お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

COPD

映像作家・姫田忠義さん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)で亡くなる

地域の消えゆく文化や人々の暮らしを映像で記録し、海外からも高い評価を受けたドキュメンタリー作家の姫田忠義さんが、先月29日、慢性閉そく性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなりました。84歳でした。忘れられた日本の文化―撮りつづけて30年 (岩波ブックレット)

姫田忠義さんは神戸市出身で、昭和29年に上京した後、民俗学者の宮本常一氏に師事しました。テレビ番組の脚本や構成、演出を手がけながら、九州の対馬への旅行をきっかけに民俗文化を記録する映画の製作を思い立ちました。

そして昭和36年から対馬の漁村の暮らしや、日向地方の山に伝わる狩猟生活などを記録したほか、昭和46年以降、アイヌの伝統的な結婚式や家造り、農耕の様子を記録したドキュメンタリー映画をたびたび公開し、話題となりました。さらに姫田さんは、昭和51年に民俗文化映像研究所を設立し、所長としてドキュメンタリーの可能性の模索を続けました。

また、フランスの地方文化の研究にも携わり、こうした功績が認められ、平成元年にはフランスの芸術文化勲章を受けました。姫田さんはことし3月に体調を崩し、横浜市内の病院に入院していましたが、先月29日に亡くなりました。
(映像作家の姫田忠義さん死去)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは


慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは、「肺気腫と慢性気管支炎が様々に組み合わさって生じる、非可逆性の閉塞性換気障害を特徴とする病態」を総称しています。

COPDの最大の危険因子は、喫煙です(80〜90%がこの理由による)。喫煙開始年齢、総喫煙量、現在の喫煙状況からCOPDによる死亡率を予測することができるといわれています。

ただ、喫煙に匹敵する肺気腫の危険因子として、α1-アンチトリプシン(α1-AT)欠損症がありますが、頻度は欧米でも1%以下であり、やはり喫煙によるリスクを除いて考えることはできません。

COPDの最大の危険因子は、喫煙です(80〜90%がこの理由による)。喫煙開始年齢、総喫煙量、現在の喫煙状況からCOPDによる死亡率を予測することができるといわれています。

喫煙に匹敵する肺気腫の危険因子として、α1-アンチトリプシン(α1-AT)欠損症がありますが、頻度は欧米でも1%以下であり、やはり喫煙によるリスクを除いて考えることはできません。

診断基準は、以下のようなものです。
1. 気管支拡張薬投与後のスパイロメトリーで FEV1/FVC<70%を満たすこと
2. 他の気流制限を来しうる疾患を除外すること


比較的高齢で喫煙歴があり、慢性的な咳・痰,進行性の息切れを伴う場合には、COPDを疑って肺機能検査を行うことが大切となります。

上記の診断基準にあるように、診断にスパイロメトリーは必須であり(定義の中に気流閉塞を特徴とする疾患とあることからも分かるとおり)、気管支拡張薬投与後の検査でFEV1/FVC<70%であれば、気流制限が存在すると判定されます。

スパイロメトリーとは、肺から出入りする空気の量を測定する検査です。 息をもらさないようクリップで鼻をつまみ、マウスピースを口にくわえ、検査を行います。肺活量や1秒率(最初の1秒間に何%の息をはき出すことができるか測定するもの)が測定できます。FEV1/FVCは1秒率示しており、COPDではこの値が低下します。

確定診断には、画像診断や呼吸機能精密検査により種々の疾患を除外することが必要となります。多く問題となるのは気管支喘息です。

COPDの定義では、"完全には可逆性ではない"とあります。
喘息などとは、この点で異なります(喘息では、発作後も元に戻ります)。そして、気流制限があることが特徴的です。気流制限とは、息が吐きづらくなる状態です。COPDとは、「元に戻らない(可逆性ではない)息切れが、徐々に進行する疾患」ということができると思われます。

検査としては、胸部X線所見や胸部CT検査などが重要となります。肺気腫では、肺過膨張所見(横隔膜低位、平低化)と肺野の透過性亢進の増加が認められます。肺野の透過性亢進は、気腫化による肺胞破壊・消失、肺血管影の減少と肺過膨張による含気の多さを反映しています。慢性気管支炎の場合、50%以上は正常と診断され、除外診断が重要となります。胸部X線検査により他疾患を除外し、肺機能検査により機能的に診断することが重要となります。

胸部CT所見、とくに高分解能CT(high resolution-CT; HR-CT)が、X線検査より感度も特異度もはるかに優れているといわれています。低吸収領域(low attenuation area;LAA)が病理学的な肺気腫を反映するとされ、これにより肺気腫と診断されているものが増えているようです。

重症度は予測値に対する1秒量の割合(%1秒量=1秒量÷予測肺活量×100)で決定されます。80%以上がステージ1(軽症)、50%以上80%未満をステージ2(中等症)、30%以上50%未満をステージ3(重症)、30%未満をステージ4(最重症)と定義します。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

健診でCOPDと診断、治療で「仁-JIN-」降板?−藤田まことさん

TBSは15日、連続ドラマ「JIN―仁―」(毎週日曜午後9時)に出演予定だった俳優の藤田まことさん(76)が慢性閉塞性肺疾患で降板すると発表した。

藤田さんは新門辰五郎役で物語後半に登場する予定だったが、撮影前の健診で病気がわかり、治療に専念することにした。代役は中村敦夫さん(69)が務める。
([藤田まことさん]TBSの連続ドラマを降板 肺疾患で)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)


慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)とは、「肺気腫と慢性気管支炎が様々に組み合わさって生じる、非可逆性の閉塞性換気障害を特徴とする病態」を総称しています。

この概念が提唱された背景としては、1950年代に人口増加と高年齢化、大気汚染や喫煙の増加などにより、労作時息切れや喀痰の増加を特徴とする患者さんが増加したことがあります。

こうした疾患をイギリスでは「慢性気管支炎」と呼び、アメリカでは「肺気腫」と呼んでいたようです。また、気管支喘息の合併や鑑別が難しく、それぞれの用語の定義などの見直しが必要になりました。

結果、これらの疾患概念を包括する用語として、COPDが用いられるようになってきました。つまり、歴史的には慢性気管支炎と肺気腫のうち、気流制限(簡単に言えば、息が吐きづらくなる状態)を呈する症例に対する用語として生まれました。

後に、2001年4月に発表された国際ガイドラインGOLD(Global initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)では、「完全に可逆的ではない気流閉塞を特徴とする疾患である。この気流閉塞は通常進行性で、有害な粒子またはガスに対する異常な炎症反応と関連している」と定義され、肺気腫、慢性気管支炎といった疾患名は見当たらなくなり、COPDとして再定義されました。

こうした変遷を辿る中で、「気流閉塞を呈する慢性非特異性肺疾患」といった意味合いになり、疾患名というよりはむしろ(個々の疾患概念に分類したりせずに)、『症候群』としての扱いとなったように思われます。

COPDの最大の危険因子は、喫煙です(80〜90%がこの理由による)。喫煙開始年齢、総喫煙量、現在の喫煙状況からCOPDによる死亡率を予測することができるといわれています。

喫煙に匹敵する肺気腫の危険因子として、α1-アンチトリプシン(α1-AT)欠損症がありますが、頻度は欧米でも1%以下であり、やはり喫煙によるリスクを除いて考えることはできません。

重症度は予測値に対する1秒量の割合(%1秒量=1秒量÷予測肺活量×100)で決定されます。80%以上がステージ1(軽症)、50%以上80%未満をステージ2(中等症)、30%以上50%未満をステージ3(重症)、30%未満をステージ4(最重症)と定義します。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断は、病歴、画像検査、肺機能検査が重要となります。さらに、気管支喘息、じん肺、肺結核など他の肺疾患を除外することが必要となります。

まず、病歴としては比較的高齢で喫煙歴があり、慢性的な咳・痰、進行性の息切れを伴う場合には、COPDを疑います。なおかつ、肺機能検査を行い、気管支拡張薬投与後のスパイロメトリーの1秒率が70%未満であることが診断の必要条件となりますが、喘息・びまん性汎細気管支炎・心不全など他疾患を除外することも必要です。

さらに、胸部X線・胸部CT・肺拡散能検査などが鑑別診断に有用です。胸部X線写真にて、肺気腫では、肺の過膨張所見(横隔膜平低下、滴状心、胸骨後腔・心後腔の拡大と透過性亢進)と肺紋理の減少を特徴とします。慢性気管支炎では、気管支系陰影の増強と周辺肺紋理の増強が目立ちます。

肺CT検査では、特に高分解能CTが肺気腫の診断に有用です。気腫病変を反映するLAA(low attenuation area:周囲の正常肺組織との明らかな境界を伴わない低吸収領域)の大きさや広がりから肺気腫の程度を判定します。

進行症例ではブラの多発、肺野血管影の分枝欠如・偏位・狭細化などの所見も加わります。気道病変は時に気道壁の肥厚として捉えることができます。

呼吸機能検査では、スパイログラムで閉塞性障害(1秒率が70%以下)がみられます。フローボリューム曲線は下向きに凸となり、残気量・残気率は上昇します。肺拡散能力(DLco)は、気腫病変があると低下するため、主病変が肺気腫であるか気道病変であるかの鑑別に役立ちます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧