お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

AGA

ナイナイ・岡村、男性型脱毛症の治療薬を内服していた

2013年12月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人の出川哲朗がゲスト出演していた。そこで、出川哲朗に暴露される形で、お笑いコンビ・ナインティナイン・岡村隆史が、男性型脱毛症(AGA)の治療薬を内服中であると告白していた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.5
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.5 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 202)

岡村隆史:非常に良いにくい話なんですけども…。この2013年、出川さんが仰ってたように、薄毛を気になり始めていました。

矢部浩之:それは言うてたやん。

岡村隆史:はい…。「ハゲるなら、ハゲ上がれ!」と言ってきましたが、ハゲたくありません!

矢部浩之:ふふ(笑)どうしたの?

岡村隆史:その一心で、病院に駆け込んでしまいました!

岡村隆史:前髪を上げた写真と、脳天の写真を撮られてやなぁ。

岡村隆史:「これから診断しますんで」って言われとんねん、こっちは(笑)

矢部浩之:先生に色々言われたこと教えてよ。説明、受けるんでしょ?(笑)

岡村隆史:「これは考え方です」と。「岡村さんの今のままでも、僕はハゲではないと思います」と。

矢部浩之:なるほど(笑)

岡村隆史:「歳相応の髪型だと思います」と。

岡村隆史:「もっと若くしてハゲる人はいますけど…岡村さんが考えられる43歳の髪型は、どこにありますか?」って訊かれて。

矢部浩之:なるほど。

岡村隆史:「僕が思ってる43歳よりかは、少なめではないか、と思います」って。「ならば、しょうがないですね。地道にやっていきましょう」って。シャンプーやら、頭に塗る育毛剤を支給されて。普通にしてたら、人間、年を重ねると抜けてきます、と。

岡村隆史:抜け始めた人の資料があって。「治療し始めた方の写真です」っていうて、「1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月…」って経過で、結構、フサフサってなってたから、「先生…僕もこうなりたいです」っていうふうに、お答えしたんです。
(ナイナイ・岡村「薄毛治療薬を内服中」と告白)

男性型脱毛症とは


脱毛症とは、毛髪が異常に脱落する状態だけでなく、毛は抜けないが毛の質や太さ、色調などが変化し、毛がまばらに見える状態も含まれます。分類としては、先天性か後天性か、誰にでも起こるものか病的なものか、他病の一症状かどうかなどによって分けられます。代表的なものには、円形脱毛症や男性型(壮年性)脱毛症があります。

特に、男性型脱毛症で悩まれている方は多いようで、成人男性(5013万人)のうち推定薄毛人口は1342万人で、薄毛率は26.78%であり、1982年の第1回調査に比べ722万人増、薄毛率は1.72倍になっているそうです。

中でも、男性型脱毛症(androgenic alopecia;AGA)とは、いわゆる男性ホルモンが関与する脱毛症です。思春期過ぎより、遺伝的基盤をもつ男性の頭頂部から前頭部の毛が薄くなってくる状態を指します。

男性ホルモン作用により、太く長い終毛が細く短い軟毛に変化し禿げたようにみえる状態(硬毛の軟毛化)であり、初期には毛の数は変わらないが後に減少します。

原因としては、毛周期において成長期が短縮し、休止期毛の割合が増加してくることが考えられます。毛周期とは、毛髪の生え変わる様子を説明したもので、毛器官の周期的な組織変化(生えてから抜け落ち、また生えるまでなど)を指します。

具体的には、「成長期(2〜6年)→退行期(2週間)→休止期(3〜4カ月)→成長期…」となっています。毛髪を産生する時期を成長期といい、一定期間続くと毛母を含む毛球は萎縮して退行期に移行します。退行期の毛根部は、アポトーシスにより次第に退縮して休止期毛器官となります。

平均的な頭髪の本数を10万本とすると、1日50〜80本程度の抜け毛は生理的脱毛の範囲ということになります。ですが、男性型脱毛症(AGA)になってしまうと、成長期が始まったかと思うと、すぐに退行期に突入。毛髪が太く長く成長せずに、細く短いうぶ毛のような状態(軟毛)のまま抜けてしまいます。続きを読む

日本の薄毛率はアジアでトップに

かつらメーカー・アデランスの調査により、日本の薄毛率が26.5%、推定薄毛人口が1293万人で、調査を行なったアジア諸国の中でトップであることがわかった。

この調査はアデランスが「世界にはどれほど薄毛の人がいるのだろうか。そんな素朴な疑問にもお答えすべく」行なっているもので、調査手法は「通行人の頭部が肉眼でも良く観察でき、一般的な脱毛の部位である額、頭頂部が確認できる調査地点」から、「成人男性と見受けられる通行人数と、通行人のうち薄毛基準以上と判断し得る成人男性をカウント」するというもの。ちなみに薄毛か否かの判断は、「髪の悩みに長年対応してきた弊社の薄毛基準に基づく」としている。

調査を行なった21カ国の中で日本は14位。1位はチェコで、薄毛率は42.79%。以下高薄毛率順にスペイン、ドイツ、フランス、アメリカ、イタリアと欧米諸国が続く。調査対象となったアジアの国・地域は香港(15位)、シンガポール(16位)、タイ(17位)、マレーシア(18位)、台湾(19位)、韓国(20位)、中国(21位)と、いずれも日本より低薄毛率を保っている。
(日本の薄毛率はアジアでトップに)


成人男性によくみられる髪が薄くなる状態を、AGAといいます。爆笑問題がCMでもやっていたので、ご存じのかたも多いのではないでしょうか。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロンであり、テストステロンが5αリダクターゼによって変換されたもの)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

こうしたホルモン代謝に関係する機序が、日本人では特殊なのでしょうか。ですが、調査手法が"通行人の頭部が肉眼でも良く観察でき、一般的な脱毛の部位である額、頭頂部が確認できる調査地点から、成人男性と見受けられる通行人数と、通行人のうち薄毛基準以上と判断し得る成人男性をカウント"というものなので、確率やカウントの正確さはどうなのか、といった問題もあるのかもしれません。そもそも、基準もどこか曖昧です。

ですが、「高薄毛率順にスペイン、ドイツ、フランス、アメリカ、イタリアと欧米諸国」が並んでいることは、やはり脂質を多く摂っていることテストステロンとの関連があるように思います。

結果から、食生活や睡眠不足などを見直す、ということは必要なのかも知れませんね。

【関連記事】
「薄毛と闘うSNS」が誕生

男性の薄毛(AGA)治療のお値段について

「薄毛と闘うSNS」が誕生

「薄毛と闘うSNS」。こう銘打ったSNSが2007年4月中旬に誕生した。「かみの王国 ハゲル〜ナ!」だ。

特許翻訳やインターネットのHP翻訳などをてがける創和エイジェンシー(茨城)が4月18日からサービスを始めた。これまでに50〜60人が登録、20〜30社から広告関係の問い合わせが来ているという。「(大手SNSでは)薄毛について恥ずかしくて本気で語り合えない」などの不満の声があることから始めた。

「ハゲルーナ」のトップページには、「毛髪ニュース」「おすすめ毛髪サイト」などのコーナーのほか、育毛関係の広告も右欄に3つ並ぶ。大手の「大正製薬」の広告もある。髪が3本生えたギョロ目の「ハゲルーナ大王」のキャラクター図もある。毛髪ニュースの見出しを見ると「アデランス、9月に毛髪関連事業部門を(略)に移行(日経プレスリリース)」「ハル・ベリーが坊主頭に挑む(MTVジャパン)」などとある。

プロフィールで「頭頂部まで薄くなってきた」と「告白」している人の日記を見ると、「髪の毛がさびしくなったのが10代後半です/なので年齢の割り(ママ)に色々試してます」。「某社の」育毛、増毛、かつら、サプリメントを「実体験した」と書き、「そして明日/人口毛植毛にチャレンジです。今から楽しみです」と続けている。
(「薄毛と闘うSNS」が誕生)


爆笑問題が、AGA対策のCMに出たりと、薄毛に関する啓蒙活動が進んでいるようですが、まだ「恥ずかしい…でも、仲間が欲しい」という人が多いために、こうしたSNSが登場したのではないでしょうか。

そもそも、AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことを指します。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロンであり、テストステロンが5αリダクターゼによって変換されたもの)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

現在では、フィナステリドなどの治療薬もあります。
心配されているかたは、一度、病院に行かれてはいかがでしょうか。

【関連記事】
タミフルの副作用、実態把握呼びかけ 「被害者の会」が集会

ジョニー・デップの娘 病原性大腸菌による腎機能低下で入院
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧