お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

麻疹

はしか検査試薬、新たに8万人分を供給へ

首都圏を中心に流行しているはしかに対する免疫があるか調べる検査試薬が不足している問題で、厚生労働省は都道府県に対し、31日までに約8万人分の試薬が新たに供給される見込みであると通知した。

試薬は、今月だけで約16万人分が供給されたが、同24日には製造・販売業者の在庫がほぼなくなった。今後、6月末までに約60万人分を確保できる見通し。同省では、医療機関などに対し適正量を購入するよう求めている。
(はしか検査試薬、新たに8万人分を供給へ)


首都圏ではしかが流行し、はしかに対する免疫があるか調べる人が急増している影響で、検査試薬が不足し、複数の検査会社が業務の中断に追い込まれたことが問題となっていました。

その結果、免疫があるにも関わらず、ワクチン接種をする人が多くなり、ワクチンまでもが不足する状況になってしまう、ということも懸念されていました。その心配を緩和するためにも、試薬を増産することになったのではないでしょうか。

大手検査会社によると、ゴールデンウイークが終わった今月上旬ごろから依頼が増え始め、中旬になって急激に増加。「EIA法」という検査で、それまで1日に約100件だった依頼が約7000件になってしまったそうです。そのため、試薬の在庫が乏しくなり、他の検査法も含めほぼ全面的に中断したそうです。

麻疹抗体に関する検査は、血液検査を行うことである程度判明しますが、血液検査にもEIA法、NT法、PA法など様々な方法があります。このうち、最も推奨されるのはEIA法という検査法です。

何とか試薬の不足は、免れる見通しが立ったのではないでしょうか。

【関連記事】
はしか免疫検査の希望急増で試薬不足

はしかが若者に感染拡大しているワケ

はしか免疫検査の希望急増で試薬不足

首都圏ではしかが流行し、はしかに対する免疫があるか調べる人が急増している影響で、検査試薬が不足し、複数の検査会社が業務の中断に追い込まれたことがわかった。流行は当分続くとみられ、検査をしないで予防接種を受ける人が続出して、ワクチンの在庫が逼迫する恐れもある。

はしかは、過去にかかったり、予防接種を受けたりして免疫が十分ある場合は、再度ワクチンを接種する必要がない。免疫があるかどうかは、一般的に医療機関が採取した血液を検査会社に依頼して調べる。

大手検査会社によると、ゴールデンウイークが終わった今月上旬ごろから依頼が増え始め、中旬になって急激に増加。「EIA法」という検査で、それまで1日に約100件だった依頼が約7000件になった。そのため、試薬の在庫が乏しくなり、他の検査法も含めほぼ全面的に中断した。

別の検査会社も1日1000件程度だった検査依頼が今週は約1万件に急増。試薬不足で業務を中断したという。

厚生労働省によると、はしかワクチンの在庫は、今月16日には風疹との混合ワクチンも含め約45万本あったが、17、18日の2日間で約16万本も減った。医療機関や自治体の購入が相次いだとみられる。

厚労省は今月中旬、都道府県や日本医師会などに対し、ワクチン接種の前に免疫の有無を調べ、必要な人だけが接種することを求める通知を出した。
(はしか免疫検査の希望急増で試薬不足、業務中断も)


麻疹抗体に関する検査は、血液検査を行うことである程度判明しますが、血液検査にもEIA法、NT法、PA法など様々な方法があります。このうち、最も推奨されるのはEIA法という検査法です。

EIA法とは、酵素免疫測定法とも呼ばれます。
感度が非常に高く、特異性に優れ、免疫グロブリンクラス別の定量的抗体検出が可能となっているといわれています。一方で、高感度である一方、自己抗体などによる偽陽性反応が認められることがあり、結果の解釈には注意を要します。

ですので、陰性だったらワクチンを考える、という判断材料にできそうですが、陽性でも注意が必要、ということになっています。

以前、インフルエンザの流行期に"タミフルが足りない"などと懸念されていました。
医療従事者は、流行期にはこうした問題が必ず起こってくるということを日頃から考え、対策を要するようです。

【関連記事】
はしかが若者に感染拡大しているワケ

はしか大流行 免疫低下で感染? 3/4以上が10〜20代

はしかが若者に感染拡大しているワケ

首都圏を中心にはしか(麻疹)が流行し、高校や大学が次々に休校(休講)に追い込まれる状況が続いている。なぜ、高校、大学生など若者に感染が拡大しているのか。

日本では1976年に定期予防接種が導入された。89年春には、はしか、おたふくかぜ、風しんを予防するためのMMR(新三種混合)ワクチンも導入されたが、副作用で死亡したり重度障害を負うケースが相次いだ。接種が中止された93年までの4年間は接種率が落ちた。その後は接種が徹底されつつある。

はしかに詳しい大阪赤十字病院(大阪市)の山本英彦・救急部長は今回の流行が学生や20歳代に目立っている傾向について「当時、接種を控えた世代で流行した可能性はある」と指摘する。

小児科医で作る「はしかゼロ小児科全国協議会」のメンバー、太田文夫医師も「現在の乳幼児はワクチン接種が徹底され、中高年は既にかかって免疫がある人が多い」という。一方、「学生は乳幼児よりも行動範囲が広く、発症初期にも休まないため周囲にうつしやすいのでは」と分析。近年、大きな感染症の流行がなくなり、ウイルスにさらされて免疫を増強する機会が減ったことも原因の一つという。

「大人の方が重い」とよく言われるが、大人が重症になるという研究データはないとされる。だが、太田医師は「大人でも死亡する事例もある。注意が必要」と話す。

はしかは通常、一度かかれば二度とかからない。ただ、一度ワクチンを打っても数%は免疫がつかないとされ、免疫も時間がたつと低下する傾向にある。国立感染症研究所の多屋馨子・第三室長は「免疫の有無は病院で検査できる。なければ急いでワクチンを打ってほしい」と呼び掛ける。
(はしか:若者に感染拡大 予防接種敬遠の世代)


関東南部などで流行中の麻疹の15歳以上の患者が増加し、近年最も流行の規模が大きかった平成13年に迫る勢いであることが国立感染症研究所のまとめで分かっています。10−20歳代が多いのが特徴。感染研は「10代、20代は活動範囲が広く、国内外への拡散が心配」と注意を呼び掛けています。

麻疹・風疹混合ワクチンとは、従来の麻疹・風疹ワクチンを混合し、1回で接種するために使用されるワクチンです。予防接種法改正に伴い、2006年4月から接種が開始された。麻疹(Measles)、風疹(Rubella)の頭文字をとってMRワクチンともいいます。

1988年から、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹混合ワクチン(新三種混合ワクチン、MMRワクチン)の接種が認められた。しかし、ムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎の発症率が「予想外に高く」、重度障害者を発生させ、政府に賠償責任が生じたこともあってか、1993年にはMMRワクチンの接種は中止されました。

ですが、2006年4月以降、新規にワクチンを接種する1歳以上2歳未満の幼児からは、麻疹・風疹混合ワクチンを接種することが可能となりました。

接種スケジュールとしては、以下のようになっています。
1回目:月齢12〜23ヶ月
2回目:小学校入学前の1年間

2回目の麻疹・風疹混合ワクチンの接種を受けることができる者は、1回目の接種を混合ワクチンで受けた者、とも規定されています(1回目を麻疹ワクチン、風疹ワクチン別個に受けているものは、現行法では2回目の接種の対象にならない)。2006年6月2日の予防接種法施行令の再度改正により、1回目を単抗原ワクチンで別個に受けたものも、2期の対象に加わっています。

もちろん、副作用についてはしっかりと認識すべきですが、こうした流行があったことからも、ワクチン接種は必要であると考えられます。心配な方は、病院へ一度相談しに行ってはいかがでしょうか。

【関連記事】
はしか大流行 免疫低下で感染? 3/4以上が10〜20代

はしか流行の恐れ 15歳以上・関東中心に

成蹊大もはしかで休講 27日まで

成蹊大(東京都武蔵野市)は17日、はしかの流行の疑いがあるとして、18日から27日まで、すべての学部・研究科を休講にすると発表した。

同大によると、今月14日以降、学生6人の発症を確認した。さらに1人が疑いで検査中。感染拡大を防ぐため、課外活動とキャンパスへの立ち入りも禁止にした。隣接する小中高校は通常通り授業をするという。
(成蹊大もはしかで休講 27日まで)
関東南部などで流行中の麻疹の15歳以上の患者が増加し、近年最も流行の規模が大きかった平成13年に迫る勢いであることが国立感染症研究所のまとめで分かった、というニュースがありましたが、今度は大学でも問題となってしまったようです。

原因としては、はしかにかかったことがなくワクチンを接種していない人や、免疫が低下した人が増加したためと考えられています。

東京都では高校で集団感染が発生して休校に追い込まれたケースもあり、予防接種などを呼びかけられていました。

はしかは一度かかると免疫ができ、再び発症することはありません。ですが、ワクチンを幼少時に1回接種しただけでは、大人になるまでに免疫が低下し、はしかにかかってしまう例も報告されています。

成人では、重篤な合併症を主訴とする場合も多く、ご心配な方は病院で相談されてはいかがでしょうか。

【関連記事】
はしか流行の恐れ 15歳以上・関東中心に

はしか大流行 免疫低下で感染? 3/4以上が10〜20代
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧