生活習慣指導が受けられる

臨床試験向け支援システムなどのサービスを提供するメビックス(東京都文京区)は11日、海老名総合病院附属海老名メディカルサポートセンター(神奈川県海老名市)と共同で、家庭用血圧計と通信機器を活用して自宅にいながら測定した血圧データなどの評価や生活習慣指導が受けられる「家庭血圧管理サービス」を開始すると発表した。

メビックスは、家庭用医療機器などを使って生活習慣病や心筋梗塞などを予防する「ヘルスケアコミュニケーション事業」を収益柱に育てる計画で、今回のサービスはその第一弾。今後、多くの医療機関と連携を強化し、同事業の拡充を目指す。

このサービスは、同センターが実施するメタボリックシンドロームの診断に訪れた受診者を対象に行う。利用者は家庭で測定した血圧値を専用の通信機器を使用して送信すると、送信されたデータに基づいて同センターの医師が血圧の評価や日々の生活のおくり方などのアドバイスを記入したリポートを自宅に定期的に返信する。

血圧は常に変動しており、外来や人間ドックなどの血圧測定だけでは、正確に測ることが難しかった。しかし、このサービスでは日々の血圧を測定したデータを医師に診断してもらえるため、自宅にいながらより正確な血圧の診断が受けられる。また、医師から生活習慣の改善への助言も得られるほか、治療効果の把握なども確認できるという。従来、診断の前には血圧日誌などを付けたりしていたが、利用者は専用の通信機器を使うため、こうした煩わしい作業もなくなる。
(血圧データを送ると生活習慣指導が受けられる)


高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態で、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態です。

高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いですが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクとなる点で臨床的な意義は大きいとされています。生活習慣病のひとつで、肥満、高脂血症、糖尿病との合併はメタボリックシンドロームの一因であるとされています。近年の研究では、血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされています。

高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧症とホルモン異常などによって生じる二次性高血圧に分類されます。本態性高血圧の原因は単一ではなく、両親からうけついだ遺伝的素因が、生まれてから成長し、高齢化するまでの食事、ストレスなどのさまざまな環境因子によって修飾されて高血圧が発生するとされます。

高血圧の合併としては、脳卒中、虚血性心疾患、腎障害、眼障害(高血圧性網膜症や、網膜動脈・網膜静脈の閉塞症、視神経症など)、心肥大、心不全、動脈瘤などがあります。とくに、動脈硬化からこうした疾患へ移行していくことがあります。

治療としては、食事療法や運動療法を行い、それでも140/90mmHgを超えている場合は降圧薬による薬物治療を開始します。まずは利尿薬やカルシウム拮抗薬を第一選択として用い、ほかにはACE阻害薬、アンジオテンシン脅容体拮抗薬、β遮断薬なども用いられます。

病気の予防のために、高血圧がご心配な方や、家族の中に動脈硬化がもとで病気になったご家族がいらっしゃる方は、こういったサービスで血圧のコントロールをされてはいかがでしょうか。

【関連記事】
塩分と高血圧の関係の新発見−治療薬に期待

日本人のがん死亡原因トップは「何のがん」かご存じですか?

塩分と高血圧の関係の新発見−治療薬に期待

日本人に多い塩分のとり過ぎによる高血圧が起こる新たな仕組みを、東京医科歯科大の内田信一・准教授(腎臓内科)らのグループがマウスを使った研究で明らかにした。新しい治療薬の開発も期待できる成果で、米科学誌セル・メタボリズム5月号に発表した。

高血圧は複数の要因が重なって起きることが多く、原因ははっきりしない場合が多い。そんな中で、偽性低アルドステロン症2型という遺伝性の高血圧の場合、塩分を尿に排出する機能の異常が原因とされ、関係する遺伝子もほぼ特定されている。しかし、具体的な仕組みはよくわかっていなかった。

内田さんらは、遺伝子操作でこの病気を起こしたマウスを詳しく調べたところ、腎臓にあるたんぱく質が活性化され、尿の元になる液体から塩分を過剰に再吸収し、排出を妨げていた。その結果、体液が増えて高血圧が引き起こされていることがわかったという。

体が血圧を調整する仕組みとしてはレニン・アンジオテンシン系が知られ、今の降圧剤はこれに働きかけるものが多い。偽性低アルドステロン症2型自体の患者数は少ないが、今回わかった塩分と高血圧の関係は多くの高血圧患者にかかわると考えられる。内田さんは「レニン・アンジオテンシン系とは別の仕組みなので、全く新しい降圧剤の開発につながる可能性がある」と話している。
(塩分排出妨げ、高血圧起こす仕組み発見 新薬に期待)


日本高血圧学会によれば、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされています。しかし、近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされています。

高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧症とホルモン異常などによって生じる二次性高血圧に分類されます。本態性高血圧の原因は単一ではなく、両親からうけついだ遺伝的素因が、生まれてから成長し、高齢化するまでの食事、ストレスなどのさまざまな環境因子によって修飾されて高血圧が発生するとされます。

治療薬としては、利尿薬やカルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシン脅容体拮抗薬、β遮断薬などがあります。今回の発見で、新たな治療薬が生まれるのかも知れません。

【関連記事】
日本人のがん死亡原因トップは「何のがん」かご存じですか?

炎症反応止める酵素発見−アレルギー疾患やリウマチ治療に期待
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧