お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

AED

心肺停止状態の恋人を救った看護学生

米国ミシガン州グラスレイクに1組のカップルがいる。シェリー・ジョンソンさん(22歳)とアーロン・コールさん(24歳)の2人だ。シェリーさんはミシガン大学で看護学を学んでいる。

8月18日、二人は内陸のミシガン州から東海岸のメーン州に向けて車を走らせていた。メーン州の手前にあるニューハンプシャー州に差し掛かったとき、道路から美しい滝が見えた。あの滝のところまで行ってみようということになった。

シェリーさんには、アーロンさんが危なっかしく見えた。「お願いだから、水の中を歩かないで、乾いた地面の方を歩いてよ」とシェリーさんが呼びかけても、アーロンさんは聞く耳を持たない。

案の定、アーロンさんは足を滑らせてしまう。40メートル近く下まで滑り落ちたところで、アーロンさんは頭部を岩にぶつけて止まった。

シェリーさんが駆け下りると、アーロンさんは水面にうつ伏せに浮かんでいた。シェリーさんが抱き起こすと、頭部に怪我を負って出血していた。そして、呼吸は停止していた。

すぐさま心肺蘇生措置を開始したシェリーさん。そのお陰で、アーロンさんの呼吸や脈は戻っていた。だが、頭部に外傷を負ってしまっていた。そこで、ビキニを脱いで応急処置をシェリーさんは行った。

それから彼女は、アーロンさんを担いだまま、登りに45分も要した道程を引き返すことにした。体重52キロのシェリーさんはアスリートでもあり、ハードル競技で州チャンピオンの座に輝いた実績を持つ。だが、アーロンさんの体重は73キロある。

必死になってアーロンさんを運びながら、シェリーさんは彼が眠りに落ちないように、彼を揺り起こし、話しかけ続けた。「頭部に怪我を負っていたので、昏睡状態に落ちるのを防ぐことが重要だとわかっていたからです」とシェリーさんは言う。

滝の下までたどり着くと、そこに女性が2人いた。なんと、その2人は救急救命ナースとICUナースだった。第3の幸運がシェリーさんとアーロンさんを待ち受けていたのである。

2人のナースに付き添われながら、最寄りの病院までアーロンさんを運んだ。あいにく、その病院には、頭部に重傷を負った患者を処置するための設備がなかった。そこで、アーロンさんはニューハンプシャー州 レバノン市の大病院にヘリで運ばれた。

アーロンさんは2日間入院したが、検査の結果、彼の脳は回復不能な損傷を免れていることが判明し、無事退院を果たした。
(22歳の女子ハードラーが滝から落ちた恋人を蘇生し、ビキニを脱いで止血し、下界まで担いで降りる)

心肺停止とは


心肺機能停止(cardiopulmonary arrest;CPA)とは、自律的な循環(心臓)と呼吸(肺)の機能が中断した状態を指します。心停止は心臓のポンプ機能の完全な停止を、呼吸(肺)停止は肺における外呼吸の途絶を意味し、ただちに心肺蘇生法の適応となります。

たとえ体外循環装置、人工呼吸器などの機械によってこの機能が代行されている場合でも、自律的な機能が失われていればこう呼びます。

死が不可逆的で蘇生の可能性はないと判断された状態であるのに対し、心肺機能停止は、まだ本人の自律的な心肺機能を蘇らせる可能性のある場合に対して用いられることが多いです。

病院外心肺停止の救命のためには、救急通報、心肺蘇生法、除細動、二次救命処置が迅速に連携する必要があります。これを、救命の連鎖(chain of survival)といいます。

心肺蘇生法のみでは、約15分以上継続しても、特別な場合(小児、低体温など)を除き、生存は望めないため、早急に二次救命処置の可能な病院に搬送する必要があります。

心肺停止例でも心静止、PEA(pulseless electrical activity、脈なし電気活動)の場合は、残念ながら蘇生率はいまだにかなり低いですが、心室細動や脈なし心室頻拍の場合は、早期CPR()および早期除細動が行われれば、約74%もの蘇生率が見込まれるため、CPR(心肺蘇生術cardio pulmonary resuscitation)とAED(automated external defibrillator、自動体外式除細動器)による早期除細動が望まれます。

これらは、きちんと講習を受ければ医療関係者以外の人でもAEDの使用は可能であり、航空機や公衆の集まる施設などで整備が進められています。

心肺蘇生術とは


心肺蘇生術とは以下のような説明ができると思われます。続きを読む

AEDの使い方:工事現場にAED導入 作業員の突然死防止

心臓が不規則に痙攣する「心室細動」が起きた際、電気ショックで心臓を正常に戻す自動体外式除細動器(AED)の導入が、ゼネコンの工事現場で始まった。作業員は全般に高齢化が進んでいるため心臓突然死のリスクが高く、年間数十人が亡くなっているとされる。各社はこのような状況に手を打つとともに、周辺住民や通行人の発症に活用し、地域貢献を果たしたい考えだ。

6月下旬から首都圏、近畿、中部の全現場約200カ所にAEDの導入を始めたのは長谷工コーポレーションだ。各現場に1台ずつ配備し、作業事務所やゲート付近のガードマン詰め所に置く。現場の責任者や従業員らは、AEDを使いこなせるよう講習を受けなければならない。

同社の現場では作業員が年間1人か2人、心臓の異常で亡くなっているという。作業員が高齢化する中、そのリスクは高まるとみられ、導入を決断した。

同時に同社が重視しているのは地域貢献。「仮囲いに掲げた工事看板には、AEDがあるむね記したシールを張る」といい、住民や通行人に周知して、いざというとき利用してもらえるよう考えているという。

ほかにも、大林組の現場では6月に導入を開始。協力会社からなる「災害防止協会」主導のもと、関東の現場計8カ所にAEDを設置、作業員らに講習を行った。

心室細動は発症から1分たつごとに救命率が10%下がるとされ、救急車を待つ間に命を落とすケースもある。AEDは平成16年、一般使用が解禁され、駅や学校、企業などで導入が進んでいる。
(工事現場にAED導入 作業員の突然死防止/通行人の発症にも活用)


自動体外式除細動器(AED:Automated External Defibrillator)とは、心臓の心室細動の際に電気ショックを与え(電気的除細動)、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器です。

自動体外式除細動器(AED)は、操作を自動化して医学的判断ができない一般の人でも使えるように設計されています。操作はいたって簡単で、AEDの発する指示音声に従ってボタンを押すなど2〜3の操作のみです。

使い方は、電源を入れ、電極パッドを胸に貼り付けると心電図を解析して電気ショックを与えるべきかを調べます。電気ショックが必要と解析した場合には、機械の指示に従ってスイッチを押すと電気ショックを与えます。

AEDが、その機能を発揮するのは心室細動を起こしている心臓に対してです。"正常な拍動をしている""心臓・完全に停止している""心房細動を起こしている"心臓に対しては、AEDの診断機能が「除細動の必要なし」の診断を下し通電は行われません。

音声のガイダンスは、以下の4ステップで指示されます。
1.電源を入れる

2.電極パッドを傷病者の胸部に貼る(ケーブルを本体に接続する)

3.AEDが自動的に傷病者の心電図を解析する

4.AEDから除細動の指示が出たら、除細動ボタンを押す

こうした流れで、除細動を行います。ですが、いくつか注意点がありまして、
ヾ擬圓料斡刺瑤汗や水で濡れている場合は拭う。
胸毛の薄い部位を見極める。(濃い人の場合は、中にカミソリが入ってます。電極パッド貼付部分だけで良いので剃ります)
6盒颪漏阿后(腕時計、ネックレスなど)
づ修衞堯兵症曄膏薬等)などは拭く。
タ澗.據璽好瓠璽ーを入れている人は、電極パッド貼付は3cm程度離れたところがよい。
心電図解析中は誤診を防ぐ為に、また救助者等が感電しないよう通電時にも、患者に触れない様に注意する。
О綮嫖の指示があるまで電極は外さないこと。(一度貼った電極をはがさない、位置を変えない。電極貼付位置を変えてしまう事により、僅かながらでも心電図の波形その他データが変わる可能性がある)

こうした注意点はありますが、使用法は非常に単純です。
これからの行楽シーズンでは、倒れてしまう人が出てしまうことがあります。そうした場合、慌ててしまったり、無視してしまうのではなく、「倒れた人の周囲の安全を確保する」「呼びかけて意識の有無を確認する」「(プールや海水浴場などでは)スタッフを呼ぶ」「119番に連絡する」など、何かできるはずです。ぜひとも、力になってあげてください。

【関連記事】
東京マラソンの陰役者「AED」

サッカーボールが胸に当たって、亡くなった中3男子

東京マラソンの陰役者「AED」

18日に開催された東京マラソンで、市民ランナー2人がレース中に倒れ病院に救急搬送された。いずれも一時は心肺停止状態だったが一命を取り留めたという。この2人を含め、けがをするなどしたランナーや大会関係者ら男女計16人が病院に搬送された。

東京消防庁によると、栃木県内から参加した男性ランナー(59)は18日午後0時30分ごろ、江東区豊洲の38Km地点付近で前のめりに倒れた。心肺停止で意識がなかったが、近くの救護所で救助。搬送先の病院で意識を回復した。

同区有明のゴール約1Km手前では午後3時前、別の男性ランナー(58)が倒れた。近くにいたランナーにAED(体外式自動除細動器)で蘇生措置を受け意識を回復した。



AED(体外式自動除細動器)での蘇生措置によって、2名が助かった、とのこと。

ですが、Yahoo!クリックサーチによれば、7割が使用方法を知らなかったのこと。これからも、啓蒙や普及活動をしていってほしいものです。

私も実習で救急部に行って、初めて使用方法を習いましたが、非常に簡単です。
AEDのボックスを開ければ、音声ガイダンスが流れるので、それに沿ってセッティングするだけ。分かりやすいので、緊急の時まで、頭の片隅に「そんなに敷居の高いものじゃない」と覚えていただければ、幸いです。

AEDについての説明は、wiki「自動体外式除細動器

詳しい使用方法は、「日本赤十字社」をご参考下さい。
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧